島原の隠れ観光スポット「青い理髪館」のミルクセーキがおいしすぎた

島原には島原城やレトロなカフェ含めて観光スポットが多いんだけど、地元民にも実はあんまり知られていない隠れ観光スポットがある。それが青い理髪店というカフェだ。文字通り、青くて理髪店だったカフェだ。ここのミルクセーキがおいしいので紹介しとく。

島原に遊びに来たらいってみてね!

島原の隠れ観光スポット「青い理髪館」とは?

島原城の麓にあるオシャレカフェだ。ここは昔はガチで理髪店だったのだ。いわゆる床屋とか美容院というアレ。今はそれを改装して、カフェとギャラリーになっている。

▲昔の青い理髪館。出典:http://www.shimabara.jp/kobo-mo2/rihatsukan.html

▲昔の青い理髪館。出典:http://www.shimabara.jp/kobo-mo2/rihatsukan.html

一番上の写真の散髪台は今も一台だけ残ってる。外観はもっときれいになってるけどね。流し台は健在。いい感じにレトロ感を残した店内になってる。

▲これが今の店内。オシャレ。奥に散髪台がある。

▲これが今の店内。オシャレ。奥に散髪台がある。

▲今の外観。理髪館の文字はそのまま。右読み。

▲今の外観。理髪館の文字はそのまま。右読み。

▲2Fはギャラリーなってて、格安で使えるそうだ。

▲2Fはギャラリーなってて、格安で使えるそうだ。

青い理髪館は地元の人が意外としらない説

観光案内には載ってるから、観光客はふつうにくるらしいんだけど、地元民はこの存在を知らないそうだ。ぼくの相方が地元民なんだけど、行ったことはなく、さらに妹さんは存在すら知らなかったという。

だからなかなかの隠れスポット。かんざらしのおいしい水屋敷は有名なんだけどね。

青い理髪館は長崎名物ミルクセーキがおいしい

長崎といえばミルクセーキ。これを食べずして長崎からは帰れない。帰れるけど。

milk shake のことです。「セーキ」は英語では「シェイク」ですね。混ぜるといっても、「振る」ことです。シェイカーでシェイクすると同語源です。
ミルクセーキは、牛乳に卵黄と砂糖を加えて、混ぜたものです。卵黄と砂糖の変わりにアイスクリームを入れることもあるようです。

引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q129592007

▲シャキシャキして夏に最高。

▲シャキシャキして夏に最高。

これがそれだ。これ、意外とおいしいお店がないんだよね島原には。長崎市内にはたくさんあるっぽいけど。なんかシャーベット状のアイスのイメージ。食感は爽ってアイスをもうちょいシャリシャリにした感じ。

青い理髪館は他のメニューもおいしいしヘルシー

他のメニューもおいしい。変なものも使ってないぽくてぼく的には好み。セットにするとお得。

▲ピザ。ベーコンとかにこだわってるやつ。セットで900円くらい。

▲ピザ。ベーコンとかにこだわってるやつ。セットで900円くらい。

▲プリンも甘さ控えめでおいしい

▲プリンも甘さ控えめでおいしい

他にもカレーだとかシフォンケーキだとか、いろんなメニューがあって飽きない。グッズもいろいろ販売してて楽しいし、店員さんがアットホームで雰囲気が最高!

ぜひぜひ行って欲しいなと。おやすみが多いのでホームページまたはFacebookで定休日を要チェックだ!島原駅から歩いてもいけるよ。

LINE@で無料コラム配信中!QRコードを読み込んでね!