長崎県島原市ではふぐのことを「がんば」っていうって知ってた?

スポンサーリンク

島原は歴史ある街で、いろんな特色がある。その中でもインパクトがあったのが、ふぐのことを「がんば」と呼ぶことだ。最初聞いたときは「え?ガンバ大阪のこと?」と勘違いして、話がかみ合わないことがあった。笑

これはどうやら島原だけの呼び名だそうで、おもしろいからご紹介。ちなみにガンバ大阪はかすらないレベルで関係なかった。

島原独特のふぐの呼び名「がんば」の由来

どうやらこれにはけっこう歴史的背景?があるようだ。

島原では「トラフグ」のことを「ガンバ」と呼ぶ。毒はあるが「ガンば(棺桶を)横においてでも食べたい」というのが名前の由来

昔から「島原の庶民は、ガンバとタコで育った」と言われるほど大漁で、ふぐ料理といえば湯引きにしてがばっと箸で取り、口にほおばって食べるのが島原流。「ガンバ」をもっと食べてほしいと、島原漁協がフグの養殖を始めた。島原海産物加工組合では、これを調理し飲食店に卸したり地方発送を行ったりしている。身の弾力と味はお墨つき。

引用:島原海産物加工組合|島原市特産品「新鮮五感・島原からのおくりもの」

これを読むとどんだけ島原人はがんばLOVEなの?と思ってしまうけれど、そういうことらしい。毒にあたって死んで棺桶に入ってでも…ということだ。あ、「がんば」は棺桶って意味だ。

でも実際がんばをたべると本当にぷりぷりでおいしい。生ではなく湯引きや唐揚げにして食すのが島原流。逆に生のが意外とない。

島原人はけっこうがんばを食す

先日がんばの握りで有名なお店にいってきたけれど、同じ時間にいた客のほぼ全員ががんばを食べていた。それくらい島原ではスタンダードな食材のようだ。スーパーにもさんまのノリで陳列されている。それもけっこう安い。

ぼくは千葉出身で、よく「千葉の人ってめっちゃ落花生食うっしょ?」と言われていた。全然食べないんだこれが。ご当地ものは地元民はそんな食べないの法則。

でも島原は違う。たべるのだ。地元愛なのか知らないけれど、がんばや具雑煮かんざらしなどのご当地グルメをしっかり食す。

というかそのレベルの愛がないとあだ名なんかつけないのだろう。うん。島原は魚がほんとうにおいしい。ちなみにもともとは藩主がふぐをたべることは禁止してたそうだ。その反動なのか?

島原ではフグのことを「がんば」と呼びます。江戸時代、フグが猛毒をもつため、藩主がフグ食の禁令を出していましたが、それでも危険をかえりみずおいしいフグを食べる人が後を絶たなかった多かったようです。

引用;島原の名物

これだけ読むと、昔の島原人ってちょっとアホなのかと思ってしまう。いい意味で、ね。うん。

島原流、がんば料理まとめ

さて、そんながんば愛の強い島原では、がんばはどんな食べ方をするのか?未だ自分でがんば料理を作ったことはないけれど、調べてたらうまそうだから今度作ってみようと思う。どれもおいしそうだ。

がんばの湯引き

冒頭の写真がそれ。分厚めにきったガンバをゆびいて、刺身ぽく食べるものだ。ポン酢で食べるのがおいしい。小ねぎを刻んでかけるとさっぱりする。梅で食べてもおいしい。万能の食べ方だ。これが定番。

がんばの唐揚げ

S__4874279-1

唐揚げにしてもおいしい。ぷりぷりが外カリ中ふわに変貌してその変化がたのしめる。レモンをかけると油っぽい感じがなくなり非常においしい。これは家でもできるな。玄米粉でやったらカリッカリになりそうだ。

がんばの押し寿司

S__4874280

がんばの湯引きをネタにした寿司だ。箱につめて押してるから、うまみが凝縮されてる。シャリに梅干しが練りこんであって、すごくおいしい。これが一番好きだなあ。というか寿司が好き!

他にも「がんばのがね炊き」なるものがあるようだけれど、これは作ったらレシピごと紹介する。かなりおいしいそうな伝統料理だ。

島原に来たらぜひ食べに行って欲しい。おすすめのお店は島原移住日記にて公開してるからチェックだ。

>>島原移住日記