貨幣経済が崩壊しても生きていける方法。ホームレスって最強だよね

いつしか貨幣経済が崩壊するんじゃないかな〜なんて勝手な妄想をしてるんですよ。今は円もドルも不安定ぽいですし。どんな貨幣も価値が落ち切ったらデフォルトして新通貨へ変わって…みたいな。

お金持ちもその場その時価値の高い通貨を資産として残してヘッジしてるけど、いつしか世界的に貨幣経済の限界を迎える時ってくるはずなんです。そのために仮想通貨がいいって言われているけどこれはこれでまだなんともいえないよね。Suicaなどの電子マネーがここまで広がったから、まあ定番になりそうだけどどうなるかまだ読めない。

で、どっちにしろ貨幣なわけだし、貨幣経済が破綻するかもしれないじゃん?じゃあどうしたら人間はそんなもんに頼らず生きていけるのか?ってのをなんとなく考えちゃうんです。

貨幣経済が崩壊したら自給自足のできるホームレス最強

なんやかんや自給自足サバイバル生活できる人って最強ですよね。

資本主義の上に立てるってのもすごいけど、釣りに狩りに自分で家を建てられるような人つまり全てDIYできる人ははやり最強。結局電気もガスも水道も食料も他人に頼るから対価が必要なわけで、自分自身でそれを作れたら対価いらないわけですからね。ある意味で原始的な生き方ができればお金があろうとなかろうと関係ないんですよ。

スポンサーリンク


貨幣経済からはみ出てるホームレス最強説

そういう意味でぼくはホームレスとして生きている人ってけっこうすごいなって思うんですよ。だって自分で家作っちゃうじゃないですか。いろんな工夫して。

で、なんだかんだ生きてるわけで。もしホームレスが狩りや農作ができたら、たぶん普通の人の何倍も自由に生きていけるんじゃないか?と思ってしまいます。きっと貨幣経済が破綻して普通の人がパニクってても「金に価値がなくなった?それが?」と、ケロッとしてるんでしょうねえ。

ぼくらは金があって当たり前の世の中だと思って生きてるわけだけど、彼らは金がなくて当たり前の中で生きてるわけで、そもそもの土台が違うんですよね。ホームレスのすごいところって、その問題解決能力とコミュ力ですよね。なんでかホームレスのコミュニティってけっこう結束力高いじゃないですか。中国には月60万のお恵みを受けてるプロ乞食がいるそうですし。金持ちじゃないか。

ホームレスには失うものが一般人より少ない

貨幣経済においてホームレスは失うものが一切ないので、なんでもできますよね。頭下げて生きていけるなら下げつづけるでしょうし、恥ずかしいなんて感じないでしょう。彼らにもし原始人のような狩人スキルなどがあったら…と考えると強すぎる!

都市ではコミュ力で生きて、野山では狩人スキルで生きていける。究極のDIYスキルを身につけたホームレスは現代版最強の生き方かも。

貨幣経済崩壊でのホームレス最強説をもう少し現実的にすると…

車で生活するのってけっこうありだと思います。維持費考えても家賃より安いはずで、スーパーの売れ残りの食材を恵んでもらったり、釣りしたり、狩りしたり。もしくは人から食料をもらったり。服はいらない服をいただく。んで、リメイク。そうすれば衣食住の8割は解決。

あとは車の燃料。これは電気自動車だったら頑張れば自家発電でどうにかなるのかな?だとすれば電気代はどうにかなる。水は公園の水とかいただけば実質無料。自分で濾過できれば海や川の水でもありだね。火はまあ起こし方しってれば起こせる。笑

そうなると今まで支払いしてた金のほとんどがいらなくなるので、本当に最低限の医療費などあればどうにか生きていけるわけです。すごいな。ごはんなんかは誰かの手伝いをして労力の対価としていただいたりできれば困らないでしょうねえ。ホームレス小谷さんとか坂爪圭吾さんなんてそれに近いんじゃないかな。

そう考えると、できないこともない生き方だよね。お金に頼らない生き方。

貨幣経済の上で自給自足のホームレス生活できたらさらに最強

そんな生き方ができたら楽しそう。まあぼくはお金はないよりある方がいいと思ってるので、ある上でこういう生活できたらすごいいいよなあ。まずは農作から始めようかな。

参考記事:人生はお金じゃない?そう言ってる奴が1番お金にがめつかったりしない? – ヒキコモリズム

あとはせっかく山奥生活してるので狩りの免許取るか。狩りの教習所的なのないのかな。調べてみよう。草津温泉にはイノシシやクマがわんさかいます。捕まえたら食べていいのかな…。

お金に縛られない生き方をするには2種類しかない

①圧倒的に稼ぐか?
②ほぼ全てDIYするか?

のどっちかですからね。どっちもできたら資本主義だろうが原始時代だろうが生きていけるわけです。

合わせて読みたい関連記事