自分のコミュニティを持つ重要性。正の相互作用は人生を向上させる

正の相互作用を作り出すのがコミュニティ。

最近コミュニティをもつことの重要性をびんびん感じています。裏ヒキコモリズムやブログサロンを作ってみてから、ぼくは毎日が充実し始めました。ぼくは人間嫌いのコミュ障ですが、人とひとが切磋琢磨しあう環境を作ってから毎日が楽しくなっています。

自分のコミュ二ティをもつと、成長したいと思える

自分がコミュ二ティを作ると、自然と自分が真ん中にたつことになります。そうすると、周りにいるみんなを盛り上げられるように、引っ張りあげられるように自分が一番成長しないとな…という気分に強制的になれます。

ぼくはヒエラルキー構造が苦手で、ひとの上に立ちたいとかちやほやされたい欲は全然ないんだけれど、さみしがりです。ひとりは好きだけど独りは好きじゃない。自分の作ったコミュ二ティでは自分が真ん中にいたいなって思います。そしてみんなに影響を与えて、みんなの羅針盤的存在になりたいなって。

だから、みんなから魅力的に思ってもらえるよう自分を磨かないと!と最近思い始めました。思えるようになりました。

ヒエラルキーよりも、フラットな関係性のあるコミュニティを

コミュニティのトップにいたいとはまったく思いません。すごいと思われなくってもいいです。実際ぼくよりすごいひとなんていっぱいいるので、自分の作ったヒエラルキーでふんぞりがえっててもやっぱりそれは井の中の蛙でしかないから。

だからぼくはフラットな関係性がいい。上下も左右も前後もなくただフラットで。コミュニティで自分より目立つひとがいてもいいし自分よりすげーひとができてもいい。ヒエラルキーの最下層でもいいから、ぼくは真ん中で作用しあいたい

ワンピースでいえば海軍よりも麦わら海賊団がいいな。支配せず、偉ぶらず、自由で相互的に作用するコミュニティ。ぼくはそれを作りたいんです。そのコミュニティの真ん中らへんでひきこもってたい。

スポンサーリンク


オンラインサロン「ヒキコモリズムの在宅で稼ぎちらかすサロン」がかなり理想的

狙ったわけではないんだけれど、ぼくのやってるヒキコモリズムの在宅で稼ぎちらかすサロンにそうなってきてるんですね。

ぼくがトップにたってあれこれやる一方通行ではなく、あくまでぼくは中心であってトップではない。ぼくにダメだしもしてくれるし、ぼくのわかんないことを穴埋めしてくれるメンバーがいたり。ぼくがコメントする前にコメントしあってたり。

自分が動かなくても勝手に盛り上がるコミュニティ

ぼくがなんか動かなくても(動くけど)みんながそのコミュニティの一員として盛り上げていってくれる。コミュニティの価値を作っていってくれる。こんな素敵なコミュニティを形成できたことに感謝しかない。

前に超ヒエラルキーな組織を作ってしまって自分が消耗したことがあって、こういう場をつくるのが怖かったんだけど、今は楽しくってしゃーない。誰も依存せず、みんなが自立して楽しんでくれてるこういうコミュニティに価値がある。

そういう場を作ってくれたブロガレメンバーの方々に本当に感謝しかないなあ。おかげさまでぼくの人生は楽しくなりました!なので恩返しできるようにぼくも精一杯成長して価値提供をしていこっと。

LINE@で無料コラム配信中!QRコードを読み込んでね!