まだ東京で消耗してるの?のイケダハヤトは本当に与沢翼化したのか?

スポンサーリンク

ぼくがブログを始めるきっかけになったイケダハヤトさんが与沢翼化したとかどうとかのTweetがちらちら目に入る件。

イケダハヤトが与沢翼化?なにを言ってるんだい?

ここからは本当に個人的な雑感だけれども、まあ流し読みしてください。ぼくはイケダハヤトさんが与沢翼化したとは全く感じられませぬ。まあ、たしかに一部似てる部分はありますが、似て非なるものですよ。この2人は。

情報を有料化してるのはイケダハヤトも与沢翼も同じ

この2人の共通点ってここくらいじゃないかしら。たしかに情報を販売はしているけれど、それだけ。それだけだったらなんらおかしくないし、情報販売自体は古くから本だとか映画だとかでやられてることだしね。なにも問題ないんですよ。

noteの規約の情報商材ってのがなにを意味してるのか?は不透明だけれども。

販売手法が圧倒的に違う

イケハヤさんはnoteに夢中になってたら売れた

単純にイケハヤさんはnoteがおもしろくって、それに夢中になってるうちにお金になったよすっげー!!!ってワクワクしてる感をすごい感じる。ぼくはイケハヤブログ塾に参加していますが、もはやnoteの話題8割ですもん。

それくらい彼がnoteの可能性をビンビン感じてるんだなあってのは伝わる。いい意味でね!実際勉強させてもらって、ぼく自身1月末〜現在までで累計5万円超の利益を出すこともできたし、可能性があることは間違いないです。

与沢翼さんはプロダクトローンチで販売していた

このプロダクトローンチっていうのは要は教育→販売のステップを組む販売手法なんだけど、これを使って視聴者の心理をゆさぶって販売してたわけですよ。そのための秒速だったりロールスだったりの広告をやってたわけですな。

プロダクトローンチ自体はいろんな企業が使ってる手法であって、今ではエヴァーグリーンウェビナーという手法にまで本場アメリカさんでは進化してるのね。これはアパレルだったりとかいろんな企業が使ってる手法で、これを情報販売に使ったのが与沢翼さん。

やってることは普通なんですよ。ただ煽り要素が強かったって部分はあります。ちなみにこれはイケハヤさんはやってないわけです。そこが違う。彼は心理操作とかをマーケティングにぶっこんではないはずですよ。そう感じます。

スポンサーリンク


イケダハヤトと与沢翼の決定的な違い

この2人の決定的な違いとしてはお金の使い方ですよね。

イケダハヤトは自分以外に使ってる

イケダハヤトさんは稼いでらっしゃることは間違いないんですけど「自分のために使ってる金」は微々たるもんだと思います。カジノもいかないし、外車買ってるわけでもないし、海外の不動産買いあさってるわけでもない。

どっちかっていうと人や土地とかにつかってますよね。単純計算でブログ書生にベーシックインカム毎月10万×10人としたら100万円は人に使ってるわけでしょ。あと子供の貯金とかいろいろ。あの方の財布事情は知らんけど、とりあえず欲には使ってないなってのはわかります。

与沢翼さんは自分にどんどん使ってる

FacebookやLINEをウォッチしてると、単純に投資でのマネーゲームを楽しんでるって感じ。で、海外の高級不動産買いあさったり。人のためというかは自分と彼女の間に生まれる将来の子供のため…って感じでしょうか。

もちろんお財布事情はしらんので細かくはわかりませんが、比較的自分に向けて使ってる印象。

どっちがいいとかではないけどイケダハヤトと与沢翼は違う

お金の使い方からもわかるけど、似てるようで違いますよね。ふたりとも言うほど金の亡者じゃないですよ。むしろお金の欲はもう超越したんじゃないかなあ。

同じなのは「お金を稼ぐことを楽しんで、使うことも楽しんでる」ってこと

ぼくはふたりともフォローしていますが、似てるといえばお金を得ることを楽しんでること、今自分がやってることに夢中になってることくらいですかね。イケハヤさんはブログ→note、与沢翼さんは投資。やってることは違うけど、お金を得て、そのお金でなんかやりたいんだぜ!ってワクワクしてるところは似てる。

やっぱりなんだかんだイケダハヤトと与沢翼はすごいってこと

どっちの人も賛否両論ある系の人だけど、普通ではない経験もしているし考え方をしてる。ぼくはまだイケハヤさんみたいによくわからん人にベーシックインカム上げれないしね。あれできるのすごい。そんでなにより「メディア」に10年近い歳月をかけてきた情熱と継続力は誰もが見習うべきだよ。

逆に与沢翼さんは黒い話がすごいけど、実業経験もあったりするし、いろいろものにするのが異常に早い部分や、アウトプットの質が高い点、世界の動きに敏感な点はすごいと思う。フリーサロン入ってます。ぶっちゃけそこらの発信者の発信よりおもしろいです。

結論、イケダハヤトはイケハヤで与沢翼は与沢翼

noteで情報に課金してるからって与沢翼化ってのは短絡的だと思うんだよね。実際イケハヤさんの月額マガジンは本当にプライベートログって感じだし。全然違いますよ実際。

単純にnoteすげーよおもしれーよっていろんな作家やブロガーに啓蒙してるだけだと思うんだ。ぼくはね。

ヒキコモリズムもnoteやってますのでフォローしてね!

最後にちょっくら宣伝ですw

かくいうぼくもnoteに力入れています。いやおもしろいんです本当に。エディタ使いにくいけど、あと月額制にしたいけど。

名もなき個人がマガジンを作れるってなかなかですよ。しかもあとから編集もできるってのがいい。読者さんにリクエストもらいながら編集できて、あとから追加修正もできるんです。価値が廃れないのはいいですよ。ほんと。

ぼくも近々ブログ運営虎の巻を作ったりするのでノウハウ系が多くなっていますが、今後もっと雑誌的なコンテンツを作っていく予定です。ぜひ、フォローしてくださいね!

note.mu