無料LINE@コラム「ヒキコモリズムのノマド的考察」バックナンバー

無料LINE@マガジン「ヒキコモリズムのノマド的考察」で配信した音声コンテンツとテキストコンテンツを一部格納していくページです。自由に視聴&閲覧ください。

目次から探すと便利ですよ!

  • 週一で格納します
  • LINE@アカウントのタイムラインでも読めます。

ざくっと読むための見出し

できることをサービス化すれば失敗しない

これ、ぼくが大事にしてることです。ほんとこれさえ理解すれば失敗はしないんですよ。

多くの人は「できないけどやりたいこと」で起業したりお金を稼ごうと考えますが、できないことってできないのでまずできるようにしないといけないんです。

その間はお金も稼げないのでまさにボランティア活動。そんなん長く持ちません。やりたいことがやりたくなくなっちゃいます汗
だから、おすすめなのは「今できること、今あるスキル」をコンテンツ化=サービス化することです。それは今できることなんですから、他人よりできることなわけです。

だから、お金もいただきやすいんです。

今からプロ野球選手になれますか?

元々野球がプロ並みなレベルまで練習してたなら可能性はあります。が、野球経験ない人が、今からプロになる!!なんて行ってできる気がしますか?

ぼくは無理ゲーだなあって。
だってまず人並みにできるようにならんと話にならんじゃないですか。現実的に考えてね!汗
そこに必死になるのは効率悪い。

でも今できること、スキルや経験は「今できること」なので売れる形にすれば売れるんですよ。すでにできるから、アドバンテージもありますね。

 ぼくのやってるブログサロンで卒業生の2人目がでた!\(^o^)/

収益15万円、PV15万以上
という厳しめな卒業条件を、ブログ開設4ヶ月、ブロガレ参加2ヶ月ちょいで大きく超えてきた✨

なんと月間34万PV、収益19万円。素晴らしい!
http://www.mazimazi-party.com/

彼女はつい先日退職して、今はシェアハウスの企画をしています。まだ20代前半の女の子です。彼女の成功要因はサロンで公開してるけど、ぼくは彼女の取り組み姿勢が素晴らしいなって思ってる!退職してまでブログで食おうとする覚悟。そしてそれへのコミット力。

お口が達者な人は多いけど、彼女みたいに実行しきれる人は本当にすくない。男女関係なく、すぐ弱音がでたり、あきらめる。
そんな人は彼女の取り組み姿勢を見て、かっこ悪いと思わないだろうか?人は本当にコミットして、集中すれば半年もあれば変われるんですよ。変わる動力を自分に備えてるか?人に頼って変えてもらおうとしてるか?
その違いなんだよなあ。
彼女の言葉で印象に残った一言があります。

 これで前職のバカにしてきた人にドヤ顔できる。

この気持ちすごいわかる。ぼくも辞める時に超バッシングされた。

  • てめーが食ってけるわけねーだろ
  • 今の立場捨てるのバカ
  • だから嫁子供に捨てられんだ

とかね。
そういうのがあったから当時は「全員みてろよ?」という感情で、すごいエネルギー出してたなあ。

結果、今に至るわけだけれど♪あなたの中に、こういう黒い感情はありますか?からの、自分を変える動力をちゃんと備えてますか?からの自分を変えるための動力を、他人に求めてない?彼女の腹にくくった、1本の槍のように、あなたの腹には1本の槍はありますか?

きっと彼女は今後もすげぇ活躍するでしょう。俺も負けてらんねー👍

ちなみに彼女はいい意味でめちゃくちゃ普通の子ですよ。変わるのに、才能なんていらないのです。あなたはいつ変わる?どう変わる?そのために今、ここで何をやる?
いいきっかけなんで、ぼくにコミットしてみてください\(^o^)/

不登校や義務教育に関して

不登校や義務教育的な相談が結構最近多い。みんな、学校のおかしさに気がついてきてるのかな?ぼくは、学校なんて無理して通わなくていいと断言できる。

学校にいかないと社会で苦労するなんてまやかし。学校でても苦労する奴はするし、じゃあなんで大卒が就職難で死んでるの?という話。人間関係がどうこう…てのもまやかし。集団での過ごし方とかそんなのは学校の外でも学べるし、むしろ学校の外から始まる人間関係の方が、長続きする。

学校の友人と今ってどんだけ連絡とってる?ほとんどとってないはず

学校で得られるものなんてそんなものです。思い出?それって学校でしか作れないの?みんなが行ってるから行く…なんてのはただの同調圧力に屈してるだけ。一種の洗脳。そもそも、教育、学習は自由選択なんですよ。みんながみんな算数したいわけではないのです。

絵に集中したい、音楽だけやってたい、スポーツで一流になりたい。だからそれを学ぶ。それに必要なもんだけ学ぶ。

本来学ぶとはそういうことです。

でも、教育なんて言葉がその意味を変えた。「教えて育む」なんて言葉にするから、大人の決めた都合やルールに縛られるようになった。教育がそもそも上から目線の、子供への押し付けなわけです。子供は知りたいことを知りたいわけです。

本来そういう子供主体の自由選択的なものであるわけです。だから義務教育…とかそういうのがそもそも不自然なのです。

そんなだから、何か1つに熱中してる子供らしい発想が、おとなの押し付けで壊される。成績のバランスが悪いから劣等生…みたいな。でもそれはおとなの都合で、子供からしたら今熱中してるそれそのものが全てなんですよ。だから、ぼくは子供に学校にいくか行かないかは任せようと決めてます。

行きたいなら行けばいいし、嫌ならいかなくていい。義務教育レベルなら自分らで教えられるし、カテキョ雇えば問題ない。それよりも、なにを学びたいか?を優先したい。子供の意思で。

とりあえず言葉が使えて、読み書きできて、計算さえできればあとはやりたいことやりゃいいのです。

高校だっていかなくても、お金の稼ぎ方なんて腐るほどあるし、みんなが使わない公式習ってる間にブログ3年やらしたら稼ぐだろうし。

もちろん、ブログは例だけど。笑
テニスプレイヤーになりたいなら国語とかやってる暇ないんですよ。テニスと、英語と、運動力学。これらをやるに限る。無駄なものを頭に入れる必要もない。人間関係もそうです。必要なものに特化すればいいてす。
学ぶことは本来自由で楽しいこと。義務付けられたり縛られたり苦しむものじゃないんですよね。

大人が子供の自由な発想を奪うから、考えられない大人が量産されてくわけですよ。

で、考えられない、疑問を持たない大人がまたそれを伝搬させる。
これが日本の教育なんですよね。

本当に大切なものは目に見えない

サン=テグジュペリの星の王子さまの一節にこんな言葉があります。

「いちばん大切なものは、目に見えない」
これって本当で、最近のぼくはこの世の目に見えるものに価値がなさすぎて一種の虚無感を抱いてます。

人が必死に求めるものって、なくても世界は回るものがほとんど。

  • お金も
  • 名声も
  • 学歴も

これらはなくてもいい価値のないもの。誰かがそこに価値がある…と印象づけたからであって、本質は価値がない。お金も、明日から1万円が1万円じゃなくなることもある。元は紙だし。

でも人はその目に見えてる価値のないものを必死に求めてる。

メディアでは日々パーソナルブランディングが流行ってる。みんな「俺を見ろ!こんなすごいんだぞ!」と主張してる。でもその発信も、ただ目に見えてるだけの幻想であって。その人の本質はただの肉塊で。そしてそこにこれまた幻想のお金が流れて。

そう見るとぼくら人間って、本当は価値のないことに無理やり価値をつけて、それに翻弄されていきてるんだなあ…と実感する。そんなことより、今日なに食べるか?どれだけ眠れるか?のが本来価値があるのに、それはおまけになってしまった。そういう気づきを得た時に、ぼくは虚無感と、同時に開放感を感じた。

目に見える価値があるらしいものを、ぼくは身につけなくてもいいや…と。そして、それらを見る必要もないと。そうしてメディアで自分を演じるのをやめたわけだけど、それはそれでブランディングイメージがついて最近やきもきしてる。笑

でも、価値受領の仕方が変わって、ほぼすべてがどうでもよくなった。

そこから人の発信もほぼ見なくなり、羨望も嫉妬もなくなった。なぜなら、目に見えるものは、いちばん大切なことではないからだ。いちばん大切なものは、実はすぐ目の前や足元にあったりする。

そしてそれはすでに持っていることもある。ぼくらは価値のない、価値があるらしいものにまみれて、なにかを見失ってないだろうか?

あ、ブロガーやライターが読むべき本まとめました\(^o^)/
《随時更新》ヒキコモリズムおすすめ!ブログで稼ぐなら必読の本まとめ

ちなみに星の王子様って実は残酷なお話なんすよねヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
よーくよむと、全然メルヘンチックじゃないっていう…

ぜひ読んでみて欲しいです。んで、このテイストの発信も飽きたからそろそろ実利のある話をしていこうかしら。

お金とかお金とか👍
今朝のような発信と、ゴリゴリな発信と、気分で変わるのでテキトーに読んでおいてください*\(^o^)/*

現代だからできる最速の稼ぎ方

なんていうといやらしいですけど、これって実際あります。前回の星の王子様コラムでも書きましたけど、現代は「目に見えるものに価値を感じる」時代です。

言い換えれば、目に見えないもんには価値を感じなくなっているのです。さらに言い換えれば、「本質より上面」ということです。これって音楽シーンなどでも同じことが言えます。最近のメディア界隈でも同じことが言えてるでしょう。

例えば音楽シーンも現代はアイドル路線など、音楽的にいいか悪いか?よりも見た目とか演出重視ですよね?で、それが優れているほど売れる。

いい曲を作る人、歌う人よりも「見せ方」が優れてる方がうれます。それも高額で。人は今、憧れとかそういう感情が優先されます。なぜなら現代はストレスが多く、承認欲が刺激される仕組みが多いから。テレビもセレブ崇拝の番組多いでしょ?

だから、承認欲や羨望心、射幸心を煽られると人はすぐに引き寄せられ、そういうものを買います。AKBの握手会もそうで、AKBと握手したっていう承認を求めて大量にCDを購入するわけですよね?で、そういう認識が生まれるように「ブランディング」するわけです。

つまるところ、大衆があなたに「憧れや承認欲」を抱くようにマーケティング戦略や仕組みを作れば売れるわけです。「中身」がなくても、です。つまりただお金が欲しい、稼ぎたいだけならば、中身の前に外面や上面を整えれば稼げてしまうわけです。

そのために今ってみんなCMで「ブランドイメージ」を作るわけですよね。それさえできれば売れるからですね。

例えばノンシュガーでヘルシー!だなんて歌い文句で 健康イメージをつくてる商品でも内容物は

  • 人工甘味料
  • トランス脂肪酸
  • 他よくわかんない添加物たっぷり

なんてもの、多くないです?エナジードリンクだって、あれただの炭酸水にものすごい量の砂糖いれて、気持ちばかりの滋養強壮成分いれてるだけですから。ちなみに砂糖は眠くさせますから。

でも CMなどでブランドイメージを演出することで「なんか元気でそう!かっこいい!」と思わせて買わせるわけです。本当に元気出すなら、水に自然海水 塩いれて、あとは梅干しでクエン酸補充するものを飲んだ方が全然いいわけです。でもそれを語らないわけです。

今の世の中、そんなもんばっかりです。まがいものの外面だけみて、目に見えてる部分だけで価値判断する。消費者は頭良くなったどころか、判断基準的な意味でバカになっています。で、仕掛ける側としてそこにアプローチかけた方が手っ取り早いんですよ。本当に健康意識やエナジー出したい人はエナジードリンクの成分表見たら買いませんからね。

つまりもしあなたがただお金だけ欲しいのであればこの「ブランディング」と呼ばれる作業を通して大衆にイメージを根付かせて

  • この人すごい
  • この人みたいになりたい
  • この人と会いたい!

という羨望心と承認欲を持たせれば早いわけです。今はそれが売れる時代です。いい音楽を持ってる人は隠れてるけど、それよりも上記ができる方が売れるのです。

だから食品や音楽でも、あまり広告を売っていない、知られていないところに「本質的なホンモノ」は隠れています。これは経験したから言えますが、それだけで現在は稼ぐことができます。でも、ぼくはそれに違和感を感じた。疲れた。だから今は、あまりそういうの考えずに好き勝手にやってる。(それでもなぜかブランディングされてしまってるギャップに困ってるけどwww)

あなたは本質的なホンモノと、上面的なニセモノ、どちらになりたいですか?ぼくは前者を意識しています。飾らない自分に共感してくれる人だけいればいい。

それとも、大衆ウケを演出してお金にしますか?
どっちも正解だし、不正解です。現代で勝てるのは後者ですからね。

ぜひ、ご意見聞かせてくださいね。

ウェブマーケティング所感

たぶんこのLINE@を購読してる人ってWEBマーケティングの勉強をしてる人が多いと思うけど、実際理論的にやれてる人ってどれくらいいるんだろう?ここ3年WEBの世界にどっぷり浸かってきたぼくからすると「なんとなく」やってる人が多いと感じます。

でもWEBマーケティングは奥深くて、なんとなくでできるほど甘くないんです。というかそれでできたらみんな苦労しないよねっていう話。

ぼくが得意としてる分野にダイレクトレスポンスマーケティングっていうのがあるんだけど、これを知ってて、かつできるようになると集客効率も上がるし、利益率も上がる。最大化もできます。ぼくがブログで1PV=10円というエグい数字を出してるのはそういうことです。無駄がないっていうか。

同時に企画を作ってセールスレターを書いたりして、以前1000万円レベルの売り上げを出すにいたったのもこれを使ったから。これができる人ってあんまりいないんですよ。

もしあなたがWEBで集客〜販売までの流れを理解した上で実践したいなら、この本だけは読んでおいでください。今なら無料で世界トップレベルのマーケッターの本が手に入ります

明日無料期間が終わるかもしれないので、今すぐ手に入れることをお勧めします👍僕がブロガーだけどブロガーではない理由は、このコピーライターとしての力があるところにあります!その情報を、知っておいてください。

好きなことかつできることをやると、すごい結果出やすいって話。

日本の教育は短所改善型、長所放置型です。これは均一的な製品を作るために必要なことだから、そうなってるんでしょう。日本の教育システムは、子供の可能性発掘が目的ではなく、使いやすい均質的は人間を量産するためのベルトコンベアーだからです。

戦後のカオスだった日本では、復興したり経済力をつけるためにその方が都合が良かったから、それも正解なわけです。上の戦略通りに動いてくれる、そこそこの人が集団の力で大きなことをやる。これが日本には必要だったし、それが正解だったんです。

だから今でも震災後の最低限の復興に関しては世界で類を見ないほどに早い。これはそういう風に育っているからです。
同時に集団心理に動かされやすいのも特徴。みんながいいといえばいい。ダメといえばとことんだめ。行列のできる店はうまい、なわけです。それが作為的でもそこは考えないということ。話はそれたけど、日本人はそんなこんなで「できないことをやろうと必死に」なる。これは、学校で赤点とるとダメという洗脳を受けてるから。
できないことがあると悪…という発想が染み込んでます。

んで、できないことをやらない自由がありません、だから、できないことをやろうとするわけです。できないことのある自分に劣等感があるのです。でもでも。それが自然なことで、人間誰しも偏りはあります。

そして、できないことをやる必要ないんですよ。緊急時でなければ。もしフリーで生きていきたいとか自由に働きたいなら、できることをやればよかです。だってできるんだもん。

できないことをできるようにするのは、イメージでは借金1000万まず返済する感じ。マイナスをゼロにせんといかん。けどできることをやるのは、貯金が1000万あるところから進める感じ。プラスをもっとプラスにできるわけ。この間には2000万の差があります。できないことで勝負するってことはこの2000万をまず埋めることとなります。

それでも、やる?

ぼくはこの発想がでたとき、できないことはやらないと決めました。人に任せようと。そしたら、結果でるわけですよ。だって人よりできることだもの。当たり前。さらに、そのできることが好きなことならなおのこと加速します。努力という感覚がなくなります。

もちろん好きなことができることである保証はないわけですが、必ずしも1番好きである必要はない。やってて苦ではないってレベルでおけ。ぼくが本当に好きなのは、何もせずダラダラすることです。読書だけしてる毎日です。

でもそれで生計立てるイメージが今のところわかないから、次に好きで、やってて楽しいブログという、発信業を始めました。で、教えることを比較的好きだから、そういうこともやってみたり。でも、オフラインで会うのは疲れるからほぼオンラインで。

別にブログLOVEってほどじゃないけど、書くと楽しいしlikeだからやってる感じ。こうやってどこで勝負するかを決めると、スピード感上がりますよ。もちろんできないことをするな!ってことはないし、ぼくも一部チャレンジ中ですが、それを心置きなくやるためにも、1つ程よいもので成果出すといいよねって話。

あなたの武器と資産は、あなたは既に持ってるので、そこを見つけられるといいですね*\(^o^)/*

お金稼ぎはゲームだ

FXを勉強し始めて半年ほど。負ける確率が減ってきましたー!*\(^o^)/*
まだロット低いから小遣い程度だけど、増えてます。

もはやゲーム感覚ですな✨お金稼ぎを大変はものと考えるとつらくなるので、ゲームどと捉えてます。

お金というバロメーターを増やすゲーム。

特にFXみたいなものは、ゲーム感覚でやるとうまくいくね!
先日間違えてエントリーしてたみたいで、一時期-2万円くらいの含み損出したんですよwしかも損切り設定忘れてw

普通に考えたら冷や汗なんだけど、数字が落ちてるだけだから落ち着いて上昇可能生を探ったところ、戻ってくると把握したから放置をしてみる。そしたら案の定、朝起きたら含み損が含み益になってて、無事利食いして終わり♪

ここらへん、どんどん攻略法見つけてます。お金稼ぎは楽しいゲーム!なんか深く考えすぎて手が止まったり、つらくなってる人は、そう捉えるといいですよー!
PS

FXはよく、マイナスサムゲームと言われますがそんなことなくて。ちゃんと負けと勝ちのバランス考えて、増える設定にすれば増えます

余白を作っておくってこと

今日はなんにも考えないダラダラ日和。仕事の連絡来まくってますがガン無視してますw

最近、プロデュース系の仕事を復帰しまして、頭使いすぎてパンクしてたからねえ。なにも考えず、時間を浪費してますーあー快適〜なにもしたくなーいなにもしたくないよー。

紙の本と、コーヒーと。他は遮断。これ、生きがい。

こういう日って定期的に必要なのよねー。余白っつーの?みんな、余白つくるといいよ。もう仕事とか自分やる必要ないものが大半だからさ、ガンガン外に投げて、自分から手放す。最近はそのディレクション力を身につけて、ポジティブにサボることにハマってる!

なんつーのかな、若いとさ「俺にかできないことを見つける!」みたいなキラつくわけなんだけど、俺ほどのおっさんになるとこうなの。

「自分にしかできねぇことなんてこの世にはほぼなくて、全部替えがきくことだからあきらめろ」

と。いやこれそうだよ。たぶんその人にしかできないことをやってるのって全人口の0.5割くらいじゃない?ジョブズとかさ。他は、他で替えのきくことのパイを取り合ってるだけ。

だから自分が頑張る必要性ない。それがやりたくてやりたくてしゃーない人なんて腐るほどいるから、じゃあそいつら使って自分はのんびりした方がいーよね的な。

ぼくは、ブログ書いて自己満足にひたり、本を書いて、動画マガジンで自己満足アウトプットしてればいいのです。

「俺とお前がいなくても、世界は回る」

ということに気づいてから、このポジサボりをしまくってます。これに気づかせてくれたのは、とある旅人デザイナー。ロンドンかどっかの帰りに東京来てた時に相談したら「それはねー、みんな思うけど、自分にしかできないことってないのよ。俺もそうだし。」とな。

あー、たしかにそーかもーと思って、いろいろ実験したらほんとそう。周りがやってくれてる。起業したてのころとか、独立したてのころはそうやっていい意味で厨二なんだけど、ある日突然、悟る。どんな仕事でも「俺がやらないと…」「俺がいないと…」てのは幻想。そして妄想。

それは自分の期待でしかなくって、実際は全然回る。回りすぎてワロタ。逆にそれで歯止めかかるものってどんだけ脆いのか?と。そんな感じで、ポジサボりしまくってるなう。冷めたように見えるかもだけど、だからこそ俯瞰できるんだと思う。だらだらしつつ、進むとこは進む。これがおっさんの仕事術です。

あ、今日やることといえば動画マガジン16時半から放送するよ。
https://www.hikikomorism.com/2016/07/16/hobonichi-magazine/

昨日は読書術で好評ですた。今日は家事と仕事を両立する仕事術なんだけど、当の本人やる気ない日だから大丈夫なのか?と、思いつつ準備します。気が向いたら、見に来てみてくださいな!じゃ、いてくる。

PS

ちきりんさんの悩みどころと逃げどころって本ためになった!

学校教育に対しての捉え方とか、めっちゃいいね!

PPS

LINE@読者限定で「質問に音声で答えるよ」企画やります!個人名とかは出さないからご安心を!気軽に質問とか相談くださいな!このLINE@に返信すれば大丈夫!他の人には見れません♪

しばらくは安価な月額制サービスがはやる

Kindle読み放題サービスがでたことで、よりアフィリエイトというビジネスモデルが微妙になってくるなあ…という感じ。書籍のアフィリエイトも、どんどん価値がなくなっていくでしょうね。

やはりコンテンツは自分で作ることが大事!アフィリエイトモデルで1番稼げるのは、大元だからね。

また、月額課金かつ低単価路線が今後は強くなっていきます。コンテンツビジネスに関しては。それか、かなり高単価にするか?ですね。中間サービスはあまりはやらなくなるでしょう。なんせKindle読み放題は980円ですからね。そこと比べてしまうのは必然。

タクシーも、飛行機も徐々に月額課金制かつ、お得な感じでマインドシェアの争奪戦が始まります。安くていいもの…というのが1番つよく、次にブランド価値のある高いものと続き、最後に中間。どっちつかずは売れない時代。

この中でどっちに触れていくかが重要ですが、富裕層向けでない限り低単価にパイが向くでしょう。なんせ消費しない社会ですしね…(;´Д`A

エンドユーザー向けは、低単価路線がしばらくいい感じと踏んでいます。

ぼくの推薦する速度制限も違約金も縛りもない最高のポケットWi-Fiも、月額課金制かつたくさんの特典があるゆえ利用者も多いです。かつ、変な使い方しなければほんとに制限ないので、やはり感謝の声多数。

こんな感じで「この価格なのに、こんなにいいの?!」というコンテンツが間違いなく売れていきます。まあ当たり前だけどw

自分のコンテンツでは、どうするか?を当てはめて考えてみると面白いですよー!
あ、紙の本はまずなくなりません。書店も無くならないでしょう。電子が流行れば、その反動でアナログなもののニーズが、高まります。電子書籍が広まりきったあと数年、より戻しが起きる時期はきます。しばらくはKindle読み放題のようなものが席巻する時代でしょうねー!

出資をただの金の貸し借りみたいに思ってる人多すぎてビビる件。

最近、ぼくに出資を求めたりしてくる人がめちゃ多い。クラファンとかで確かにおもしろそうな案件には投げてるけど。ただ、ここで気をつけないといけないのは「出資」は出す側も受ける側もリスク追うということだってこと。クラファンとはいえ俺は乞食みたいな案件は興味ない。てめーで稼げ!といいたくなる。

また、個人に対しての出資は100パーしない。

なぜなら、帰ってこないから。確実に。特になにもモノをみせず、メッセージで出資してくれ…は終わってると思う。それ、ビジネス的に見てどうなの?出資受けるってことは、投資家に確かなリターンを出すというリスクも背負うってことだよ。その利益ってのは出資額以上の、だよ?

それでなかったら資金引き上げまたは違う形で回収される覚悟あるのかな?

当たり前だけど出資するならリーガルがっちりの書面を正式な場で結んで、こちらは出資したからにはありとあらゆる手を使って回収するけど、追われる覚悟あるのかな?売上あがんない?舐めてるの?どうすんの?と詰められる覚悟あんのかな?

銀行を何百件も回ったり、適したプレゼンもせずにそれを依頼してくる甘ちゃんに、死ぬ気で利益を出す覚悟があるとは思えない。成果を出してるわけでもないのに、リターンがあるとは思えない。投資価値ないからね。リターンがイメージできないんだもん。

ただのフリーターに出資するようなもんじゃん。フリーターでも出資受けられる人は、確信持てる材料と、その覚悟を見せるけどね。人をパパみたいに思ってる自称起業家みたいな人多すぎ。

人からお金を出してもらう責任ってそんな楽じゃないぞ?おままごとかよって突っ込みたくなる。さすがに舐めすぎ。商品売買とはまったく違うお金が流れるんだよ。意味が違うの。そこわかってるのかな。

てかわかってたらそんな安易に「出資してください」なんて言えないんだけどね。会社の金や人の金背負って市場で戦うプレッシャーイメージしてみ?

売上−諸経費−投資家への配当−自分への配当だよ?投資はボランティアじゃないからね?潤沢は売上出さない限り、自分の取り分より投資家への配当優先だから。それわかってないお花畑な人多すぎてワロタ。

なにより、そんなんじゃその人のためにもならない。死に金。そんな舐めた姿勢で稼ごうだとか、出資受けようだとか、それって自分のためになんないからね。それを声を大にしていいたい。

そんなんじゃなにも生み出せないよって。経験上。そんな甘い考えで生み出すプロダクトなんか誰も買わないよって。ビジネスだからね。情とかじゃなくて結果と数字だからね。どんなに仲良く話してても、すべてはそこなの。人間性なんていつでも変わるからそこは信用するに値しない。

ビジネスである以上、数字とデータがすべて。そこでしか判断しない。例え親でもね。なにか俺を優しい投資家やフリーランスと勘違いしてるみたいだけど、ビジネスに関しては鬼だからナメんなよ?といいたい。その人のためにもなんないしね。そんなんじゃ長く活躍できないと思うのよ。毎月の配当出せないなら寝ずに働くか売るもん売れ…くらいには言うぞ。俺は。

そしてそんな出資なんかなくてもゼロベースで積み重ねられるように俺が驚くほど安価でやってきたことを教えて、アドバイスしてるわけだよ。自分で資金つくって、食ってけるように。

質問力を鍛えると得をするって話

この4日間は人に会いまくって仕事しかしてないわけだけど、会うたびに思うことがあります。それが「質問力があると得」ってこと。あ、誤解のないように書いとくと質問できない性格を否定するわけでも、質問しない=悪といいたいわけではないです。

ただ、この力があると得だよってこと!

この質問力ってのはふたつあって、

  1. 遠慮なく質問する力
  2. 質問を構築する力

です。①は大人数で集まる時にあると効果を発揮します。日本人は特に和を重んじて、遠慮します。なので、多くの人が集まってると積極性を失います。多くの人が遠慮するので、いい意味で空気を読まずに発言できるというのは、なかなか得です。

質問対象の時間を、他よりも多く取れるし、自分のためだけの話をしてもらえるわけですから、当たり前だけど得るものが大きいわけです^ ^

昨日の勉強会というかセミナーでもそれが如実にでていて、ここは慣れの部分なのでぜひぜひ身につけるといいかなと!遠慮なく時間を奪いに行くハングリーさは、時に必要になります。②は、質問の構成力ですね。

よく言われてることですが、けっこうやってしまいがちなのが「こうしたいんだけど、どうですか?」と相手に全て考えさせる質問。

これは、一切じぶんのためになりません。なぜなら、自分の頭で考えてないからです。そして、この質問の仕方がクセになってる人は、同じことを何回も質問します。要は、考えてないから、進まないんですよ。で、仮に答え教えてもそこから発展させることができない。なぜなら、まず自分で考える癖がないから。

「私はこれをしたくて、こうやってきたんですけど、ここがこのようにうまくいきません。こうしたらいいのかな?と思いますが、どう考えますか?」こういう質問ができる人は、そもそも自分で考えてPDCA回してるので、相手には正解不正解の確認をさせるだけです。

そしてそこでもらったアドバイスも、自分でPDCA回して発展させることができます。また、話をしっかり反芻してるので「それ、ついさっき話したよね?」というトンチンカンな質問もしません。

すんごい地味な部分なんですけど、これってバタフライエフェクト的に作用します!学校の勉強で考えても、先生がテストの答え教えたら意味ないですよね。本当に血肉となる学びって、受けではなく攻めだったりします^ ^

自分で考えて出した答えを、答え合わせする。これができると特になにかを身につけるときにお得です♪

相手に答えそのものを聞いていては、血肉になりません。それは魚をもらっただけで、釣り方を知ることがないからですな!

そして、なにより、質問力もですが、自己成長には素直さと自己否定が大事。素直に吸収して、自分に満足せずいい意味で否定する。これ大事。斜に構えたり、肯定しすぎて悦に浸るのはオススメしません。これまた自分のためにならないからです。

という感じで、移動の合間にアウトプット!どうぞ参考にー。

公務員が稼いじゃダメなの?

さてさて、興味深い記事を。
http://www.saga-s.co.jp/sp/news/saga/10101/270178?area=yh160723

まとめると、公務員で7000万円の家賃収入得たら怒られたワロタって記事です。で、この記事の中でその公務員さんは謎にバッシングされてるけど、違和感。公務員だから7000万稼いで怒られる…って変なのー。その7000万を節税なしに納税してたら、けっこうな額になるわけですよ。20パー計算でも、1400万円。

で、公務員ってさ、税金からお給料の予算でてるわけで、ということは、この事案って「税金で食ってるのに、高額納税してくれる富裕層をお咎めする」という自分で自分の首絞めてる案件…なわけですよ。かつ、だれにも迷惑かかってないのね。公務員の副業規定を違反してても、だれにも迷惑はかけてない。

なのに謝罪とはw

この「ルールからはみ出たら、どんなにいいことでも悪」という文化はそろそろやめねーかい?と思ってしまう。みんな一緒に…というゴミ思考はもういらないよ。戦後復興の時はまだそれがあってよかったけど、今は多様性が求められてるのに、旧社会のルールをいつまで続けるんだろう。

仮面公務員、いいじゃん。最高じゃん。

日本における最大のメリット「公務員とサラリーマン最強」という文化を使って、がっぽり銀行から金引っ張って、がっぽり稼ぐ。

なにがだめなの?(;´Д`A

少なくとも役所によくいる、ダラダラ仕事してる非生産的な税金泥棒的な方々よりも、誰にも迷惑かけてないし、納税してくれるしで、いいとこづくめだよ(;´Д`A

こうやって嫌儲文化が構築されるんだなーと。そしてそういうヒトらは宝クジ買うんだろうなーと。嫌儲なのに、あわよくばお金持ちになりたい…みたいな(;´Д`A

だれにも迷惑かけてないんだからガンガン稼いで、ガンガン経済回してもらったほうがよくね?仮に1400万の納税してたとしたら、怒ってる公務員の皆さんはその金額納税できるのかなあ…無理でしょ。日本で一番お金持ちになるためのショートカットは、それなりの企業につとめ、信用をつんで、銀行から融資うけて不動産投資をすることです。

日本は史上稀に見る低金利で、不動産投資の利益率は10パー超えます。海外ではありえません。これは旧社会のルールを使って稼ぐ最高にレバレッジの効いた賢い稼ぎ方。新世界の住民のぼくは、銀行から億の金はひっぱれません。日本のインフラシステムは、未だ旧社会の住民に有利です。

2000万円稼ぐフリーランスよりも、500万円稼ぐサラリーマンが強いわけです。これは、フリーランスになってから銀行行くと痛感するよー(;´Д`A

家借りる時の審査ですら、そうだよー。日本は、歪みがある国です。まあ、この7000万円稼ぐ公務員は「減給1/10?へー、それが?嫉妬ですかw」でしょう。だって家賃収入あるもの。これが資本主義なわけです。稼ぐが勝ち。そうすることで、選択の自由と、他人や組織の支配も無効化できるわけで。

ぼくは最近は、やはり稼ぐが勝ちがこの社会だと、思い直したわけです。あなたはどうでしょう??ご意見聞かせてくださいな!

できないことはできる人にやってもらうという大切さ。

ぼくは今、久しぶりにぼく以外の誰かにいろいろお願いしてます*\(^o^)/*

例えば、ぼくのデザインに関わる全ては脳内アーティストの稲沼氏にお願いしてます✨
http://imamagininal.com/

とても斬新な考え方でロックなんだけど、すごく親身にデザインしてくれる最高のデザイナーであり、パートナーです。ぼくにはデザインスキルがないので、お願いするに至りました。もちろんデザインを覚える選択肢もありますが、できないことをできるようにする時間よりも、できる人に任せた方が確実なわけです!

これができると、時間が増えます。自分がしなくてもいいことまたは、できないことを自分よりも優れた人にお願いすることで、クオリティも上がります。そのためなお金がかかるとしても、それはいい投資なわけです*\(^o^)/*お金で時間と作品が買えるわけですから、最高の投資です。
特に稲沼氏のような、イケてる人と出会うとその効果は倍増します!

そして、その人とどう出会うか?といえば、方法はふたつ。

  1. そういう人がいる場所にいく
  2. そういう人が来る場所を作る

これだけでオッケー。ぼくは②が好きです。稲沼氏とは、ぼくのサロンで出会ったのですがデザイナーとしての実力も、アーティストとしての実力も素晴らしい。多くのメディアが取り上げてるレベルです*\(^o^)/*その人たちが集まるようにサロン運営をしたことで、出会えたわけです。

こうやって、自分より優れた人がくる場を作ると、信用できる依頼先が見つかります。信頼もできるし、相手方もこちらを信用してくれてるので気持ちよく取引ができるわけです。これがよくわからん人材をクラウドソーシングでリクルートすると、当たり外れがありまくりで、よろしくないのです。

ぼくは現在デザイナーである稲沼氏を筆頭に、実は5名ほどに力を借りてます。全て、信用できる、そもそも関わりのあった人たち。だから安心して任せられるし、クオリティも保証されるし、言いたいこともお互い言える。そして、役割分担することで仕事効率が上がるんです*\(^o^)/*

今後この形で、自分の第2のメディアだったり、コンテンツ制作もして、さらに仲間に還元できるようにしていこうと目論んでます。ぼくのまわりはぼくよりすごい人しかいないから、できるイメージしかわかない!

あなたも、ひとりで頑張らず、誰かに任せたり組んだりしてみましょう。もちろん、ぼくにオファーくださってもいいですよん。そして井上、この稲沼氏と「ある企画」をすることとなりました!

近日公開しますので、お楽しみにー。あ、デザインでお困りの方は稲沼さんにぜひ依頼してみてください!最高の作品がもらえますよー*\(^o^)/*

夏を満喫

夏を満喫しております(;´Д`A
かき氷うめーwテニス久々にやりましたが、やっぱり楽しい!

島原から出る前に、島原半島最強のテニスプレイヤーになろうかしら。てか島原半島でテニス大会とかあんのかな?…w

オフは定期的にとるべきっすねぇ。テニスの壁打ちの様子はこちら→https://instagram.com/p/BH1dtZij7Lm/

とりあえず肺がとれそうですつらいですまだ25歳です。あとはこれから温泉ー♪

家族論①

先日の子供の話の件で、素敵かつレベル高いアウトプットをいただいたのでシェアします!(投稿のバックナンバーはタイムラインに随時あげてます)

子供が欲しいと奥さんに言われた時の事を思い出しました。

「不動産投資したい」「ビジネス始めたい」とか言ってフワフワしてる時に言われました。

何かの喧嘩のついでだった気がしますが、よく覚えていません。覚えているのは、

「ごどもがほじいぃぃ」

と泣きながら言われた事です。
それはもう、正に腹の底から込み上げて来たというような、そんな感じでした。

俺が今まで「やりたい」って言ってた事は、この1000%の全身全霊をかけた女性の本能の前ではゴミみたいに思えました。

だから子供を作りました。

それから4年半が経ち、やっと子供を産む事の価値と親としての責任を理解し始めています。

子供を産み、育てるということは自分がなぜ自分であるかを知る事、親になぜ感謝をしなければならないかを知る事
、無償の愛とは何かを知る事
だと思っています。

これ、まさにそうなんです。ぼくは出産立会いを2回ほど、1回は相方の希望で一瞬しかいませんでしたが、してます。もうね、始終見たときはアソコがキュッとなるくらい、壮絶。痛いじゃすまないんだろうな…と。それが3.4時間とか続くわけですよ。男だったら耐えられないんじゃないかな?

アレをみたら、世の中の苦しいとかきつい…とか、もちろんレベルはあれども、日常生活におけるそういうのってマジでゴミみたいなもんだなあ…と悟ります。同時に、そんなしんどち思いして子供が生まれてて、俺らも生まれてるんだよなあ…とわかるので「しにたい」と思わなくなります。

同時に、男はどこまでも弱いなあ…と実感します。なにもできないからねぇ…。

子育てにおいて、女性には勝てない。母乳もでないし、なんかやっぱり母親的な存在って子供にとって特別で、男性では作れないなにかがあるわけですよ。それがわかると、家事あたりはやんねぇとな…とは思うし、仕事もゴリっとやってそれなりに生活の糧を得ないとなあ…と感じます。

もちろん、女性も自分の身は自分で守れたほうがいいけど、男性ができることってそれくらいなわけですよ。

もし、今ひとりで子育てしろって言われたら、無理だなあ…。母親じゃないとできない「なにか」を常に感じてます(;´Д`A

ほいで1番大事なのは「無償の愛」ですな!これ、実感します。

親になると、誰かのために見返りを求めずになにかする…ということが「当たり前」になります。子供に対して「育ててやっからなんかしろ」なんで言えないし、言ったところで返ってはきません。高校生くらいの反抗期になると「うるせー!」とか言われるかも。それでも、親は子を愛すわけですよね。

それやると、無償の愛を注ぐことに抵抗がなくなります。人に見返りを求めずになんかするときのあの「うーん…」という感じがなくなります。

もちろん、誰でもには無理だけどね!

そうすると、自分の父母はこんなワガママな俺を今でも想ってくれてるのってすごいなと。10代なんて感謝してませんでしたし。よく、それでも愛してくれたなぁと。自分に子供や家族ができることでそれらの重要性が実感できるのが最大の報酬かな。

ってことで、父母よ。俺は現在あなた方のすごさをしみじみ感じてるから、早く一人前の親になれるように、精進するよー!

結婚に価値は感じないけど、子供とか家族には価値を感じる

よく独身の人で「家族は自由がない」「責任とる自信がない」って言ってる人いるけど、子供や家族はもつといいよ。誰かのために生きる…という思考が生まれるよ。今はそう思えなくても子供の笑顔見ると、そう思うから人間はおもしろい!遺伝子にプログラミングされてるんだろうね。

まあ、怪獣だけどね(;´Д`A

俺も、子供は元より家族とかいらない!と思ってたけど、やっぱりいた方が幸せだねぇ。結婚はやだけどw

実際、ひとりで仕事してるときよりも家族や子供がいるときの方が仕事うまくいくし、なぜか収入も上がるのよねー。不思議。サラリーマンの時も今も、子供や家族がいると右肩あがりになるのよ。

綺麗ごとみたいですきじゃないけど、人は誰かのために頑張る方が力出るのかもねー!みんな子供と家族手に入れて「守るプレッシャー」で成長しようぜい。ちなみに家族に関しては男女関係なく全てが共同責任だから、男性だから…女性だから…という考えは、不健康。

ふたりで、子供を守るといいですよ。

昨日の自分を超えてるかい?

って常に自分に問いかけてみる。人と競ったり比べたりすることは多いけど、自分自身と比べたり競ったりする人は少ない。残念ながら、人と比べるのは無意味。だってそいつは自分とは1ミリたりとも同じじゃないから、比べたところでアメンボと人間を比べてるようなもの。規格がちゃいますわ。

でも、自分は自分しかおらん。自分のスペックは自分自身。じゃあ成長たるはなにか。それは過去の自分を超えていくことに他ならないわけですよ。

昨日よりなにかやったか?変わったか?笑ったか?その密度を濃くしていくことが、成長だふ。いや、です。過去の自分を凌駕できれば、それは過去の自分よりも強くなった証拠。それを毎回毎回繰り返すことで、気づけば比べてたあの人も超えてたりする。

他人なんて、見てる場合じゃないっす。競争ではなく、超越したいよね。んで、新ドメインでブログ始めたけど半年で今の俺を超える規企画は、余裕でいけそう。デイリー1000pvを達成したので、時間の問題。ここで年末らへんに15万PV越えれば、過去の井上の倍速になるわけで。

ギアセカンドなわけですよ。そうやって自分を超越していくと、たのすぃーですよん( ´ ▽ ` )ノ

競争は悪い方向にいくと消耗を生むけど、過去の自分を超えていくのは誰も傷つけないし、楽しいもんです!今、まさに誰かとなにか比べて消耗中の人は、他人は別物。人から見た神みたいに思って、スルーすると楽です。成長は、肯定的な自己否定から入り、自分を超越し、自己肯定感を得ていくプロセス。

そこに自分以外のバイアスは、いらん!

ってことで、親知らずを抜いた俺は強くなった。強くなったよ!親知らずは抜くのより抜く間口開けっぱなしにしてアゴが痛くなる方がつらいので、アゴを鍛えとこうと思いました。

ヒキコモリズム井上の過去

明けない夜もないし、暮れない朝もない。今日は、ぼくの過去に触れようと思う。きっかけはこの記事。
http://www.yonosuke00.com/entry/2016/06/23/210000

あとは空港リムジンバス寒すぎておしっこ漏れそうだから気を紛らわすため。で、上の記事読んでほしいんだけど、才能ある人は実は凡人やでって記事。いい記事だから読もう。そこでぼくの記事を引用いただいてるんだけれど、書かれてる通り、ぼくは才能ある属性に見られやすい。

それはそれでありがたいことなのだけれど「井上だからできんだよ。お前に凡人の何がわかる?」と思われると少し悲しい。なぜなら、ぼくは嘘偽りなく、才能がないからだ。むしろ凡人以下だと思ってる。ぼくは過去と未来にこだわらないから、今のインスピレーションしか発言しないし、語らない。ただ、おしっこ漏れそうだから、過去を語ろう。

ぼくに才能がない…と言い切れる理由、それは「挫折がくそ多い」こと。

ぼくは小柄で、かつ病弱で、生まれ持った見た目だとかそういうのはない。小さいころは病室が家。体壊して、それが重症化して、良くなって、また入院して…を繰り返してたのが小さい頃。小学生のときは、ぜんそくなどなどで運動すればすぐヒューヒュー言ってて、サッカーとか上手い人らを校庭のスミから見てるだけの人。

ぼくが唯一病度以上にやれたのは、勉強。ここでいい点とることだけが、当時ぼくにできたこと。お父さんお母さんから褒めてもらえたこと。アトピーで肌がきたなく、運動会の二人三脚では、手を握ってもらえない。

これが小学生の井上。窓際族です。

中学校では、引越した影響で友達がいなく、でも見た目がよくないし、赤ら顔がすごく、話しかける勇気がでず。これまた教室の隅で小説を読む日々。

運よく話しかけてくれた人がいて、友達はできたけど、やはり病弱で運動はついていけない。背は当時135センチ。チビだからモテない。ここでも、勉強することだけが承認欲を満たすツール。だから、県内トップクラスの成績を出すことだけにこだわってた。

中3くらい、やっとぜんそくなどがよくなり、筋肉もついて体が強くなってきた。

ここらへんからテニスに目覚める。今までの反動で、運動が大好きになる。勉強はもう、やんなくてもどこでもいけるから、テニスでプロになるために頑張りたいなって思ってた。でも、親も先生も勉強ばかりしてた俺は「東大にいってどーのこーの」というルートしか考えてない。でも、俺は勉強はもういいやってなってるけど、わかってもらえない。

そんなこんなでテニスを頑張ったけど、高2の夏に現実をみる。

ぼくは当時テニスに関しては県内ベスト8くらいで、日本ランカーでもあったんだけど、ひょんなきっかけで、12歳の中2の全日本トップと試合することになった。結果、ボロ負け。ボロ負けだ。

なにが問題かって、14歳と、17歳なのに、差がないのだ。体格、運動能力などなど。ぼくが運動ができんかった時と同い年の子に、やられる感覚。そこで「なんだか超えられる気がしない異常な壁」を感じた。

ここが、第一の挫折。死ぬほどテニスに打ち込んで、死ぬほど鍛えて、強くなって強くなっても、勝てない壁。そこから今度、大学に入って役者やファッションの世界で頑張る。実は元俳優でして、ドラマなども出てました。ファッションは渋谷歩けば外人に囲まれてスナップショーが始まる感じ。今は落ち着いたけど。

ここでも、四六時中それに打ち込んでメキメキ力はつけて仕事がとれるようになったものの、ある日ひょこっと現れたイケメンに、すべての役を取られてしまった。個性派路線に変えたけど、ガチで半端ない個性派な人にそこは勝てなく、この半端なルックスや個性で、戦えなくて。

どんどん仕事もなくなり、学校もやめてたから、親の援助も受けられず、ブラックサンダーチョコで食いつなぐ19歳。周りは親の金でウェイウェイやってるけど、そこに入れないほど金がない。

だから、もう金を稼いでからこっちに戻ると決意。他で稼げば、金を求めずできるから。そこから、スカウトマンや実演販売、出会い系のサクラなどをやったけど社会経験がないガキなわけで。大人には勝てない。じゃあ、どうしたら勝てるのか?を考えた末出てきたのがこの記事なわけだ。

 >>才能がない奴が結果を出すための方法
どうしたら自分より経験ある奴らを超えられるか?を日々実験して、失敗して、頭下げて、それで一歩ずつ歩いてきた感じ。ちなみに上の仕事入れない出会い系のサクラ以外、フルコミッションだ。サクラは、もうヤーさん系なので、少しうたた寝すると本気のケリが入る。そういう環境。

贅沢?してないしてない。金ないし、明日食う飯も、ブラックサンダーだ。ひとり生活するのがやっと。で、そんな中彼女が久々にできて、元々性欲強いからものすごい勢いでSEXするじゃん。で、子供できたのね。お金ないのに。余談だけど、人間マジでしんどいときって生存本能強くなるのか、性欲すごくなるよね。もう、枯れたけど←

つらいとき下半身だけは元気だったなー。今は、もう、動かない、おじいーさんのーアソコー。はい。

で、子供できたら焦るのね。だから金稼ぐじゃん?それが不動産リーマンなんだけど、初サラリーマンなので、朝決まった時間に起きたりするのとか初体験なのです。そこで「俺はなんと世間知らずだったのか」と思い知らされます。

朝起きれないやつはカス。数字出せねぇ奴はゴミ。てめーの代わりなんか腐るほどいんだよ!

と、もはや俺はゴミなのか?と感じたものです。けっこう頑張ってきた方じゃね?とか思ってたけれど、井の中の蛙。サラリーマン社会で活躍する人って、嘘偽りなくそこらへんのフリーランスより仕事できるよ
で、今度はその100人を超えないと家族食わせられないわけ。だから死ぬほど仕事するよね。研究する。試す。

朝帰りなんて当たり前。強え奴ら超えるなら、時間で勝負する。これしかなかった。残業代なんかない。あるのは歩合。稼ぐか?死ぬか?自分が稼がないと、子供を殺すことになる。

どんなに上司に罵られても、悪くないのにお客さんに土下座させられても、負けない。何度人前で泣いたかな。そのころ歯を食いしばりすぎて、今は左上の八重歯は折れてます。ここまでが夜の時代。そのあと朝がきて、サラリーマン出世街道にのる。

でも離婚ですぐ夜にもどる。

21歳の夏。そこから2年は、またもがき続ける日々。個人事業主として。

ここでも多くの挫折をしたし、危ない経験もした。環境が明らかに恵まれてる奴らは優雅に暮らしてる。親が事業家で、継承してるとかね。運よく波にのっていけた奴とか。つまり、23になるまでほぼ夜の時代だったわけです。4年です。かなり遅咲き。

今はまた朝がきてる。ここ2年間、僕は比較的安息を経験してます。

ここで学んだのは、センスは僕にゃないってこと。運動やビジュアルの世界は超えられない壁は確かにある。けど、仕事とかそういう世界では、どんなに不器用でセンスなくて、努力のセンスもなくても、必ず雲ははれます。夜は明けます、

ぼく自身、相当無駄な努力してきました。それくらいぼくはセンスないのです。

だから、あなたは大丈夫。あなたはもっと早く朝がきます。だからまずは自分は自分を信じて。自信を持ちましょう。才能のすごい人が飛び級で進むのを横目にしつつ。でも、あなたにもそのときはきますから。

明けない夜はない。雲は必ず晴れる。雨は止む。でも、同時に、暮れない朝もない。晴れつづけることもない。

うまくいっても、いつかまた悪戦苦闘する時期がきます。人生そんなもんです。そうやって上げ下げしながら、コンフォートゾーンを高めていくのが人生。ぼくもきっと、また暗黒時代が来るでしょう。でも、怖くない。なぜならそれは終わりがあることを知ってるから。

そして、うまくいっても有頂天になることもない。それにも終わりがあると知ってるから。あなたがつらいときなら、それはいつか終わるから安心してほしい。あなたが有頂天になってるなら、それもいつか終わるから気を引きしめよう。悩んだらぼくにでも相談を。凡人代表として話ききますし、ヒントくらいあげられるはず。

そうやって、ぼくみたいな凡人が、なるべく早く朝を迎えられるような、太陽的な人間になれたらいいね。と、うまくまとまったところで空港着いたので、溜まったもん出してきますw

これからトーキョー。もう疲れた帰りたいよどらえもーん。では、良き花金を。

発信をしよう!

おはようございます!いきなりですけどみんな「発信」してますか?ブログでもなんでもいいんだけど、発信してる?実は、僕のブログサロンの方でこんな人がいます。

  • 某出版社から出版の依頼がきた人(ブログ歴4ヶ月くらい)
  • 某ゲーム会社からインタビュー依頼来て公式サイトにも乗る人(ブログ歴3ヶ月)

ここで注意してほしいのは、決してブログサロンがすごい!とか言いたいのではなくて「発信したらこんなことになってんでー!」ってこと。前回、たった4ヶ月でブログ収益19万円あげた女子を紹介しましたけど、この子含めて半年足らずでこういう機会が巡ってきてるんですよ。半年足らず、ですよ?それも発信を始めたから、ですよ?

これってすごくないですか?僕はすげー!って素直に感動してます。

その人たちは良くも悪くも普通ですよ。まだ有名人ではないです。芸能人でもない。でも、ブログで発信を始めたらなかなか体験できないオファーが巡ってきたわけです。「発信する」ってそんだけ素敵なチャンスをたぐり寄せるってことなんですよ。

それをこの方々のおかげで、実感してます。ほんとに、心からおめでたいなーって思います。毎日毎日発信するということを継続したからこそ。原因と結果の法則に従えば、これはこの2人の継続を種とした、結果です。すごい。

で、これ本気で思ってるんですけど、みんなもったいないなーって。井上目線でいくと、みんなおもしろい人ばかりなんですよね。僕なんか存在感ない方ですよ?なんせ引きこもりですし。家で仕事して、子育てしてるだけだし。変なカリスマ性もないっす。けっこう平々凡々なのです。すげー体験もないしね。現に僕にはそういうオファーはきませぬ。

でも、みなさんはすごい個性があるんですよ!マジで!たぶん僕なんかより、はるかに個性的で魅力的で。でも「自分のこんな経験なんか大したことない」と自分で思い込んでるだけなんですよね。そんなことないんですよほんとに!たぶん、それ発信したらなんかありますよ。これマジで。絶対はないけど、なんかある可能性大です!

ブログでなくても、SNSでもいいんですよ。なにかで発信するってことが大事。今、ぼくがこうやって発信してるようにね。ぼく自身も、これを続けてるから、今食えてるわけです。平々凡々な井上でこれくらいはできるから、個性的なあなたならマジンコできますよ!

井上の過去とか聞いたらほんっとにダメダメな子供でしたから!今はそうは見られないけど、元々人前に立つだけで泣いてた人ですよ。そんなやつでも、そして平々凡々なやつでも、発信することで今があるわけですよ。

もし、あなたが発信を続けたらそれこそ、書籍、インタビュー、メディア出演オファーがくる可能性は高いです。ましてや、それがしっかりやれば半年足らずで叶う可能性がある!って、夢ありません?今回、このおふたりのことを見て「発信するって大事やな」って実感できました!

発信は無料でできます。その無料の発信から、チャンスが巡ってきます。あなたは魅力的です。あなたに魅力がないのは、あなたがそう思い込んでるだけ。あなたに魅力がないという人は、自分の魅力のなさを隠したいだけ。ぜひ、発信を続けて見てほしいですね。きっと、なんかあるよ。

目に見えるものがすべてではない

目に見えるものだけがすべてではないってことが書かれたいい記事を発見!
http://www.junyamada.net/entry/nihon_mazushii

最貧国であるバングラデシュから書いている記事です。さて、貧困って何でしょう?

  • お金のないこと?
  • 時間がないこと?
  • 産業が発達してないこと?

いろんな定義があるけれど、僕の中では「幸福感を持ってるかどうか?」です。

バングラデシュの人の笑顔は、お金はないけど曇りもありません。日本の人の笑顔は、お金はあるのに曇ってます。目が笑ってない人多いよね。もちろん、全員がじゃないですよ!

ここに「貧困とはなんなのか?」の答えがあると踏んでいます。正直、日本ってどうみても豊かなのにも関わらずこんな感じで幸福感を感じてない人が多い。

  • もっと豊かになりたい
  • 夢を叶えないといけない
  • 好きな仕事ができてない

でも、日本人ってベースがそもそも豊かで、夢を叶える下地もあって、好きな仕事を選ぶ自由もあるんですよ!もちろん、なにも選べない境遇に生まれながらにある人もいます。世界にもごろごろいます。が、日本ってその数は少ないと思うんです。だってみんな、今日食べるご飯あるでしょ?

ぼくらは選ぶ自由があって、選ばない自由も基本的にあります。つまり、幸せである自由があるわけです。そもそも、自由であるわけです。

経済的貧困にあえぐバングラデシュの人の笑顔がそれでも曇りがないのは、目に見えるもので判断してないからだと言えます。でも日本人は目に見えるものに幸福感を感じるあまり、必要のないものにいつまでも憧れて、消耗して、そもそも持ってることや自由であることに気がつきません。豊かなのに、さらに豊かになるために常に飢餓感を感じ、人と比べ、焦燥してます。

日本人が貧困であるのは、そういうことである。という結論に至りました。

ぼくらはそもそも自由で豊かです。たぶんあなたが変な飢餓感があるとすれば、それはもっと豊かになりたいと思うが故に焦燥して、消費してるだけ。もっと稼ぎたくて高い金払ったり、もっと綺麗になりたくて高い化粧品買ったり。なにかに憧れてる故にそうなるわけで。

ぼくらはそもそも豊かで、そもそもきれい。

普通に歩いてて肌は真っ黒くなることもないし、明日食う飯に本気で困ってる人っています?あんまいなくない?痩せたいっていう人、そこまで太ってる?そう思い込まされてない?誰かと比べてない?まずは、今日もうまい白米が食えて、雨風しのぐ家があることがいかに幸福なことかを感じられると、すごく幸せですね*\(^o^)/*

1度、ブラックサンダーチョコ(50円)だけで数ヶ月食いつないでみてください。今日、今、米と味噌汁が飲めることがどんなに、どんなに幸せなことかがマジで感じられますよ。笑

1度何日も風呂に入らずに過ごしてみてください。ぼくは東日本震災のときに2週間、現地の方の気持ちに少しでもなるためにやってみました。今、家に水が流れてきて、シャワー浴びれることがなんと幸せなことか、感じられますよ!ぼくらはそもそも豊かで、満たされてるんです。ぼくらが「満たされてない」と感じるのは、ただの思い込み。

これは、真実です。ぼくは大した金もないし、名誉も人望もないけど、毎日幸せ。必要なものは揃ってると思える余裕を持てるといいね!

出来ないことはできないのではなく、やってこなかっただけ。わからないことも、わかろうとしなかっただけ。

と、常々思います。

オンラインでもオフラインでも、いろいろな人と関わるとよくある現象というか言葉?なんだけど「それわからないので、できません」。結構、わからないからできないの…で自己完結してることが多い。もちろん、自分に一切関係ないならいいとして「自分がやろうとしてることに必要なのに」それは、よくないよなって(;´Д`A

例えばブログでどーのこーのしたいのに「タイピングが苦手なのでできません」と言ってては本末転倒。そこで「じゃあ、どうする?どうすれば解決する?」と考えることが大事なんだけど、これって意外とできない人が多い。

  • タイピングが下手なら、タイピングしないで文章を書く方法は?
    →音声入力があるよ
  • タイピングがうまくなる方法は?
  • そもそもテキストじゃなくて動画でビデオログじゃダメなの?

などと、よく考えるといろんな選択肢や解決法があるんです。でもそれって、調べるとか、そういうアクションがあるから知ることができます。つまり、わかろうとしてるか否か?が大事なんですよね*\(^o^)/*

わかろうとしてれば、答えはガチでやってきます。でも、わかろうとしない人は、いつまでたってもわからん連鎖。人に聞くでもいいけど、わからないこと、そのままにしてない?という話。全く自分に関係ないことはそれでもいいけど、関係あるならわかるようになろうと。

例えばぼくはシステム構築はできないし、わかりません。けどそれは使わないからいいんです。でも、ブログデザインの構築はまったくわからんかったけど、少しずつ調べて、テストブログでコードいじくって、どんな風になるか確認して、どこがどう反映するのか?を随時テストして、わかろうと努力したから、今はある程度いじくれるようになりました。

もちろん、ゼロからサイト構築はさすがに無理だけどw

でも、まったくデザインいじくれなかったぼくが、コードみて検証して…を「できる」ようになったのは「わかる」努力をしたからに他ならないわけで。最初は当たり前だけどコードも色もすべて謎でしたよ。でも調べながら、検証しながらやって、理解してった。そういうプロセスはガチで大事。

日常に、常に「なぜ?」をもち「なぜ?」と感じることを大事にして「なぜ?」のままで放っておかない。

これ大事ですよ!世の中のわからない、できないことすべては、自分がなぜ?をなぜ?のままにしてきた結果です。生れながらにして、すべて知ってる人はいないから、どこかで差が生まれてるわけですよ。わからないできない病が深刻な方は、まずひとつなにかをわかるように動いてみることをおススメします。

出来る人が近くにいるなら任せるのも手ですけどねw

ということで4ヶ月ぶりに髪の毛きるぞおおおおおお!楽しみ!

日本人よ、シエスタしようぜ?

日本国民全員がシエスタの文化を採用すれば、もっとストレスフリーな世の中になるよなーと昼寝をするようになってから常々思う(_ _).。o○

働き詰め、夜も止むことはない電気じゃ、人のメカニズム的にしんどいよね(_ _).。o○

朝早く起きて、午前に仕事とかしたら自然と眠くなるもん(_ _).。o○
会社も、1時間くらいシエスタを採用したら社員の生産性あがるよ(_ _).。o○

在宅勤務も導入したらもっとあがるよ(_ _).。o○
オフィスワークほど、生産性さがるものはないよ。
ということでおやすみなさーい(_ _).。o○

うまくいく人といかない人のたった一つの違い

いや、ほんとにこれって単純なんです。でも、単純ゆえに全然理解できてない人が多くって、勝手に折れていきます。

それがなにか?「いまやってることで発生した報酬に熱狂すること」ですよ。

なんでもそうだけど、いきなり大きなお金を手にれることはできません。そんな都合よく世の中できてない。絶対に最初は「コツコツと」積み重ねる必要があるわけです。そしてその間に発生するお金はそれもまた、小銭でしょう。100円かもしれないし、3円かもしれない。
多くの人は、ここに熱狂できません。

「あー100円しか儲かんなかった」とうなだれて、やってられなくなって離脱していきます。それも数ヶ月程度で。人は楽したい生き物だから、それが当たり前なのかもしれません。でも当たり前ってことは、それは8割の凡人の仲間入りをするってことです。

数ヶ月程度の小さい努力で、大きな成果を誰もが得られる世界ならば、貧困なんてものはこの世にはないでしょう。それはわかってるのに、人は「じぶんだけは違う」と思いたい生き物です。
こういう人はうまくいきません。

うおおおお!マジか!100円入った!!!!!

ぼくがブログだとか、FXだとかではじめてお金をいただくことができたときの気持ちです。
たった100円。たった100円だけど、それはとても輝いていた100円でした。とてもうれしかったし、熱狂した覚えがあります。たった100円ですが、その100円はのちに化けます。

ここで大事なのは「今までやってこなかったことで、お金にもならなかったことがお金になった瞬間だった」ということです。そこでぼくは確信しました。「あ、いける」と。あとはその100円×A個のAを多くするか?100円に0を何個か増やせばいきていける!と。

この、この感覚です。

ぼくは自分はセンスない属性だと考えていますが、この「考え方」においてはすごくセンスがある自信があります。目先の数字にとらわれず、そこから将来性を見抜く目だけは、優れていると。

そして今では人にいろいろ教えたりする立場となっているけれど、やっぱり「うおおお!いける!」と捉えられる人は成果がでていますし、早い。

逆に「こんなにやってるのにこれしか…」と捉えてる人は成果は出ないし、遅い。かつやめていく。これはだいたい当たります。でもその「こんなにやってる」ってのは自己裁量でしかなく、客観視したら「え?そんだけ?」だったりします。同時にそれでもお金が発生したことに対しての感動するような感性がないため、自分の努力を無駄だと「思い込む」わけですね。

その先に金脈があるのに…

でもうまくいく人は「これならもっとこうすればいける!!」と捉えるわけです。つまり目先の結果への捉え方のスタンスの違い。ここがたったひとつの、決定的な違いです。

だからもしあなたが、今やってることがあるなら、もしそこでなにかしらの成果がでたときは、その大小問わず「うおおおお!キタコレ!!」と捉えることをおすすめします。

可能性のないところには、それを発掘する努力ないところには成果は降ってきません。それが金であっても金でなくてもそう。その成果の大小ではなく、成果がでたことに感動してみよう。ぼくはそれで、いろんなことで食うに困らない成果を出し続けています。

負債はとっとと精算するが吉

奨学金を一括返済するということをしてみました。
いっぱいお金減ったつらいwwお金ないから稼ぎます。奨学金たけえなオイ。
そこで気づいたことがあるので、コラムを。

負債はとっとと返済しよう

負債って見えざるコストでして

  • 借金
  • 売掛金

などのことをいいます。そしてこれは、分割返済してればOKと思われがちだけど、ここにさらなる見えざるコストがかかります。それが「利子」ですね。
この利子がやっかいで、本来返すべき金額をどんどん倍増させやがります。

奨学金の例

ぼくの奨学金は200万円くらいでして、利子が年1.5%です。ってことは払い切らない限り年2~3万円ずつ増えていきます。

で、それってなんの価値も産まない無駄ガネなわけですよね。で、返済を10年とかかけてするとなると、 合計30万円以上の無駄金を払うこととなります。これは超もったいないコストです。

これを払い続けるのはナンセンスだなーと思いました。

財務諸表の意識をもつこと

たとえば、今一括返済せずに手元にそのお金を残す選択肢もあります。

その場合、今使えるキャッシュがあるから「お金増えてる感」がありますよね。口座からは減らないし。

でもそれは通帳の世界の話で、財務諸表や賃借対照表に落とし込むと、負債がある状態です。この差引きが純資産となります。その場合、手元に200万円近いキャッシュが残っても、負債がある時点で結局それは「資産ではない」ということになります。

つまり通帳に200万円しかないのに負債が400万円ある場合、sれは実は「-200万円」の資産しかないってことなんです。それってつまり「実質破産してる」ってことなんですよ。

この感覚で家計をみてみよう

手元にあるキャッシュではなく、資産と負債を差引きした残りがあなたの生きた金です。
この感覚で見ると、自分の懐具合がいやでもわかります。

  • 負債の方が多ければあなたはかつかつだから、それで高い買い物してるのはナンセンス
  • トントンの場合はここからいかに増やすのか?
  • 資産が上回ってる場合は、負債を増やさないこと

かくいうぼくもフリーランスなりたてのころは、負債だらけでした。たぶん400万円は負債あったかな。で、実質破産状態だったわけです。でもこの感覚を持ってから

  1. 稼いで収入を増やす
  2. 支出をとことん減らす
  3. 上記2店の乖離を大きくする(可処分所得増加)

を綿密に考えるようになりました。で、今回の奨学金返済でぼくの負債は0円となりました。ってか完全奨学金忘れてたっていうね。残るは純資産となるわけなので、あとはこれをいかに増やすか?の問題となります。あとは生きた金になるわけで。

これはお金でもそうですが、人間関係もそうです。負債となりうるものはどんどん切ってしまった方がいいですね!

評価経済社会に関して最近考察してる。

評価経済社会とは、いわゆるフォロワーの多さ=豊かさ…ということ。これは今みたいにソーシャルが発達してるから、そうなってるのは理解できる。

これがあるから、一般人が輝く…ってのもわかる。それはいいことだ。youtuber、インスタグラマー始め、個人の発信がしやすくなったからそうなるのと当たり前。ぼくもブロガーとして動いてるから、その恩恵は受けてるしね。

ただ、ぼくはこれに危険性を感じてる。3種類のね。

ひとつは、評価経済は紙一重ってこと。

これはネットの炎上などでありがちなんだけど、昨日まで評価経済的にはプラスだった人が、ひょんなきっかけで評価が逆転してしまうこと。

タレントの不倫問題や、発信者の炎上が一人歩きして、いろんな余計なもんをつけて本人の知らないところでよくわからない評価に発展する。

それで死ぬ思いする人もいるわけだ。そしてその現象は、別の個人や団体によって恣意的に作ることすらできる。

評価とはファジーなもので、評価する側の気分、都合でどうにでもなるし、それはある種マインドコントロール的に動かすことはたやすい

ふたつめは、評価する側のバカ化問題。

人間の意識は単純で「ほぼ思い込み」でできてる。

そして自分の捉えたい方向な捉えるようにできてる。意外と人間の意識はバカなんだよね。表面上、イケてる「風」の人がネット上にいたら、基本的には、その人はイケてる人だ…と「思い込む」。そしてその思い込んでる人が多数になると、盲目的になる。「え、こんなたくさんの人が賞賛してる人なんだから…」と。

つまり、思考停止状態に陥るわけだ。
そして、それも発信者側が恣意的に作ることができる。なんの中身もなく、経験もないのに「経験ある風」の風貌、発信、活動だけを切り取っておくことで、その一部だけをビューワーに刷り込むことができる。

あとは思い込みバカ連鎖が起きて、神格化されていく。「中身はないのに」だ。これはなんのご利益も期待できないのに、神具を買うのと同じ。思い込みで、ツボを買うのと同じ。つまりバカによるバカのためのバカマーケティングができてしまうということ。

ぼく含め、人間はバカなのだ。だからぼくは、あまり一部を切り取っていい顔はしないようにしてる。それで群がる人たちは、ただの幻想に夢見てるバカだからだ。

アイドルが純真で、ヴァージンで、自分を大事だと勘違いしてるアホと同じだからだ。

そういう人は、ボロが出た瞬間すぐに手のひら返す。同時に演じてる発信者側も、都合が悪くなると消える薄い奴がおおい。

最後は、評価経済を気にするあまりに本来の自分と乖離しすぎて消耗すること。

評価経済はマーケットありき。逆に、マーケットが求める自分を演じれば売れるとも言える。でも、一度そこにてを染めると「演じ続ける」ことになる。

本当はゲスなのに、真面目キャラで売れると、そのギャップに自分が消耗する。なぜか?本来の自分を出せなくなるからだ。それは半端ないストレスだよ。それで精神的に死ぬ人もおおいわけだよ実際。

この評価経済社会で生きるコツはふたつ。

  1. 素の自分を魅力とする
  2. または評価経済社会の自分を素にする

だ。②は相当なメンタルがあるか?鍛錬が必要だ。演じてる自分に追いつかせるわけだからね。ぼくは①だ。素の自分が評価されればぼくは素の自分でいられるし、それに集まる人に対してもそうだ。素の自分がそもそも魅力的になればいいのさ

LINE@マガジンが役に立ったらぜひともシェアを!

ぼくのLINE@マガジンが役に立ったらぜひともシェアしてください。泣いて喜びます。シェアの方法は簡単。以下の記事にアクセスいただき、記事中のシェアボタン(Twitter、Facebook)からシェアいただけばと!

>>ヒキコモリズム無料LINE@紹介記事(この記事をシェアしてね!&登録もこちらから!)

どうぞよろしくします!

月額980円でブログ集客とマネタイズが学べるオンラインサロン「ブログガレージ」

「集客」はビジネスの要。そしてブログは数あるWEBメディアの中でもっとも集客しやすく、資産にしやすいメディア。

ブログガレージでは集客やマネタイズ戦略に特化したブログ運営が学べるオンラインサロン。たったの月額980円。

すでにブログで脱サラした方や、出版が決まった方がいます。もちろん、表現ツールとしてのブログ運営も学べる!