家庭を円満にするコツは3つ。邪魔しない。干渉しない。一人になる。

スポンサーリンク

ぼくの家族観はよく「歪んでる」と言われます。まあ確かに歪んでるかもしれぬ。あんまり小綺麗に家族を語らないからかも。ただ、一応早期に結婚してバツイチになった以上それなりに家族の良し悪しも見てきてるわけで。あれこれ悩んで家族観ってのは形成したきたんだよね。なので一切夢を見てません。結婚や家族に無駄に夢見て愛だ絆だなんだの言う話を聞くと、

「ドラマみたいな家族?なにバカなこと言ってんの?脳みそお花畑なの?」

って思います。そんな家族運営ってキラキラしてないからな?と。なので今日はそんなドリーマーな家族観をお持ちの方々に現実を見せる記事を書きます。家庭を長期円満に運営する3つのコツについて。

スポンサーリンク


家庭を円満にする秘訣① お互いの邪魔をしない

お互いなにかに集中してる時もあるし、集中したいときもあるよね。仕事が煮詰まってたり、読書に集中したり。

人間って不器用だから誰かと会話しながらなにかに集中する…ってのは難しいんですよ。ぶっちゃけ机に向かってる時とか落ち着きたいときに話しかけられると邪魔じゃないですか?

集中途切れるじゃないですか。きっと学生のときのテスト前「一緒に勉強しよ〜!」とか友達に言われて「うぜー」って思ってた人がほとんどだと思うんですよ。ひとりのが捗るじゃないですか。彼女だろうと家族だろうと、邪魔するなと思いませんでしたか?

これって自分で家庭を持った後もそうなんですよね。なにかに集中してるときは邪魔をしない。片方が集中してるともう片方は暇になるけど、そこは話しかけたい欲求を我慢した方がいいです。そこで一歩引いていられると、お互いストレスになりませんよね。

家庭を円満にする秘訣② 一切干渉しない

「家族」になるとどうしてもパートナーのことが気になるときがあると思います。

旦那の帰りが遅い…なにしてたんだろう?とかね。サラリーマン家庭ならば。けど、そこで浮気とかそういうの探っちゃダメなんですよ。だって本当に仕事で遅いのかもしれないし、上司のいらんくそつまらん飲み会の相手させられてたかもしれない。それなのに帰りが遅いからあーだこーだなんて言われた日にはイラついちゃいますよね。

奥さんだって、家事育児でせわしなく動きっぱなしだったのに旦那さんに「俺のいない間なにしてんの?遊んでた?」なんて言われたらムカつくと思うんですよ。そんな感じ。そこは信じてあげましょ。

男の女遊びは許すが吉

たとえ旦那がお姉ちゃんのいる店にいっても言及しない方がいいです。付き合いだったりもしますし、たまには欲を発散したいときもあるでしょう。そういうときに「なにこのお金?」みたいなことをすると、いざ自分がなにかを買ったりしたときも同じことを言われます。

お金、異性関係には一切干渉しない。これマジで大事です。

男性の場合、ピンクな店くらい許してあげましょう。男性は種を定期的にばらまかないと悶々としてしまう生き物です。遺伝子的に。それが嫌なら奥さんが床上手になって欲求を受け止めるしかないっす。旦那を魅了すればいい。それすら嫌ならつべこべ言わない。

奥さんのちょっとした無駄遣いも許す

逆に男性は多少女性が無駄遣いしたとしても許容してあげましょう。女性は子供ができると巣作り本能が生まれるので食材買いだめしたり服を買ったりやたら家具を欲しがったりするようです。所有欲があるので買いたい衝動とかあるんです。逆に男性がそれを受け止めれるように仕事を頑張りましょう。

欲に負けてばかりならその程度の脳みそだってこと

男性が色欲に負けて他の女に手を出しまくっちゃうレベルならそれまでなんですよ。お店で金出してすっきりしてくるだけならまだしも、不倫とか浮気とかばんばんするレベルならそもそもその程度の感情で家庭を営んでるか、ただの種馬か。です。

女性が所有欲に負けて異常な買い物をするようであれば、その程度の家計管理スキルなわけですよ。つまり家庭は営めないってことです。

双方家庭のことを本当に考えるなら、欲求のコントロールは勝手にするでしょ。できないならそもそも続かないからさっさと離婚しましょ。ちなみに上記の例は男女逆転しても同じです。干渉しないってことです。

スポンサーリンク


家庭を円満にする秘訣③ 定期的にひとりになる(する)

人ってのはたとえ家族であっても自分の世界から切り離したい瞬間はあると思います。

常に一緒…なんてよほどの寂しがり屋じゃない限りストレスでしかない。たまにはひとりで羽伸ばしたくもなるでしょう。考え事したいときもあるでしょう。ひとりだからできること、考えられることもあるでしょう。

友人と遊んだあと、楽しかったけど疲れてますよね?ひとりになった瞬間「ふう…」なーんてやったりしますよね?あれってやっぱり人はひとりの空間で落ち着くことが必要なことの表れだよね。

家族でも人間関係だから疲れる

人間はあれこれ考えて人間関係を営むから、やっぱ疲れるんですよ。家族といえども生物学的には別の個体なわけですから。虫や動物なら、群れることが前提で生きてますが人間ってそうでもないじゃないですか。

だから、離れる。たまにひとりになる。する。一つ屋根の下にいても別の部屋でそれぞれの時間を過ごしたり、出かけたり。そういう時間を過ごすこと。

家族サービスとか地獄だからね?

よく休日に家族サービスなんてサラリーマンやOLがいますがあんなの地獄ですよ。せっかく羽伸ばせる休みなのに今度は家族サービスで終日べったり。ぼくは無理だなー。ひとりでボケーっとする時間も必要ですよ。人間は。

家庭を円満にする秘訣まとめ

そんなこんなで、やっぱり家庭を作っても独身時代のようにひとりになる時間を定期的にとること。そんで結局は他人なので、干渉しない、邪魔をしないこと。一緒に住んでるだけで根本的には他人でしかないというのを理解すればいいんです。

>>結婚無意味説。結婚しなくても幸せな家族は作れます。