オンラインのつながりよりもリアルのつながりってもっと重要

先日、ブログサロンのオフ会をしたらちょっとコミュ力上がったって記事を書いたんだけど、その記事書いてるとき眠くってなんかよくわかんない記事になってたから今回はもうちょいまともに書こうと思う。笑

オフ会やって思ったんだけど、オンライン上のつながりも大事だけどリアルでのつながりってもっと重要だよねって話。

リアルでのつながりはオンラインよりも得るものが多い

現在はネットをつかえばオンライン上で基本的に誰とでもつながることができる。SNSやブログをつかえばそれは結構簡単だ。ネット上の広く浅くのつながりはかなり楽に作れる。もちろんその関係が薄いわけではないけど、やっぱりリアルでないとわからない部分がある。

それを以下にまとめておく。もしこの記事を読んだあなたは、ぜひリアルでの人の出会いを大事にして欲しいと思う。ネット上での出会いも、ぜひリアルに昇華してほしいところだ。

リアルのつながりでしか得られないもの

人はオンライン上ではどうとでもできる。自分を偽ることもできるし、違うだれかになりきることもできる。でもリアルで会うとよほど役者じゃない限り自分を偽ることはむずかしい。また、リアルのつながりではそこでしか得られないものがたくさんある。

1. その人の本当の姿をみることができる

オフ会やって思ったのは、ブログやSNSのキャラと実際のキャラはけっこう違うってことだ。正しく言うと、表面にでてるキャラがけっこう真反対ってことだ。

ネットだけだと尖ってたり、だれかをディスってたりするとそのキャラだけで捉えられてたりするけど、実際はすごい親切だったりおっとりしてたりする。逆にネット上ではテンション高い人が実際はけっこうクールだったりもする。

ネットだとどうしても見えてこないところがあるのは事実。どっちもその人なんだけど、そのギャップを知れるってのはリアルじゃないとできない。実際ぼくもネット上とリアルではまったくキャラが違う。あったことある人はわかるだろうけど。

2. リアルで会うと関係が深くなれる

ネットでもつくれないことはないけど、やっぱりリアルであってその場でコミュニケーションをとってお互いを知ると、関係は一歩深くなる。会うか?会わないか?ではだいぶ違ってくる。下手したら雲泥の差ってやつがある。

実際会ったことある人との方が体感で関係が長持ちしている印象がある。ネットだけだとある意味熱が冷めたら離れていく。なぜなら情が生まれないからだ。

実際ネット上での出会いと別れはかなりあっさりしてる。それが心地よさでもあるけど、くっつきやすいからこそ離れやすいのはマジである。

3. 合うか合わないか?を判断できる

ぼく自身はだれとでも合わせることができるから問題はないが、それでも合う合わないという感覚はある。

合わない人との関係は、早めに切っておくが得だ。そこに害はあっても利はないからだ。実際オフ会でも「ヒキコモリズムと合わない場合はさっさと離れるが吉」と伝えた。合わないといつか確執が生まれる。そうなる前にお互い離れて不安要素をなくすのは悪いことではない。

それが判断できるのがいいところだ。

スポンサーリンク


4. リアルタイムでコミュニケーションがとれる

ネット上のコミュニケーションは基本的にはリアルタイムではない。Skypeなどでの通話系を除けば大抵がメッセージなどになる。そしてそれらを使ったコミュニケーションは時差を生じる。時差が生じるということは、忘れたり、テンションが変わったりなどしてしまうってこと。

メッセージ送って2時間後は落ち込んでるかもしれない。それなのに「元気?」っていうメッセージがきてしまうこともある。それが原因で関係が悪化することはある。でもリアルタイムでのコミュニケーションではそれは起きにくい。

表情や声色などなどから感情が伝わりやすいからだ。

5. 感情などの情が移入しやすい

オンラインのつながりよりリアルでのつながりの方が感情移入がしやすい。情がわきやすい。親子がそのいい例だ。親子がオンラインでしかつながれなかったら、きっとどうしても「赤の他人感」が抜けないはずだ。

でもリアルでのつながりであることで、感情などの情がそこに入る。その見えないつながりが、関係性をより深くする。情が入った関係は、いざなにかあってもなかなか切れない。情がない関係はちょっとのことでサクッと切れる。

人間関係において、感情の重要性はめっぽう高い

オンラインでのつながりも大事だけど、やっぱりリアルのつながりが重要

個人的には上記の理由から、オンラインの1万人のつながりより、リアルでの10人のつながりの方が大事だと感じる。極論言えば、オンラインでの関係ってネット使えなくなったらなくなるしね。

大事なのはそこからどんだけリアルでのつながりに昇華できるか?だ。これまた極論を言えば、ネット上に1万人のつながりがあって、それらと全員あって関係を深くしておけばどこに行っても生きていけるレベルなはずだ。

ぼくはまだリアルでのつながりは少ない。もちろん無作為に増やそうとはまったく思わないけど、今後はなるべく人とあっていこうかななんて考えてる。できれば、ぼくに好意を持ってくれてる方とは全員リアルでもあってみたい。

そんなもの好きな方はぜひぜひサロンに参加するか、LINE@から繋がっておいてほしい。

合わせて読みたい関連記事