たられば不要論。「たられば」をやめないとその願望は叶わない

これは世の中のほとんどがそうだと思いますが、ああしたいこうしたいとは言うけど本当にそれをやる人って本当に少ない。

常に「たられば」を先か後につけていると思います。

・もしもっとお金があったら…
・会社を辞めることができたら…
・貯金があれば…

などなど。

基本的にこの「たられば」をつけた時点で、その望みは叶わないんだな。と思ってしまいます。なぜなら「たられば」はあくまでたらればなので、その状態はこないことが多いからです。

たらればな時期っていつくるの?

たられば…は自分たちに本当に都合のいい言葉です。その状態はいったいいつくるの?と思います。貯金ができたら…といいますが、貯金ができる人っていうのはすでに貯金されてると思います。貯金ができないし今までできてこなかったから「貯金ができれば…」という言葉が出てくるわけです。本当に貯金できる人はどんなに収入が少なくてもうまくやりくりして貯金しますよね。

でもそもそも貯金ができない人なわけなので、その貯金ができる時っていつまでもこないと思います。おそらくその言葉をことあるごとに言っているのではないでしょうか?1年前にも言っていると思います。

たらればっていうのは本当に都合のいい言葉で、今の自分を甘やかす言葉ですよね。

今の状態でそれってできないの?

例えば「貯金が貯まったら」会社をやめたいっていう人がいたとします。けど、それって貯金ができないとできないことなのでしょうか?「会社を辞めることができたら」あれこれしたい。とはいいますが、会社を辞めることはすぐにでもできることなんじゃないでしょうか?

もちろん奥さんが妊娠してたりして、すぐに身動きが取れないことなどもあると思います。入院していたりなど。やむを得ないこともあると思います。

ただ、ほぼたいていのたらればトークは今すぐできることだなーと聞いていて思います。

たらればな条件がそろうのを待つより、やっちゃった方が早い

ぼくはすべての条件がそろうのを待つより、とりあえずやっちゃって、やりながらその条件を揃える方が早いと思います。たとえば移住したいな〜と思っているなら、あれこれ考える前にまず移住してみる。

・仕事はどうしようか
・食っていけるか

とか考える前に移住しちゃう。人間って不思議なもんで、先に動いちゃえばどうにかしようとするんですよね。仕事やめて移住したとしても、移住しちゃったらもうどうにかするしかないので、どうにかしようとします。会社やめて収入あげて生活したいと思っているなら、まずは会社をやめてみる。そうしたら収入がなくなるわけですから、どうにかせんと!って思ってどうにかするもんです。

スポンサーリンク


たられば状態も果報も寝て待っていてもこない。

自分に都合のいい状態ってのは、寝て待っててもこないと感じています。あーしたいなーっとぼけーっとしてても向こうからやってくることはないです。こっちからがしがし掴みにいかないと一向に距離は近くなりません。

でもみんなが果報を寝て待っているので、つかみにいけばだいたい他の人よりも先行できちゃうんですよね。

たらればとすべての甘えを捨てて、まず動いてみること

脳内であれこれ考えても、それはきっと脳内でしか役に立たないイメージです。まずは条件がそろうまえに動くこと。たらればってのは自分を甘やかす都合のいい言葉だと思います。

本気でそれをやってみたいと思うのであれば、たらればなくてもやると思います。やれる方法を探すと思います。うまくいかなくてもそれも成果として自分の糧になると思えば、そんなに怖くはないです。死ぬわけじゃないし。人間、いろいろどうにかするもんですよ。

もし「たられば」が多いと思う人は、今日からそれをつけることをやめてみてはどうでしょう?もしそれでああしたい!って言い切れない場合は、それは別に本当に望んでることではないんだと思います。

>>現状を変えたいなら、まずはブログで発信してみるといいよ。

合わせて読みたい関連記事