仮想通貨は果たしてバブルなのか?そしてバブルは崩壊するのか?

スポンサーリンク

プロ引きこもり(@luckyman0302)だよ。ども。

仮想通貨はバブルだ!

という論調が多数あるね。

これって本当?仮想通貨はマジでバブルなの?というのを考察するよ。

結論:仮想通貨はバブルではない

個人的見解だけど、バブルではないと思うよ。

というのは、実態が伴ってきてるから。

  • 実際に各国でBTC決済が導入されてる
  • ATMまで設置された
  • 一部コインでは大企業との提携が決定
  • 金融の世界に親和してる通貨もある

こういう現象があるので、実態価値が伴ってきてるのは確か。

よってチューリップみたいな悲惨なことにはならないんじゃないかな?と感じてるよ。

バブルってのは、実態価値がないものが過大評価されて、その後魔法が解けたときになるものだから。

価値は過小評価されてる。価格は過大評価かも。

仮想通貨市場は、よほどのことがない限りは今後より大きくなってくる。

一般層がはいってきてないからね。まだ。

そして各国のお偉いさんも、まだ懐疑的である。

このことから、仮想通貨の可能性含めると「価値」はまだ全然過小評価だよね。

ただし「価格」は過大評価の可能性は断然ある。

価値と価格は違うからね。

  • 価値=実際のリターン
  • 価格=目に見える額面

な訳だけど、仮想通貨、およびその根底にあるブロックチェーンだとかスマートコントラクトはマジで世界の仕組みをよくする可能性があるから、価値自体はとても高いと思うの。

でも各国がそれにまだ気づいてない、実用化できてないからそこは過小評価。

だけど、価格はわかんないねえ。

今の価格が適正価格だとは俺は感じない。

中には今よりもっと安いのが適正な通貨もあるでしょう。逆も然り。

でも、上がるにしても巷で言われてる「10000倍」とかは夢見すぎな気がするな。

いいとこ2倍とかが適正な可能性もあるしね。

その点だけで言えば、仮想通貨はバブルといえばそうなんかも。

ICOやトークンなどはバブルだと強く感じる。

実態価値のない、投機だけの機能しかないものは、バブルだろうねえ。だって、それ、使えないわけでしょ?

ただのマネーゲームの材料なものは確実にバブルだよ。価値がないものに価格がついてるんだもの。

BTCとかETHとかXRPあたりは、実態価値がどんどん伴ってきてるよね。

ここでいう実態価値とは、実生活にどれくらい食い込んできてるか?だね。

実生活での実用性があるものは、価値がある。

日本円も、実生活で使いまくれる実用性があるから、あんな紙切れでモノが買えるんでしょ。だからその価値に1万円などの価格がついてる。

つまり実用性という価値があるものは、価格がつくわけ。

でも、ICOとかトークンにはそれがない。

あくまで「可能性」に期待する価格がついてるだけで、その実用性、つまり実態価値は?と。

それがないものに、価格がついてる場合は、その金額の大きさ関係なくそれはバブル=幻想だと思うよ。

仮想通貨は一部市場がバブルであり、それは崩壊する

まあこの一部が大多数なんだけれど。

時価総額でかい通貨も、実態価値がないものは多くあるよね。使い道がないコイン。できそうにないもの。

ICOやトークンを始め、こういう仮想通貨はバブルなので、近々崩壊すると踏んでるよ。俺はね。

その原因は何か?

  • 政府の規制
  • 実態価値ある通貨の市場席巻
  • 金融との不親和性
  • 事件
  • 消費者が勝手に夢から覚める

とかまあ、いろいろあるけど、恐らくは政府のICO規制と実態価値ある通過の市場の席巻かなと。

残る通貨は、一時期つられて暴落するけど、持ち直すはずだよ。そのあたりで適正価格が明らかになるはず。

政府系の人たちと、一般人が「確信」を持った瞬間、市場は安定する

そのときに残った仮想通貨は、おそらく今のようなボラティリティはなく、ゴールドのような値動きになるはず。

そのときの価格は今以下かもしれないし、数倍はあるかもしれない。

その未来は誰にもわかんない。

何がバブルでそうでないのか?をしっかり判断して、その通貨の潜在価値に対する価格はいくらが妥当なのか?を自分で考えてベットしていこうね。

ちなみに僕はこんな感じ

関連記事 👉

  1. 【仮想通貨の買い方】チャイナマネー離脱暴落でとった行動が、儲かるかの差
  2. 暴落時に30万円分投資した仮想通貨たちは今どうなったか?