税理士による個人事業主のための確定申告&節税個別サポート、ついに開始!

個人事業主3年目のヒキコモリズムだ。どうも。とうとう、待望のサロンを作ることができた。それが税理士法人小山ミカタパートナーズ様とコラボしてつくったこのサロンだ。個人事業主が、確定申告のコツと節税について学べるオンラインサロン。最新の税制の情報のシェアなどもする。もちろん、法人も対応可能

顧問を雇うのはまだキツイけど、自分でなるべく節税しながらしっかり確定申告をしたい!そんなあなたにおすすめなのがこの「コジサポライト」だ。月額たったの3,980円。顧問を雇うには月額20,000円〜が相場だから、相当お得。たったこれだけで、あなたの確定申告と節税をプロの税理士にサポートしてもらえる。

  • 税理士にLINE@で確定申告や節税の個別相談ができる
  • 税務を学べる会員限定メディアにて最新の税務情報をシェア
  • Facebookグループもあり
当サロンは個別サポートが主体になるので、オンラインサロン形式で運営していますが、個別LINE@相談がメインとなります。税金絡みの話ですので、プライバシー重視にするためです。

ぼくら事業主は、稼ぐだけではダメだ

とくに独立したての事業主は、稼ぐことばかりに目がいく。

最初はそれでもいいんだけど、事業主はサラリーマンとちがって税金が源泉徴収されない。つまり、売り上げー経費ー生活費ー税金=本当の意味での利益になるわけだ。経費と生活費は計算にいれるだろうけど、この「税金」という存在を忘れてしまう。

だから、決算のときになって税金でがっぽり持って行かれて資金がショートする、余裕がなくなる…なんてことが起きる。それで廃業を強いられる法人も、個人事業主もとっても多い。なぜなら税金は非免責債務だからだ。「払えないから払わない」が通用しないのだ。

だから、ぼくらは商売をするならしっかり「税金」というものを学ぶ必要がある

攻めるのは簡単だ。稼ぐことはある程度やってれば、コツもつかめる。収益も安定してくる。

でも、次に問題になるのがこの「守り」という部分だ。攻めるだけで一切守りをしない事業主のなんと多いことか。でも圧倒的な攻めは、守りが固いからこそできるのだ。ディフェンダーやキーパーのいないサッカーチームは絶対負ける。カウンターをくらったら終わりだからだ。

攻めは最大の防御というけれど、違う。守りが最大の攻撃なのだ。しっかり守るから、しっかり攻めることができるんだ。お金は収支含めてお金なのだ。稼ぐことしかできない事業主はアマチュアなのだ。

あなたが本当にプロの事業主として食べるだけでなく、食べ続けたいのであれば税金に関してしっかり理解しておく必要がある。正しくお金を理解する人は、ただしくお金を生むことができる。

事業主として3年いきてきたぼくは、酸いも甘いも体験し、この考えに至った。何度もいうけれど、稼ぐだけではダメだ。税金は納めないといけないものだから、なにも知らないというのは、航海術をしらずに大海原へでるようなもの。大波にのまれてジ・エンドだ。

そうなりたくはないあなたはこのサロンに入って、税理士からしっかり学ぶことをおすすめする。

ある日突然、100万円近い額の課税をされた

これは実際にぼくの知人であったことだ。納税をちゃんとしていたその人は、ある日突然、100万円近い額の重加算税を税給された。ちゃんと納税=確定申告もしてたのに…だ。

もちろん、払うしかなかった。

なぜこんなことが起きたんだろう?

彼は確かに納税をした。でも、重加算税という罰則をうけたのだ。なぜか?

それは「ただしく申告し、ただしく納税ができてなかった」からだ。しらなかったせいで、ケアレスミスをしたのだ。その結果、追加で課税されることになった。誰も予測しなかった出来事だ。しらないということは、それだけ怖いことなのだ。

決してこれは他人事ではない。もしかしたら来年、あなたもこうなるかもしれない。可能性はゼロではない。

「いやいや、そんな稼いでないし…」というのは都合のいい解釈だ。税収が落ち込んでる今、そんな稼いでないあなたもターゲットになるかもしれない。もっと稼いでるあなたは、さらにだ。誰にもわからないけど、起こりうることだ。もし万が一それが現実になったとき、あなたはこう思って後悔するはずだ。

「ああ、もっと税金について勉強しておけばよかった….」

と。ぼくはそうなはりたくないし、あなたもそうでしょう。だから、税金というものをしっかり理解することはとっても大事なのだ。無知は罪なのだ。

しっかり自分の資産を守るための予防をしたいあなたは、たったの月額3,980円でそれができる。もちろん、この月額3,980円だって経費にできるわけだ。経費=無駄遣いではない。自己投資だ。

確定申告と節税の学べるサロン「コジサポライト」でやること

このサロンでは、税理士法人小山ミカタパートナーズの代表である岡本氏が、あなたの確定申告や節税を個別にサポートする(主にLINE@でのやりとり)。顧問のように、確定申告を丸投げすることはできないけど、サポートを受けながら確定申告や節税をすることができる。また、不定期ではあるけれど税務に役立つコラムをサロンおよび会員限定ブログにて配信

ある意味、相場が月額20,000円以上の税理士顧問契約を、月額3,980円でできるようなものだ。これはスタートアップにはうれしいものだろう。ちなみに岡本氏にはぼくもお世話になっている。具体的には以下のことをしてくれる。

  1. 確定申告&節税の教科書(不定期更新)
  2. 専用Facebookグループ(不定期で税金コラム投下&コミュニケーション)
  3. LINE@を通じた無制限の税務相談と個別サポート←こちらがメインサービス
  4. 他、税務に関するコンサル←こちらもメイン。LINE@にて
  5. 他、会計に関するアドバイス
  6. 使えるツールをプレゼント

税金のことは個別で相談できる方がいいから、LINE@の個別チャットでの相談ができるようにした。他人に内容が見られることはないので安心!税務全般だけでなく、資金調達などファイナンス全般をフォローしてくれる。お金のことなら相談してOKだ。

また、随時更新の未完成コンテンツだけど、確定申告の教科書も現在作成してくれている。これさえあれば、確定申告はやりやすくなるはずだ。それに伴い、使えるツールも随時配信される予定だ。また、マイナンバー導入に伴う税制の変化を踏まえた最新の情報などもコラムとして不定期配信する。

これだけのボリュームで、月額3,980円は破格だ。(いや、本当に)

たったの月額3,980円でやろう!となった理由

このサロンを始めようとなった理由はひょんなきっかけだ。それはぼくが運営してるブログサロンのメンバーさんや読者さんに税金のことを学んで欲しくって、岡本さんに「なんかいい方法ないかな?」と相談したら「え、じゃあなんか案ください」となったのだ。

そこで、オンラインサロンという形式をとることにした。ただ、金額面はどうしても下げたかった。なるべく手軽に、でも多くの人に、税金の理解をしてほしかったから。税金で痛い目見る人を減らしたいから。だって多いんだもん。

だから「岡本さん!月額5,000円以下でできないっすか!」と相談したんだ。そしたらこうだ。

岡本さん
全然いいですよー!月額3,980円くらいでいいですか??

ヒキコモ
あなたが神か

もう、正直に話します

ぼくはもれなく上記の理由でやってるので、このサロンが売れようが売れまいが特段フィーは発生しない。いや、ほんとに。あくまで小山ミカタパートナーズにやっていただくための月額なんだよね。別に今ぼくはほかで食うのに困りはしない程度に稼ぎはあるからそれでいいのだ。

じゃあ、税理士法人小山ミカタパートナーズにはどんなメリットが?

って思うでしょう。これも勘ぐり屋さんなあなたに先に暴露しとこう。

岡本さん
このサロンを運営して、多くの個人事業主または法人さんと出会うことによって、最終的に顧問契約を結んでくれたり、パートナーシップなどをもてる関係がつくれるとうれしいから

ということだ。けっきょくそういう関係が作れれば、そのあとに収益をあげることはできるということだ。あなたが年商が増えて、法人化するなどしたときに、信用があればこの税理士法人にお願いするでしょう。そのときに設立費などを払ってくれるでしょう。

そういう長期のお付き合いが生まれればいい…ということだ。だから変に勘ぐる必要はないってわけ。

確定申告と節税が学べるオンラインサロン「コジサポライト」への参加方法

  1. このページの赤いボタンから決済する
  2. 決済後、2営業日以内にご案内メールが届く
  3. そこからFacebookグループに参加
  4. そこからLINE@などに相談可能

以上です。

参加費用などまとめ

  • 参加費:月額3,980円
  • 決済方法:PayPalによるクレジットカード決済(振込の場合は3ヶ月分を前倒し入金)
  • 解約方法:1ヶ月前申告。他、利用規約を参照ください。

当サロンは個別サポートが主体になるので、オンラインサロン形式で運営していますが、個別LINE@相談がメインとなります。税金絡みの話ですので、プライバシー重視にするためです。

コジサポライト運営会社兼責任者:税理士法人小山・ミカタパートナーズ 代表  岡本信吾

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-1-05-18
1986年08月 岡山県倉敷市 生まれ
2009年03月 大阪大学 経済学部 卒業
2013年09月 公認会計士 登録(登録番号31197)
2014年08月 税理士 登録(登録番号127528)

キュレーター&管理人:ヒキコモリズム井上

14604860_124081574733368_6078238767769001863_n

1991年03月 千葉県千葉市にオギャッと生まれる
2013年08月 脱社畜&フリーランスのマーケッターとして活動開始
2015年06月 当ブログを開始。ブログ飯を3ヶ月で達成。
2016年12月現在 プロ引きこもり、2社の相談役、1社の役員として活動中。

コジサポライトは、あなたの「お金の悩み」を軽減させます

最後にコジサポライト運営陣からメッセージを。

👇

事業を行うものとして、お金のことで悩むのが、以下の4つになることが多いはずです。

  1. 売上
  2. 経費(節税)
  3. 税金
  4. 資金繰り

特に2~4は知識がないとどうにも判断できないもの。コジサポライトは、これらに悩む事業主の悩みを軽減させて、売上をあげることに集中できるようにするとともに、事業主本人のマネーリテラシーやマネーマネジメント力を鍛えることで攻守のバランスのとれた活動ができるようにサポートをします。

また、確定申告の時期だけでなく年間を通してサポートできる体制を整えております。情報配信の準備も万全です。毎月つきまとう会計業務の負担軽減に、どうぞご活用ください。

当サロンは個別サポートが主体になるので、オンラインサロン形式で運営していますが、個別LINE@相談がメインとなります。税金絡みの話ですので、プライバシー重視にするためです。

実際の利用者の声

ここから先は実際の利用者さまの声を掲載。参考にどうぞ。

研究系プログラマー神里さま

14470403_1046463232133915_3229287542649062820_n

ぼくは副業での個人事業主登録を考えていて、確定申告の仕方や副業がばれないようにする方法などを丁寧に回答いただき、節税対策や個人事業主登録に関する不安が無くなりました

ぼくはこれから、個人事業主としてコジサポ様のお世話になる予定です。自分の今後のキャリアの積み方も含めて親身に対応してくださるので、難しい税金対策にむいて少しでも不安がある方は活用してみることをオススメします。

ヒキコモリズム井上
1018-k-rtruang%e7%a5%ad%e3%82%8a%e7%a7%8b%e3%81%ae%e9%99%a3_4523

はい。ぼくも以前からコジサポを顧問として利用しています。だからこそのこの企画が生まれたわけです。ほんと、丁寧に税務のことを教えてくれるのでいいですよ。ぼくは顧問契約してるので丸投げですけどね。ただ「これって経費になんの?できんの?」「領収書の但し書きは?」「いい節税方法ない?」などいつも質問してます。

ほぼ即レスで答えてくれるので、間違ったお金の使い方が減りました。みなさんは、これを3,980円で学べるので超絶おすすめです。

  • 運営メディア:このブログ。他、マネー専門メディア開始予定
  • 行っている事業:メディア、コンサル、サロン運営、他
利用規約/免責事項

1.サービス内容

(1)確定申告&節税相談 byコジサポ(以下、「コジサポライト」といいます)は以下のサービスを提供します。

1)確定申告税務及び会計に関する無制限の相談。
2)税金対策等に関する相談。

(2)相談のプラットフォームは原則としてLINE@に限りますが、必要に応じてメールや電話を利用することも可とします。
(3)申込者本人の相談に限り、原則として家族や友人、知人の相談は受け付けないものとします。
(4)運営主体は税理士法人 小山・ミカタパートナーズ(以下、「当社」といいます)です。

2.料金

コジサポライトについては1カ月当たり3,980円(税別)とします。進行期の途中でコジサポもしくは税務顧問の申込みをなさった場合は、コジサポの料金からコジサポライトの料金を差し引いた金額を変更日の属する月の翌月に請求することとします。

3.解約規定

(1)本サービスの有効期間中であっても、コジサポライトに対して解約希望日の1か月前までにLINE@内で通知することで解約することができるものとします。ただし、やむを得ない事情がある場合は当月をもって解約することも可とします。
(2)以下の条件に該当する場合は、コジサポライトから一方的に解約を通知出来ることとします。

1) 脱税及び悪質な租税回避に関する相談をした場合。
2)サービス内容から外れた相談や質問等を繰り返し、著しく運営に害するものと判断される場合。
3)その他、サービスの提供に際して不適切と判断される場合。

(3)本サービスの性質上、既払料金はいかなる理由においても返金不可とします。

4.本規定の変更

当社はお客さまに事前に通知することなく本規定を変更できるものとし、当社ウェブページ上ないしはLINE@のメッセージ、タイムラインに掲示することによりお客さまに変更内容を告知するものとします。

5.準拠法・管轄

本規定の準拠法は日本法とします。本規定に関連して訴訟の必要が生じた場合には、当社の本店所在地を管轄する裁判所を管轄裁判所とすることに合意します。

6. 規定の準用

この規定に定めのない事項については、運営会社の他の規定、規則その他弊社のウェブページへの掲示内容により取り扱います。

2016.12.7作成
税理士法人 小山・ミカタパートナーズ