A Burgers Cafe (エーバーガーズカフェ)はアメリカンな島原観光ができるスポット!

スポンサーリンク

島原は天草・島原の乱でおなじみのあの島原だ。つまり歴史ある街だ。天草四郎さんは島原の英雄だ。たぶん。

そんな歴史感じる島原に、アメリカンなスポットがあるのだ。それも街のはずれにだ。それが「A Burgers Cafe (エーバーガーズカフェ)」だ。赤色の内装の店内は、さながらアメリカにあるスタンディングバーの様相。

「A Burgers Cafe (エーバーガーズカフェ)」はアメリカン島原を体験できるカフェ

様相はアメリカン島原だけど、店員さんは普通に日本人だ。日本語が飛び交ってる。雰囲気だけアメリカンを体験してほしい。ここに図体デカイアメリカンなおっちゃんが雑に仕事してたら、映画でよくみるあの光景だ。

f:id:luckyman0302:20160526125548j:plain

▲外観はきれいなホワイト&ブルー。営業時間は11:00~19:00。住宅地近いところにこれが現れるから不思議。「なぜここ?」と思ってしまう場所だ。ちなみに観光名所の島原上から歩いて20分はかかる。

f:id:luckyman0302:20160526125703j:plain

▲ここに図体でかいアメリカンおっちゃんにタバコ吸いながら立っててほしい感じ。ところで写真みて思ったけど、ブルーシールアイスクリームってなんだ?こんなんあったっけか。

アメリカ生まれのオリジナルレシピを100種類以上も綴った「オレンジブック」。その秘伝のレシピをベースに、沖縄の高温多湿な気候風土に合わせて、ブルーシールのアイスクリームは軽い口当たりのさっぱりとした風味にアレンジされてきました。

植物性油脂を使って仕立てた口どけの良さが、他にはない特徴となっています。定番から限定まで、常時30種以上のフレーバーをご用意し、地元のお客様から観光客の皆様まで幅広く、沖縄のアイスクリームを楽しんでいただいています

引用:ブルーシールヒストリー|ブルーシールアイスクリーム

うまそうじゃないか。アメリカ育ちのオリジナルレシピ+沖縄の風土。イメージわかないから今度食べに行ってみよう。うん。

f:id:luckyman0302:20160526130150j:plain

▲メニューを取ったつもりが、遠い。だいたいドリンクとポテトつきで700円ほどだ。そんなに高くない。某マクドナルドのセット頼むより、はるかにクオリティ高いものが食べられる。

こういう店くるとコーラを飲んでしまうから不思議だ。

f:id:luckyman0302:20160526130314j:plain

▲これがセットだ。ポテトもバーガーも、注文後に作る。たしかこれはモッツァレラチーズたっぷりのハンバーガーだ。一番人気の。他にもアボカドバーガーなどヘルシー路線もある。サイズはこぶりだけどふっくらしてて、口が小さい人は大きく開ける必要がある。

f:id:luckyman0302:20160526130435j:plain

▲大手チェーン店のバーガーでは再現できないふっくらさ。大手さんのあのイメージ写真と現実のギャップはいたたまれない。なぜあんなにペチャるのか?エーバーガーズカフェのバーガーはふっくらだ。

ちなみに東京の神楽坂に同じような店があるけど、そっちはバーガーセット1400円。島原ならもれなく半分程度。

「A Burgers Cafe (エーバーガーズカフェ)」はちょい遠い島原観光必須スポット!

もう一度言うけど、場所はけっこうとおい。参考程度に地図をば。島原城から徒歩20歩くらいかかるし、オール上り坂。車での来訪をおすすめする。3台は停められる

車では大変かもしれないけれど、きたら満足できるスポット。もう少し先に行けば「山の上のカフェ Gerden」もある。そこからの眺めは最高だ。島原観光は城内付近だけではない。ぜひぜひここまで足を運んでみてほしい。

島原移住日記はこちら