「ブログ飯」は全ブロガーに読んでほしい必読バイブルだ!

スポンサーリンク

最近、ブログを書き始めたことでブロガーさんとのつながりがなんかできてきました。その中でいろいろ話題に上がる本があったのでKindleでポチッと買ったんですよね。

染谷昌利著「ブログ飯」はブロガー必読バイブル!

スポンサーリンク


染谷昌利のブログ飯を読むとブログのすごさがわかる

この本を読んだら「おおーブログってすげーな!全人類がやったらいいんじゃね?」と思わざるを得ない。そんな気分になってしまいました。なんとなくブログやろう!って思って始めたけど、こんなに可能性のあるものだったのね…。

ブログで飯を食う「ブログ飯」という可能性

この著者の染谷昌利さんは、ブログで飯を食ってるプロブロガーさんです。いろんなブログを作って、そこからお金を得てるんですって!おーすごい。

本を読むとわかるんですが、まあ普通の平々凡々なサラリーマンだったのに突如やめて、1年でブログ飯ライフを手に入れた、と。おー1年か。たった1年でそうなったっていいね。今は家族とのんびりまったり生活してるのだそうな。

これって、すごいことですよね〜。こんな人生多くの人ができたらそりゃ日本って国は素敵になるでしょうね。みんなギスギス疲れた顔しなくなりそう。引きこもりにも良さそう。ニートだろうとひっきーだろうとブログは書けますからね。

「ブログ飯」=ブログを仕事にするってこと

ブログは無料で始められますよね。このブログもそもそも無料で始めてます。こだわりたいのでぼくは有料プランですが、基本無料です。はてなぶろぐを使えば特にメンテナンスもいりません。楽です。なんか友人?もできて楽しいです。

なんでみんなやんないの?と割と本気で思う代物です。で、無料で始められて、お金を作ろうと思ったら作れるなんてけっこういいですよね。元手なしっていい。ぼくのまわりでもお金ほしい〜稼ぎたい〜金がない〜ってヒトは多いんですけど、そんなヒトに限ってなにもやろうとしないんですよね。めんどくさい〜。のヒトコトです。

そんなコト言ったら普段の仕事だってめんどくせーべ。なんでもかんでもめんどくさかったらなんもできないぜよ。でもブログってただ記事書くだけだよね。とりあえず。1ヶ月やってみると意外と慣れるんだよね。笑

1年でブログ飯できたらすごくね?

たった1年。365日。これくらい継続したらブログで飯が食えるんんだったらとてもやる価値あるよね。たった1年。サラリーマンだったら、ながーい会社員生活のうちたった1年頑張ったら、その先ブログだけで飯食えるなんて。

ブログをやらない方がおかしいんじゃないか?

もちろん記事書くのだって慣れるまでは大変だけど、多少の努力はなんでも必要ですし。失敗はつきもの。でも自分で実業をやったら、もっと大変なんですよね。それができるかどうかなんでしょうね〜。自分のライフスタイルを確立できるかどうかって。

この本の中でもこんな記述があります。記憶を元に書いてるので原文じゃないです。

これだけ有益な話を聞いても、やるのはほんの一握り。たとえ今100人が始めても、1年後にはほとんど消えていて、もう1年したら自分しか残らない。だから続けてればなし崩しに先行できる。

かといって楽ではない。最初はなかなか結果は出ないし、稼げない。けどしっかり取り組んでいけば二次曲線的に結果は伴ってくる。みんなその前に折れていなくなる。

みたいな。これってどんなことにも言えますよね。ブログでも他のなにかでもスポーツでも。だいたいのヒトが「楽してなんかやり遂げられたらいいなー」って思ってて。うまくいかないとそれは才能っていう都合のいい言葉で片付けて。何事もうまくいかないと自分は才能がないだけって言葉で解決して、うまくいったヒトは才能があるんだよあいつはって決めつける。

圧倒的才能って確かにあるけど、だいたいの人は才能がないって思い込んでるだけの可能性が高いな、と。

ブログはやれば誰でもできるツール

そう、誰でもできるんだよね。飽き性の僕ですらブログ継続できてるんだもん。本気でお金にしようとおもったら、できるとぼくは本気で思う。1年もいらないかな。だってできるんだもん。そう感じる。そのフィーリングが大事なんじゃないかな。

逆に、ただの社会不適合者で社会的成功も収めてないぼくにできることなんだから、他の人もできるはずなんだよね。引きこもりだってニートだって、できるよ。他のだれにもかけないブログが書ける。そこに人が集まれば、きっとなにか生まれるんだろうね。

さあ「ブログ飯」を読んでブログを始めよう!

ブログ飯読みましょう。可能性を見せてくれますよ!なんか副収入得ないとやばし!って方は本気で読むといいです。