自己顕示欲、承認欲はゴミ。全部ゴミ箱に捨ててポイ!

スポンサーリンク

最近ほんといらないなーって感じます。この欲求たち。自己顕示欲と承認欲。自分も、他人も、これには反応しないに限るんだなーって。誰かにわかってほしい、褒めてほしい。認めてほしい。こういうのって限りなく無意味だなって。

しょせん他人なのでそんな自分のことなんて大して見てないし、認めてもらったりしたところでいうほど人生に影響ないしね。でもなんでか現代は食欲性欲睡眠欲と同じレベルでこのゴミ欲求たちが蔓延してるよね。ゴミはゴミらしくポイしようぜ。

SNSをみればドヤドヤだらけ

「今日はパーティで誰々と会ってきました〜!」
「今日はこんなこと達成したよ」
「あいつはおかしい!こうあるべきだ!」

みたいな。多くない?こういうの。コミュニケーションツールであるSNSがもう掲示板みたいになってるじゃん。「知らねーよそんなん」って内容なのにそれにいいね!とかコメントしてね!みたいなあの圧力。

俺すげーだろ?私リア充でしょ?俺を見ろ!私をみて!

うるせーよバーカって。俺の脳内入ってくんなってね。まるであれだよ。渋谷新宿で強制的に視覚と聴覚に乱入してくる電光掲示板とか広告みたいだ。聞いてない求めてないのに「どやねんどやねん」って。おだまりなさい。

スポンサーリンク


そんなに自己アピールしてどうするん?

なんでこんなに自己アピール激しいんだろ?最近の人は。俺も最近の人やけど。疲れない?どうでもいい他人に同じくどうでもいい自分をアピールするの。それやってどうなるの?

いいね!がたくさんついたらどうなるの?それって疲れない?まるで本当は暗い自分を隠そうとしてるみたい。無理やり明るい自分出してますみたいなさ。

誰かに認められたい!褒められたい!って思うのはつらい

これさ、アピールしてる側もされる側もしんどくないかな。

アピールしてる側はそこで誰かに褒められたり認められたりしなかったら虚無感に襲われるでしょ?しかも本質その賞賛とかって無意味なものなわけさ。いいね!とかすごいね!とかそういう羨望を浴びても人生は大して変わったりはしないわけでさ。逆にそれをいっかい浴びちゃうと抜け出せなくってずーっとそういう自分を演じ続けなくっちゃいけなくならない?

それを見る側もしんどいと思うよ

自己顕示欲とか承認欲が強いとさ、自分よりいい感じな人生を送ってる(と思われる)人をいいなーって思っちゃわない?で、自分と比較しちゃわない?

「なんでこの人私と大して歳も変わらないのにこんなに差があるんだろう?」とか思っちゃわない?自己顕示欲や承認欲って他人との比較の根源でしょ。この他人と比べるってすごい無意味なのにすごい辛い。

それぞれみんな不平等なレベルで違う人生歩んでるから差があって当たり前なのに、それを自分が劣ってる…勝ってる…と比較しちゃう。これってしんどいことだよ。

メディアがさらにそれを刺激する

テレビでもキラキラ女子とかカリスマみたいな人ばかりがが取りざたされて、誰もがそれらと自分を比べるでしょ?自分はその人にはなれないのに、比べちゃうわけさ。で、そんなキラキラしてるのがこの世では正義!と思い込む。

で、そうなりたくて必死に自己アピールして、ヒエラルキーの上にいる人と比べて、似た者同士で馴れ合って足引っ張って「こいつらは私と同レベル…」なんて思っちゃったりしてね。

ああ、想像するだけでしんどい。

ブログでも最近すごいよね

かくいうぼくもブログやってる身だから同類なのかもだけど、ブロガーブームに乗ってる人たちはもうどいつもこいつも「どやどやどや!!」って。もぐらたたきばりに湧いて出てきてる。

いや、いいんですよ。なにしようと人の勝手だし、賞賛されるのはいいこと。本当にすげーのもいるしね。でも、そのドヤの荒波ってすんごいしんどいなあっておもって。だってどうでもいいやつのどうでもいい情報が自分のタイムラインに流れてくるんよ?地獄じゃないか。

タイムラインに出てくると無意識で比較しない?

ああ、こいつ俺より年下なのに…
なんでこうつはこうなのに俺は…

みたいな感情って、無意識で少し湧いちゃうでしょ。そんなつもりなくっても誰かと比べてる自分がいるはず。同時に「俺もいつかはこっち側に…」とかね。もちろんその比較や競争っていい方向に進むこともあるんだけど、基本的に人間は各自別物だから比較できないのよね。

りんごとキャベツを同じ土俵で比べられないように、比較しようがない。生まれも育ちも遺伝子も違うんだしね。あなたはキャベツだけどぼくはピーマンなんてこともあるんですよ。比べようがない。

けど、人間自己顕示欲と承認欲があるから比べちゃう。んで意味なく優越感を持ったり劣等感持ったり。羨望や嫉妬でもがいたり。でもそんなのもったところで人生は変わらないし、消耗するだけ。川の流れのように時間は進んでいく。

あなたはあなたでしかないから

そう、ぼくはぼく、あなたはあなたでしかない。比べられない個体。

そんで誰になにを思われようと最終的に大事なのは「自分が自分をどうおもってあげられるか?」だよね。誰かにすげえ!って言われても自分じゃまったくそうは思わないってこと、あるでしょ。逆も然りだけど。

大事なのは誰にどう思われるか<自分が自分をどう思うか?

なわけで。どんな自分に納得できるか?ですよ。人と比較した先に最適解はないんです。人と比較した時点で自分の道から逸れはじめる。だってそれって人の影響受けちゃってるしね。

だからSNSもフォロー解除しまくろう!

自分の自己顕示欲や承認欲を満たすのも、他人のそれに触れるのもあまりいい効果がないなあと気付きました。

このブログも賛否両論もらいますがやっぱり誰にどう思われようとどうでもいいなって。嫌いな人は去ればいいし、好きな人は残ればいい。べつにどっちでも人生大して変わらない。

同じく、他人の自己顕示欲や承認欲に触れると自分の時間や感性を蝕まれる。無意識で比較してしまうのが人間。その人がどうあってもべつに自分には本質的に影響はないからそもそも触れない。ノイズには触れない。決してその人が嫌いなわけじゃないけど自分の余計なエネルギー使わないようにって意味で。だからゴミ箱にポイする。

最終的に自分で自分に納得できればいいんです。この求めずとも情報が入ってくる現代だからこそ、この欲求をどんどんゴミ箱に入れて、離れていきたいですね。それを意識してから相当楽になりました。ぼくは。