最近、創作意欲が豊富なヒキコモリズム井上だ。どうもどうも。

さて、ブログやサロンに…といろいろやってるぼくだけど、noteのマガジンを発行することにした。ただしくは、いろんなテイストでnoteのマガジンをやってきたけど、最終形態にたどり着いたのでここに記す。

  1. ただのエッセイ
  2. 役に立つ系マガジン
  3. 動画番組
  4. ラジオ番組

という歴史をたどってきたんだけど、やっと、やっとスタンスが固まった。今後はこのマガジンは「裏ヒキコモリズム」としてヒキコモリズムが表側ではあまり出せない、やれないことをやっていこうと思う。今購読すると、過去の動画や音声も全部みることができる。(そのうち消します。)

さらに、12月中に購読すると「無名でもnoteは使える!知名度がなくてもできる戦術と戦略」という有料コンテンツ(1,480円)をプレゼント!これは来月には削除するのでお早めにどうぞ。

裏ヒキコモリズムではなにするの?

ここだけの話、ぼくはブロガーと認識されてるんだけどブロガーじゃない活動の方が比率としてでかい。投資家としての一面もあるし、いろんなことをやっている。何屋?と聞かれたら「わかんない」と答えてるくらいだ。ただ確実にいえるのは、稼ぐことばかり考えてるよってこと。

ぼくは稼ぐことが大好きで、常にそればっかり考えてると言っても過言ではない。でもそれはあまりブログには出さない。こっそりやるのが好きだからね。

  • どうすればビジネス以外でお金が稼げるのか?
  • どういう戦略でお金を生み出しているのか?
  • 実際ブログのことをどう考えているのか?

などなど、あまりブログには公開しない(しにくい)お金お金した内容を書いていく。

主にこんな内容を書くよ。

ざくっと書くジャンルをまとめておく。

  • ビジネス論
  • ブログ論(主にマネタイズ戦略部分)
  • 資産運用系の話
  • 金融の話
  • お金そのものの話
  • こんな稼ぎ方ありじゃない?な話。

など、まあ稼ぎたい人には大好物な情報を配信する予定だ。毎月のぼくの収支がみれるのもここだけだ。ブログにも書くような役に立つコンテンツに加えて、あまりパブリックには書きにくいことも書こうと思ってる。

オリジナル連載もあり

これは2017年のぼくのテーマなんだけど、電子書籍をいくつか出版する予定だ。それに絡めて、小説やビジネス書系の作品などを連載する。今までのコンテンツのリサイクルもあるけど、完全書き下ろしも作る予定だ。すでにメモにタイトルリストも作成した。

この書籍がリアルタイムで先に読めるのも、ここだけだ。

不定期でゲストがくる!

できれば月間でやりたいけど、ぼくだけではない外部の人を招いてその人にしかできないコンテンツを配信していただく。その人単独の記事もあれば、交換日記もあり。ラジオも可能であれば収録予定だ。

2016年12月はoutward martrixのshinさん

Outward matrixというブログを運営してるshinさんだ。外資系企業に勤務してる現役のコンサルタントだ。もう完全にできる人だ。書籍の出版依頼なんかもきてしまうレベルの。そんな方がきてくれる。普段は勤務されてる方なのでおそらく土日メインの更新になるはずだ。

13092102_116565785414682_6920166882692487014_n

1月と2月も、すでに候補は決まっている。いろんな人のコンテンツが配信されるような、ちょっと二度おいしいマガジンにしたい。

まとめるとこんなことやるよ

  • ヒキコモリズムらしいお役立ちコンテンツ
  • まさに裏といわんばかりの本音トーク
  • 金くさい、稼ぎたい人は大好物な話
  • たまの音声、動画
  • 連載
  • ゲストによる記事提供
  • ゲストとの交換日記
  • ゲストとのラジオ

なるだけ充実させていきたいと思っている。

裏ヒキコモリズムはこんな人におすすめ

  • ヒキコモリズムと仲良くなりたい
  • ブログでは見れないヒキコモリズムを見たい
  • ヒキコモリズムの持ってる情報や知識をより深堀りしたい
  • 在宅で稼ぐコツを知りたい
  • ヒキコモリズムに質問や相談をしたい
  • サロンに入るのは怖いけど、絡みたい
  • 効率よく成長したい
  • 暇つぶしを探してる
こんな人はこないでください

ヒキコモリズムは自由に発信をしたい。自由ゆえつっこんだ話も確実にしてしまう。だから、こういう人は来ない方がお互いのためだ。

  • お金払ってんだから!というお客様精神の人 (代金以上の価値は提供してる)
  • 被害者意識の高い人。生かすも殺すもあなた次第だ。
  • ヒキコモリズム井上に共感できない人、嫌いな人
  • ネットリテラシーの低い人 (発言に過剰反応するタイプの人)

参加料金

月額500円(初月無料)だ。

スタバのソイラテ一杯分にした。これで上にあるようなコンテンツが見れるわけだから安い。毎日配信したとしたら1日当たり16円程度だ。

よもやぼくは儲からない。それでもやるのは、単純にそういうラフなコンテンツ配信がしたいからだ。

なぜ、たったの月額500円、しかも初月無料でやるの?

上記のように、1日あたり16円ほどしかかからない計算。それをいうと「なぜそんな安くやるのか?」と疑問に思うはず。

ぼくはこのマガジンでは、役に立つことはもちろんだけどあんまり気張ることのないような発信をしたいわけで。なんせエッセイなども書くから実利がないことだってあるはず。人によってはおもしろくないどころか1円の価値すら感じないかも。だから、無駄に高額でやるとぼくもストレスなんだ。

もちろん、数千円いただいても問題ないレベルの話もする。でも、それをいただくと楽しくできる気がしないから(気軽に話の脱線などできない)から、月額500円なんだ。こちらは好きにやるから、あなたも好きに生かしてほしいってノリ。

ただ、いろんなところで書いてるが無料はお互いのためにならない。まずやる気がおきないし、視聴者としても活用しなくなる。無料でもらった本は読まないでしょ。

裏ヒキコモリズムのまとめ

◯参加費用:月額500円 (初月無料)
◯参加方法:ページ内の赤いボタンをクリックするとnoteの購読画面に飛ぶので、右上の「月額500円」という緑色のタブをクリック。決済画面へ飛ぶ(クレジットカード決済かキャリア決済)。決済後、過去ログ含めて視聴できる。
◯その他質問や相談:お問い合わせフォームよりお問い合わせいただくか、ツイッターのメッセージまで。

裏ヒキコモリズムの購読方法まとめ

IMG_1915
  1. ページ内の赤いボタンから購読画面に飛ぶ
  2. 上記画像のようなnoteマガジン購読ページにて、右上の「月額500円」をクリック
  3. 決済して完了。「はじめに」という記事をチェック!
  4. 専用LINE@に登録(お知らせが届く。質問相談もOK。)

これだけでOK!

配信主:ヒキコモリズム井上

15784825_1344899302239463_267934123_o

1991年生まれ。「在宅ノマドになって家庭と仕事を両立させる生き方を作る」をテーマに活動するプロ引きこもり。外出は週1。

大学生の時、電車にいる人が疲れた顔をしてることが多いのを見てから漠然とテンプレ通りの人生に疑問を持つ。そのあと役者、実演販売、結婚を機に不動産ベンチャーの役職に就き、1日18時間ものブラック労働を経験。仕事ばかりの毎日が原因で離婚。

離婚をきっかけにサラリーマンを辞め「どうしたら家庭と仕事を両立できるか?」を考え、実践。そこで「プロとしての引きこもり=在宅ノマド」という生き方にたどりつく。自分の強みを仕事にしてネットで集客や販売することが得意。

2013年よりフリーランスとして仕事をし続け、趣味のように移住している。1年で2回移住。そろそろ日本から出たくなってきた。

Q&Aコーナー

最後によくありそうな質問をまとめる。ぜひ参考にしてほしい。

Q1. 他に費用がかかることは?

基本的にはない。もしオフ会などを開催する場合は別途参加費がかかる可能性がある。

Q2 . 銀行振込での参加はできない?

無理です。すみません。

Q3. 参加方法は?

  1. ページ内の赤いボタンから購読画面に飛ぶ
  2. 上記画像のようなnoteマガジン購読ページにて、右上の「月額500円」をクリック
  3. 決済して完了。「はじめに」という記事をチェック!
  4. 専用LINE@に登録(お知らせが届く。質問相談もOK。)

Q6. 他に相談したいことが…

お問い合わせフォームよりお問い合わせいただくか、ツイッターのメッセージまで。

免責事項 / 規約

利用規約この利用規約(以下,「本規約」といいます。)は,ヒキコモリズム井上(以下,「マガジン運営者」といいます。)がnote月額マガジンで提供するサービス「裏ヒキコモリズム」(以下,「本サービス」といいます。)の利用条件を定めるものです。登録ユーザーの皆さま(以下,「ユーザー」といいます。)には,本規約に従って,本サービスをご利用いただきます。

第1条(適用)

本規約は,ユーザーとマガジン運営者との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されるものとします。

第2条(利用登録)

登録希望者がマガジン運営者の定める方法によって利用登録を申請し,マガジン運営者がこれを承認することによって,利用登録が完了するものとします。 マガジン運営者は,利用登録の申請者に以下の事由があると判断した場合,利用登録の申請を承認しないことがあり,その理由については一切の開示義務を負わないものとします。

(1)利用登録の申請に際して虚偽の事項を届け出た場合

(2)本規約に違反したことがある者からの申請である場合

(3)その他,マガジン運営者が利用登録を相当でないと判断した場合

第3条(利用料金および支払方法)

ユーザーは,本サービス利用の対価として,マガジン運営者が別途定め,本ウェブサイトに表示する利用料金を,マガジン運営者が指定する方法により支払うものとします。 利用料は日割計算をしませんので、月途中に本サービスの利用契約が成立または終了した場合でも、1ヶ月分の利用料をお支払いいただききます。 会員からの申し出がない限り、会員資格の有効期間が終了した翌日になった時点で、自動更新が続きます。更新は1ヶ月スパンで、毎月月初に更新されます。

例えば、6/1に月額決済の申し込みした場合、ちょうど一ヶ月後の7/1に自動更新されます。6/16に決済した場合でも、7/1に自動更新されます。これは翌月以降も同じです。 6/19に初めての決済をした場合、6月末までにキャンセルすれば7月以降のマガジン費用は決済されません。翌月以降の自動更新もなされません。

自動決済をキャンセルした場合は、キャンセルした月の末日から退会していただきます。例えば、9/10に自動決済をキャンセルした場合は、9月末以降マガジン内にいられなくなります。その際は、ユーザー自身によって、退会処理をすることになります。

ユーザーが利用料金の支払を遅滞した場合には,ユーザーは年14.6%の割合による遅延損害金を支払うものとします。またいかなる理由でも利用料金の返金は不可となります。

第4条(解約方法)

本サービスの解約の際は、ユーザー自身のnoteアカウントから解約手続きを行ってください。

第5条(禁止事項)

ユーザーは,本サービスの利用にあたり,以下の行為をしてはなりません。

(1)法令または公序良俗に違反する行為

(2)犯罪行為に関連する行為

(3)マガジン運営者のサーバーまたはネットワークの機能を破壊したり,妨害したりする行為

(4)マガジン運営者のサービスの運営を妨害するおそれのある行為

(5)他のユーザーに関する個人情報等を収集または蓄積する行為

(6)他のユーザーに成りすます行為

(7)マガジン運営者のサービスに関連して,反社会的勢力に対して直接または間接に利益を供与する行為

(8)宗教活動または宗教団体への勧誘行為

(9)営業、宣伝、広告、勧誘、その他営利を目的とする行為(マガジン運営者の認めたものを除きます。)、性行為やわいせつな行為を目的とする行為、面識のない異性との出会いや交際を目的とする行為、他のお客様に対する嫌がらせや誹謗中傷を目的とする行為、その他本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為。

(10)過度に暴力的な表現、露骨な性的表現、人種、国籍、信条、性別、社会的身分、門地等による差別につながる表現、自殺、自傷行為、薬物乱用を誘引または助長する表現、その他反社会的な内容を含み他人に不快感を与える表現を、投稿または送信する行為。

(11)その他,マガジン運営者が不適切と判断する行為

第6条(本サービスの提供の停止等)

マガジン運営者は,以下のいずれかの事由があると判断した場合,ユーザーに事前に通知することなく本サービスの全部または一部の提供を停止または中断することができるものとします。

(1)本サービスにかかるコンピュータシステムの保守点検または更新を行う場合

(2)地震,落雷,火災,停電または天災などの不可抗力により,本サービスの提供が困難となった場合

(3)コンピュータまたは通信回線等が事故により停止した場合

(4)その他,マガジン運営者が本サービスの提供が困難と判断した場合、マガジン運営者は,本サービスの提供の停止または中断により,ユーザーまたは第三者が被ったいかなる不利益または損害について,理由を問わず一切の責任を負わないものとします。

第7条(利用制限および登録抹消)

マガジン運営者は,以下の場合には,事前の通知なく,ユーザーに対して,本サービスの全部もしくは一部の利用を制限し,またはユーザーとしての登録を抹消することができるものとします。

(1)本規約のいずれかの条項に違反した場合

(2)登録事項に虚偽の事実があることが判明した場合

(3)その他,マガジン運営者が本サービスの利用を適当でないと判断した場合 マガジン運営者は,本条に基づきマガジン運営者が行った行為によりユーザーに生じた損害について,一切の責任を負いません。

第8条(コンテンツに関する権利)

本サービスを利用してコンテンツを投稿するユーザーは、マガジン運営者に対し、当該コンテンツが第三者の権利を侵害するものでないことを保証するものとします。 本サービスを利用して投稿されたコンテンツの著作権その他一切の権利は、当該コンテンツを創作したユーザーに帰属します。

マガジン運営者は、ユーザーが投稿するコンテンツを、本サービスの円滑な提供、マガジン運営システムの構築、保守、メンテナンスに必要な範囲内で、使用及び改変することができるものとします。 マガジン運営者が提供する継続課金型のサービスについて登録ユーザーが退会ないし継続課金の解除を行った場合、当該登録ユーザーが当該サービスを利用する権利は、既にダウンロードされたコンテンツの利用に関するものを除き退会時に即時喪失するものとします。

本サービスによって提供されるコンテンツに関して、著作権者の許諾なしに転載・引用する行為は、マガジン運営者の明示的な許諾がある場合を除いて、サービスの特性上強く禁止させていただきます。

第9条(免責事項)

マガジン運営者の債務不履行責任は,マガジン運営者の故意または重過失によらない場合には免責されるものとします。 マガジン運営者は,何らかの理由によって責任を負う場合にも,通常生じうる損害の範囲内かつ有料サービスにおいては代金額(継続的サービスの場合には1か月分相当額)の範囲内においてのみ賠償の責任を負うものとします。

マガジン運営者は,本サービスに関して,ユーザーと他のユーザーまたは第三者との間において生じた取引,連絡または紛争等について一切責任を負いません。

第10条(サービス内容の変更等)

マガジン運営者は,ユーザーに通知することなく,本サービスの内容を変更しまたは本サービスの提供を中止することができるものとし,これによってユーザーに生じた損害について一切の責任を負いません。

第11条(利用規約の変更)

マガジン運営者は,必要と判断した場合には,ユーザーに通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。

第12条(通知または連絡)

ユーザーとマガジン運営者との間の通知または連絡は,マガジン運営者の定める方法によって行うものとします。

第13条(権利義務の譲渡の禁止)

ユーザーは,マガジン運営者の書面による事前の承諾なく,利用契約上の地位または本規約に基づく権利もしくは義務を第三者に譲渡し,または担保に供することはできません。

第14条(準拠法・裁判管轄)

本規約の解釈にあたっては,日本法を準拠法とします。 本サービスに関して紛争が生じた場合には,マガジン運営者の在住地を管轄する裁判所を専属的合意管轄とします。

以上

月額980円でブログ集客とマネタイズが学べるオンラインサロン「ブログガレージ」

「集客」はビジネスの要。そしてブログは数あるWEBメディアの中でもっとも集客しやすく、資産にしやすいメディア。

ブログガレージでは集客やマネタイズ戦略に特化したブログ運営が学べるオンラインサロン。たったの月額980円。

すでにブログで脱サラした方や、出版が決まった方がいます。もちろん、表現ツールとしてのブログ運営も学べる!