暴落したけど仮想通貨への投機(投資?)を再開!ポートフォリオを公開してみる。

仮想通貨にワクワクしてるプロ引きこもり(@luckyman0302)だ。どうもどうも。

実は、年初にビットコインを安値で買って、15万円くらい含み益出して撤退してたんだけど、今回の暴落を見て再開してみたよ。

すでに30万円ほどの資金をぶっこんでて、今後の動き見て随時買いまししていく予定。

この記事では、なんで暴落してるのにもかかわらず資金を入れたのか?何に入れたのか?含めて書いてみようと思う!

ひきこ
不安定な「投機」であって投資ではないので、自己責任でお願いします!あくまで個人的経験と私見でっす

なぜ暴落のタイミングで買ったの?

5/26~27にかけて、仮想通貨全体が一気に50%くらい下落したんだよね。高値で買った人は半減ww

で、市場には超悲観論が蔓延してたんだけど、僕にはそうは思えなかったっていう。むしろ、最高にいい感じの買い場じゃね?と。

逆に今までが高騰しすぎてたから、ちょうどいいなって思ったわけだ。その時僕はこう考えてた。

ひきこ
ちょうど半値戻しになってるから、多分この辺りでチャート的にダブルボトムをつくて一度上がる。その後落ちるか?買い戻しが入って再度高騰するかかな?

結果的に、今現段階(5/28)では上がってる。

ここからもう一段落ちる可能性があるので、第二の買い場の準備してるって感じ。

ビットコインだけでなくアルトコインなど、仮想通貨全体のバブルが一旦落ち着いた感

今回の暴落の原因は、おそらく「期待感の損失」なんじゃないか?と思ってて。というのも、NYで仮想通貨のカンファレンスが行われてたんだよね。

で、おそらく先週あたりに目立った高騰は、このカンファレンスによる仮想通貨への「期待感」の高まりが相場に反映してただけなんじゃないか?と。

僕はFXをやってるので感じるんだけど、経済発表の前ってその「期待値」が織り込まれるんだよね。

で、予想より良ければ高騰するか、折り込みの段階ですである程度上がってるから、相場に安心感が出るか?予想より悪ければ、折り込み段階で上がってる場合、売りが進んで暴落。良ければ、高騰。

このカンファレンスの内容は僕は知らないけど、おそらく目立った動きがなかったんだと思う。

カンファレンスの直前か初期のころにイーサリアアムのこういうニュースもあったしね。

よって、カンファレンスの終わりに近づくにつれて、期待値で買いまくってた投機家、または大口の機関投機家が「予想を裏切られ」一斉に売り。チャートみて狼狽した個人投資家がつられて売り。

各取引所のチャットの悲壮感満載のコメントに吊られた人がさらにうり…。

含み益の減少や含み損にビビった人がさらに売り…

みたいな?

で、今回の暴落を起こしたんじゃないか?と想定。おそらくは仮想通貨の根幹を揺るがす何か?は起きてないよなーと。

ちなみにその時のチャートを載せとくよ。すごいよ。画像はイーサリアムと円の週足チャート。

スクリーンショット 2017 05 28 11 58 27

☝️このドドドーと落ちてるのが昨日だけど、20000円が13000円だからね。笑

通過全体の悲壮感はこちら👇

スクリーンショット 2017 05 27 15 42 24

これがビットコインの場合、30万円が21万くらいまでいったから1日にして9万円暴落www高値で掴んでて、しかも信用取引してる人はやばいだろうなあ…

でも、こういう暴落時こそ、買い場なんだよね。

さっきも書いたように、いろいろザッと見たところ、仮想通貨全体を揺るがすようなことは起きてないイメージ。

となると、戻すな?と。

そう踏んだわけだ。

まあ、一気に高騰はせずとも、一度調整で上がって、もう一回下げて、また上がる的な動きなんだろうなーと。

なので、二段階で買うことにしたっていうわけだ。すでに昨日の17時あたりで第一弾の買いは完了。ここで30万円ほど。

  1. ripple:10万円
  2. イーサリアム:10万円
  3. XEM:5万円(5万は次に取って置いてる)

って感じ。

ちょうど全体的に50%下落したとこらへんでかった。rippleだけ早かったから一時期含み損が3万円ほどいったけど、今は含み益に転換中。だいたい6~7万円くらい?5/28段階での様子はこれね👇

スクリーンショット 2017 05 28 11 55 05

ビットコインは、普通の通過に近いからコツコツ積み立てるノリでやってる。元が高いからねw

月2.5万円積み立てる予定。

この後、おそらくはもう一回昨日の底値付近まで戻ってくるだろうけどね。そしたらそこでの動き見て、XEMは残りの5万を買いまして、残りのはその時考えよっかなって感じ。

ひきこ
XEMはrippleの一時的な含み損みて、もっと底値行くかな?と思ってたら買ったところが第一の底値だったみたいでタイミング逃した!!w

あと、イーサクラシックも買っておけばよかった。もう一回落ちてきやがれ!!

ちなみにXEMはチャート的には絶好の買い場だったなあ…。25本平均線にきれいに反応してる。まあ、下ひげで抜けてるから、もいっちょ落ちると予想してるけど。笑

赤丸の部分ね。👇

スクリーンショット 2017 05 28 11 57 51

ここ1週間の動きを見て、買い増ししてあとは放置かな。上限予算は50万円までにしてる。

仮想通貨の投機(投資)で急な暴落に焦る必要性はない

まあ、仮想通貨って投資じゃないんだけどね。完全に投機だけどね。

今回の暴落も、結局は一時的なものだと思うわけで。例えばこれが「ブロックチェーンの廃止」だとか「国連による仮想通貨廃止への動き」だったりしたらやばいんだけどね。

おそらく今後も仮想通貨は時間は書かれどもうまく時代に適応して行くはず。

企業も国も、ブロックチェーンのすごさは感じてるんだから、戦うのではなく親和して行くはず。未来は知らないけど、キャッシュレスの流れに仮想通貨はうまくなじんで行くはす。

とはいえ、どの仮想通貨が残るのかはわかんないけどね。

法定通貨並みの流動性があるメジャー通貨になるものもあるし、ゲームのコイン的な、一部の場合のみ有効なもので終わる通貨もあるはず。

仮想通貨の黎明期のbitcoinも暴騰暴落を繰り返してきた

仮想通貨の先駆けのビットコインも、結局は暴騰暴落繰り返して、平均化すると高値更新し続けているわけだよ。こんな感じで。👇

スクリーンショット 2017 05 28 12 26 40

ってことは、他の通貨も同じような道をたどると予想。現に、BTCの動きもアルトコインはつられてるしね。

信用取引をせず、現物取引を「余剰資金で」してれば焦ることはない

レバレッジきかせてる場合は、実損が元本以下になることがあるからまあ怖いけど、現物取引ならば「最悪でもゼロになる」だけなのよ。それ以上、マイナスになることはない。

これも余剰資金でやってれば、問題ないでしょ。

ひきこ
こういう時は焦らず騒がず「お?買い場かな?」と思って、安値で売られてるものを買い取ろうぜ。

もちろん、先の東芝のような「そもそも経営基盤が脆弱すぎ」みたいなレベルだとあかんけど、一時的な問題であれば、それは買い場なんだよね。

個人的に持って起きたい期待値の高めな仮想通貨はこれ

ひきこ
繰り返すけど、あくまで私見なので鵜呑みにしないでね〜。

僕は仮想通貨そのものは、未来にロマンを感じつつも、猜疑心ももちろんある。まだ時代にテストされたりないなーってところはあるしね。実生活では役に立たないし。まだ株の方がいいとは正直思ってる。笑

そもそも、配当などもないしね。

ただ、未来のことをかんがえると今のスマホやそういうレベルで未来に浸透してる可能性もぬぐいきれない。だから「余剰資金を、5~10年のスパンで」寝かせておくイメージ。

そうなると、どの仮想通貨を買うか?といえば「バックヤードがある程度しっかりしてる」ものになる。で、選んだのがこれ。

  • Bitcoin:これはまあ一番流動性あるから積み立てる
  • イーサリアム:今後企業などが取り入れて価値が上がるし、実生活に浸透する可能性がある
  • ripple:母体の会社にGoogleなどが投資してるから、期待値がある。コインの使い道だけ心配
  • XEM(ネム):流動性も使い道も心配だけど、Bitcoinの補填になる可能性

ネムだけはあまり信用してないけどねw

まあ、安いし今のうちにちょろっと仕込むか?と。仮にBitcoinの評価額レベルまで行った場合、1ネム=700円くらいになるからね。

ちなみにBitcoinとイーサリアム以外は、どこかで売りぬける気でいるよ。最終的に「実生活で使えないもの」はなくなって行くからね。

今後もちょくちょく現状報告してくね。あとは取引所リスクだなー。なんかのウォレット用意しないとね。まだグレーな世界だね。

仮想通貨を買うならここの取引所でどうぞ。

あまり取引所も信用できないけど、主要のはここ。

  1. bitflyer:Bitcoinとイーサリアムならここ
  2. coincheck:ベンチャーすぎて脆弱感あるけど、rippleやイーサクラシックはここでしか買えない
  3. zaif:使った感じ一番しっかりしてる。しっかりしすぎて使いにくいレベルw。信用感高め。BitcoinとXEMはここ

coincheckはセキュリティの手続きが解決したからまた使ってるけど、過去にこんなこともあったので参考にどうぞ。

LINE@で無料コラム配信中!QRコードを読み込んでね!