日本は不動産投資を副業にして仮面サラリーマンとして稼ぐのが最強

スポンサーリンク

サラリーマンはダメ。絶対。みたいな謎文化が最近ネット上に溢れてるんだけど、ちょっとだけ見方を変えるとサラリーマンって日本において最強ですよ。うん。

日本だからサラリーマンが最強といいますか。サラリーマンだからできることっていうのがけっこうあるんです。

サラリーマンは副業で不動産投資を始めたらいい

ぼくの知人に2~3名ほど、不動産投資で生活できちゃうお金を稼いでる「仮面サラリーマン」がいます。ふたりともふつうのサラリーマンです。経営者でもなんでもない。

んで、軽くお話を聞いてみるとね、これは日本でサラリーマンやってるからできるものだなあ…と思ったわけです。ぼくじゃできないし、たぶんサラリーマンやめろー!っていってる人でもなかなかできないんですよ。不動産投資って。

サラリーマンは信用があるから不動産投資で融資が受けられる

これですよ。例えばぼくが融資を受けようとおもっても正直融資は受けれません。去年の確定申告(26年のね)では年商800万ちょいでしたが、いうても1年目。銀行からしたらミジンコです。「うん。で?」ってレベル。

でも銀行からすると勤続5~10年くらいしてる年収500万のサラリーマンの方が信用できるわけですよ。というか日本のインフラってことごとくサラリーマン優位なんです。これまじです。あと公務員。うちの家計はお堅い仕事の家計なんですが審査速攻通ります。

不動産仲介やってたときも年収1000万の経営者が審査落ちるのに、某携帯キャリア2年目の年収350万程度の25歳が同じ物件で審査通ってましたしね。海外は知らんけど、こと日本においてはまだサラリーマンは信用されるんです。

なんでサラリーマンは副業で不動産投資すべきなの?

もうこれは単純に「人のお金で資産が作れる」からです。

例えばぼくなんかは融資受けれないし、受けれたとしても数百万くらい。それでできることってあんまりないんですよね。不動産投資といっても1R買うくらいしか。でもちゃんと信用があれば、銀行は数千〜1億は貸してくれるわけです。そのお金を運用できるってよくないですか?

日本は現在金利がめっちゃ安いから不動産投資で儲けやすい

むしろマイナス金利でしたっけ?まあなんでもいいけど金利1%とかそんくらいで借りれたとしましょう。んで、簡単な話それ以上の利率で運用できればいいわけですよ。10%とか。そしたら9%儲かりますよね?

不動産投資は人のお金で資産が作れる

んで、不動産投資のなにがいいかって、しっかり運用すれば入居者が自分の借りたお金を払ってくれるんです。ぼくらって家賃払ってますよね?あれって貸主の懐いくわけですよ。つまり貸主はぼくらが住んでれば、ぼくらからお金を毎月集金できます。で、借入金の返済もできます。

人のお金で資産候補を手に入れたのに、また人のお金で負債をなくせるわけです。んで負債がなくなれば資産となるので、そのまま賃貸に出してもいいし、満室状態で別のオーナーへ転売してもいいんですね。

自分の家のローンまで入居者が払ってくれる

例えば自分の家も購入してたとして、不動産投資の利回りが10%で9%の利益出てるなら、その9%を自分の家のローンの返済に当てればこれまた人のお金で資産が手に入ります。自分の生活費はサラリーマンの給料で賄えばいいですね。

そんで買った不動産が資産になれば、自分の信用も上がってるわけですし、もっと銀行からお金を引っ張れます。いい感じの芋づる式!!素敵。

不動産投資はサラリーマンだからできる副業です

もちろん物件なんていくらでも買えるぜwwwってレベルのキャッシュを持ってる人は別として、そんな人なかなかいないですよね。となると不動産投資をする場合ほぼほぼ融資うけるわけです。で、この日本って国では融資はサラリーマンの方がうけやすいので、サラリーマンは特権階級なんですね。

すくなくともブロガーとかそういう類の人にはできないです。

サラリーマンをやめて不動産投資する権利を失い、他の副業をやる危険性

もちろんぼくもブロガーなのでブログはおすすめだし、なにより楽しいからいいんだけど、よくあるサラリーマンdisりに影響されて向こう見ずでやめるのはよくないです。それって上にあるような投資チャンスを逃してるようなもんですよ。

もちろん、文句ばっかだれてるダサい会社員でいるならばダサいので明日にでも会社は辞めた方が会社のためでもあるし自分のためでもあるんだけど、サラリーマンにはサラリーマンならではのチャンスがあるんだってこと。それをしっかり知っておいた方がいいですね!

ぼくは社会不適合者なので、無理でしたが真面目なタイプだったらこうやって蓄積していく方法もあるなあと。決してサラリーマンはダメなわけではないんです。

不動産投資は、他の副業と比べても圧倒的に稼ぎやすい代わりにサラリーマンしかできない。

僕自身は、サラリーマンをやめて、ブログなどのウェブの仕事で今は食べていますが、たまに「サラリーマンのまま、不動産投資やってればよかったな」と感じることが多々あります。

というのは、基本的に不動産投資以外の副業やビジネスって、労働集約的なんですよ。

  • ブログなどは記事を描き続けないといけない
  • 転売などの物販は、仕入れ→販売→発送をやり続けないといけない
  • FXや株のデイトレは、トレードし続けないといけない
  • ネットワークビジネスは、組織のキープが大変。

など、投資と言われるFXや株ですら、労働集約的です。

でも、不動産投資の場合は「買うまでは大変だけど、買った後は放置」でいいんですね。間違えた物件を買うと大変ですけど、精査していい物件さえ買ってしまえば、後は放置。入居者が常に家賃をあなたに払ってくれます。

こんないい商売ないですよね。実際、大家さんほど暇そうな人をみたことがありません。笑

不動産投資は唯一、本当の意味で労働しなくっていいものと言えます。その割に、実入りも大きい。僕の知人の不動産投資をしてるサラリーマン大家は、何もしなくても年に1億円の家賃収入だそうです。しかも1年でそこまで行ったと!

僕なんか1年ブログやってて未だ年商800万なのに…

そしてこの不動産投資というのは、手持ちのキャッシュがない場合は基本的に融資を受けることになります。が、これ、どんな一流企業にお勤めだった方でも、やめた瞬間、融資が降りなくなります。

サラリーマンという身分の価値はある意味1億円くらいあるのでは。それくらいサラリーマンを辞めるというのは大きなチャンスを逃してるんです。サラリーマンやめたら、まず不動産投資はできません。

でも「俺は環境を変えたいんだ!」ってサラリーマンのあなたへ

可能であれば、いきなりサラリーマンを辞めるのは避けましょう。

先にも書いたように、そのサラリーマンって立場は、日本においては特権階級です。間違いなく、捨てるのは勿体無い身分。これは僕自身が捨てて後悔してますから。せっかく5年など働いて得た社会的信用をなくすって、果たしてセンスあるのでしょうか?

僕は、それはセンスないと思っています。

それならば、今ある特権を生かして不動産投資で資産構築した方が早いですよ。不動産投資であれば、一度資産を得てしまえば、基本的にはやることはありません。それで十分な収入を作ってから、悠々とリタイア生活する方が賢いのではないでしょうか。

少なくとも、脱サラして他の副業やったところで、自由にはなれません。

まずは会社を辞める前に、失敗しない不動産投資術を無料で学んでみてください。それで、可能性を感じなければ、他の道を探ればいいし、可能性を感じたら、不動産投資からのリタイヤを目指すことをオススメします。