ダジャレでアート!世界初のアート「DAJAART」がクールすぎる!

この記事の画像は全てDAJAARTから出典、引用

ぼくの知人にとんでもなくクールなアートをやってる男がいる。その男はアメリカに単身留学したり、裸でLIVEしたりなど、かなりぶっとんだことをしてきたバイブス半端ないメンズだ。

そんな男がとうとう世界初の超クールかつ、右脳を刺激するアート作品を作った。それが今話題のダジャレでアートをするDAJAARTだ。

本気でクールだから、ぜひぜひ今後の動向にも注目してほしい。つい先日まで原宿で展示会もやってたそうだ。ヒキコモリズムはまさかの入れ違いで東京から帰ってしまい、行けなかった…涙

このアートは感覚で世界に広まっていくと思う。そんなイメージが湧く。だからヒキコモリズム的に紹介しておく。今後目が離せない。

ダジャレでアート!?DAJAARTとは?

ちょっと正直ダサい印象のあるダジャレを、超クールなアートに仕上げる新感覚のアート作品だ。このあと作品を紹介するけど、世界観がすごいいい。クールとはこのことだ。

f:id:luckyman0302:20160429175845p:plain

いや、ほんとうにありそうでなかったやつだ。ありそうで誰もやらなかった斬新さと、そのクオリティにより、多くのメディアが注目している。実際テレビやラジオなどでも紹介されまくってる。

あのTABILABOもとりあげちゃってるレベルの波紋だ。いや、これほんとうにおもしろいのだ。ぼくも見たとき「うおおおおおお!!!」となった。感動した。

そりゃー広まるよなあ…という感じ。応援したい。

スポンサーリンク


DAJAARTのオーガナイザー

こちらの稲沼さんは以前からお世話になってた&やばいひとだなーと思ってたらほんとうにやばいひとだった。これで25歳だっていうから一体ヒキコモリズムはなにやってるんだ?と思わざるをえない。

f:id:luckyman0302:20160429180515p:plain

そしてカメラマンさんもイケメンだ。この2人の織りなす世界観を以下に紹介していく。

 

ヒキコモリズムの大好きなDAJAART作品

ヒキコモリズムの独断と偏見で紹介する。正直全部の作品がおもしろいし、見入ってしまう。展示会行けなかったから、全てホームページから。展示会にはもうちょいあったそうだ。(行った友人Kの情報)

 

1. ふとんがふっとんだ
f:id:luckyman0302:20160429180746p:plain

ふとんがマジでふっとんでるのだ。これは合成ではない。マジでふっとんでるのだ。これを一目みて思った。「ああ、ほんとうにふとんはふっとぶんだな」とね。生まれて初めてこの光景を目の当たりにしたぼくは、3秒間動けなかった。

 

2. アルミ缶の上にあるミカン
f:id:luckyman0302:20160429180902p:plain

どうだろうかこれは。ぼくはこのだじゃれはこんなイメージだった。腐りかけのミカンがアルミ缶の上にほっぽってある感じ。それがどうだ。DAJAARTではこんな自然見溢れてる。そして後光がさしてるのだ。

マイナスイオンすごそうな感じだ。Macのデスクトップ画像にしたい。

 

3. 桜の下で錯乱
f:id:luckyman0302:20160429181055p:plain

色の感じがたまらなく好き。チャリの色味が地味にアクセント。部屋に飾っておきたい感じだ。こういうポップな女子、好きだ。

 

4. タイヤで暮らしたいや
f:id:luckyman0302:20160429181230p:plain

ヒキコモリズム的トップオブDAJAARTだ。かわいすぎるだろ。反則だ。街中でこんな女の子見つけたらきっと忘れない。タイヤにすっぽりはまってこの笑顔。自由奔放とはこのこと。この女の子の将来が楽しみすぎる。

というか入ってみたい。タイヤに。

 

展示会でしか手に入らない隠れDAJAARTもある

ぼくの友人Kさんが入ってきたレビューがいい感じだ。

DAJAART(ダジャレでアート)を見に原宿デザインフェスタギャラリーに行ってきました – シンプル(^ν^)ベスト

ああ、行きたかった。稲沼氏ともサシで話してみたい。そして、会場には買わずにはいられない作品が置いてある。それがこれだ。

f:id:luckyman0302:20160429181857j:plain

ぼったクリアファイル。1000円なり

クリアファイルで1000円。ああ、ぼったくりだ。だからぼったクリアファイルなのだ。だけどなんだろう。この満足感。ぼくが現地にいたらたぶん3枚くらい買ってた気がする。

ちなみに現物は普通にかっこいい。持ち歩き確定。Kさんありがとう。稲沼さんの字がきれいなのがギャップ!!

 

DAJAARTがもっと広まりますように!!

ぼくはアート感覚が皆無の人間だから、こういう活動ができる人はすごく尊敬してる。し、単純に好きだ。DAJAARTが。こんなおもしろい作品、広がらないわけがないし、嫌いな人はいないだろう。

実際展示会は海外の方もきていたようだ。ダジャレ文化のない海外の人でも興味をもつってことは、DAJAARTは日本文化を海外に広めてくれる活動ってことでもあるわけで。それってすごいよね。

今後もずっと目が離せないし、もっと知られてほしい活動。

4/29が展示会最終日だそうだ。ぜひぜひ足を運んでみてほしい。

DAJAART | ダジャレでアート

LINE@で無料コラム配信中!QRコードを読み込んでね!