【食べログ】草津温泉にはおいしい豆腐屋がある!喜久屋(きくや)豆腐店のこだわりがすごい

我が家はけっこう頻繁に豆腐を食すんですけど、やっぱり豆腐って重要な栄養源じゃないですか。なのでこだわりたいわけです。

なるべくいいものを食べたい、これって誰もが思うことですよねん。で、先日散歩してたときにすっごいいい感じな豆腐屋さん見つけちゃいました!

草津温泉の喜久屋(きくや)豆腐店

f:id:luckyman0302:20150921160953j:plain

いかにも豆腐!

って感じの外装が特徴的。いやー風情あっていいですねえ。ここは外見だけじゃなくこだわりがすごいんです。ホームページを見ると、それがわかります。

豆の味がする豆腐を食べていますか?

素材(大豆、水、にがり、油)の旨さを引き出したくて原料にこだわり、
品質保持剤等を使用せず、美味しいものを、手作りで…

[ 大豆 ]‐国産丸大豆使用。日本各地の選りすぐりの大豆を使用。
[ 水 ]‐水質基準をクリアした草津の地下水を使用。
[ にがり ]‐塩田にがりを使用。
[ 油 ]‐国産菜種油100%を使用。
[製法 ]‐すべての素材を丁寧に手作り。

保存料等は、使用しておりません!
とうふはパック後加熱殺菌をしていません!
パック後加熱殺菌をすると日持ちしますがおとうふの味が美味しくありません。

引用:草津温泉 喜久屋豆腐店

もう豆すら違うんです

青大豆製品

濃厚な味と独特な甘みがある青大豆を使用して作りました。
青大豆のもともと持っている「風味」を壊さずに加工するのは大変で、通常より手間と時間がかかります。
青大豆の上品な風味、旨味のある甘さをぜひご賞味ください。

ちなみに、青大豆は枝豆とは違うものです。
枝豆とは、大豆が白くなる前の青い色のものを言い、青大豆は、青いまま大豆の生育が止まったものをいいます。

日本各地の大豆を100%使用しその大豆の持つおいしさを引き出したとうふに創り上げました。

とうふのおいしさは豆の味で決まります。加工の過程でどんなに工夫しても、もとの豆がおいしくなければ、本当においしいとうふはできないのです。

当店はいっさい遺伝子組み換え作物を使用しておりません。

引用:草津温泉 喜久屋豆腐店

豆腐屋なのにイートイン!かつノマドOK!

スポンサーリンク


f:id:luckyman0302:20150921161542j:plain

ここで食べられます。イートイン可能な豆腐屋とかあんまりないですよね。豆腐の香りがしていいんですよ。

f:id:luckyman0302:20150921161625j:plain

地味にFREEWiFiスポットでもあります。近代的な豆腐屋とはこのこと。ちなみにぼくは今回おからドーナツを食べました。笑

f:id:luckyman0302:20150921161714j:plain

たぶん砂糖ほとんど使ってないので、豆乳の自然な甘みがします。体にやさしい…。ふわふわでたまんないです!何個でもいける。1個100円ほど。

他にもいろんな豆腐メニューが!

f:id:luckyman0302:20150921161830j:plain f:id:luckyman0302:20150921161832j:plain

おからドーナツもうまいんですが、豆腐をまんま食べても絶対うまいやつです。特に画像左上のざる豆腐なんか絶対うまいはず。(見切れてますが)

ぼくは次回行ったらこれを絶対に食べます。豆腐今度大量買いしてこよっと!

「水にさらさないとうふ」=『ざるどうふ』

本にがりを打って固まってきたとうふを、抗菌効果のある竹ざるに汲み上げるという昔ながらの製法。これなら、ざるの目からとうふに含まれる水分が自然に脱水され、大豆の素材感が引き出され、豊潤な風味がそのまま味わえます。表面にもざるの網目がついて、チーズのような食感のとうふです。

引用:草津温泉 喜久屋豆腐店

素材や水にこだわり切ったこの豆腐屋さん!おすすめです。豆腐買うためだけに行けるレベル。ちょっと家から遠いんですけどね。

草津温泉といえば温泉まんじゅうに走りそうですが豆腐を味わうのも乙なもんですよ!

場所はこのあたりです。

先日紹介したluckybagelの向かいです。ぱっと見目立たないのでご注意を!

参考記事:【食べログ】草津温泉(湯畑)に超ヘルシーなベーグル屋さんがあるって知ってた?Lucky Bagelでほっと一息。 – ヒキコモリズム

LINE@で無料コラム配信中!QRコードを読み込んでね!