人生はお金じゃない?そう言ってる人が1番お金にがめつい理由

スポンサーリンク

最近、「ミニマリスト」とか「人生はお金じゃない」みたいな本流行ってますよね。ぼくはこういうのにどうしても違和感を覚えてしまうんです。なんでしょうね、無理に清く質素に生きることをよしとしたがってるような。

人生はお金じゃない?いやいやお金は欲しいでしょ?

お金は最低限で!とか人生はお金じゃない!と。確かにそれは間違ってないけどさ、でも金欲しくない?欲しいでしょ?欲しくないなら俺にくれ!とぼくは思っています。人生お金じゃないならお金ちょーだい、と。

そもそも矛盾してるのがさ「お金じゃない!」って言いながらしっかりその本には価格設定されてるわけですよ。売れたら著者に印税入るわけですよ。お金じゃない!を徹底するなら、無料PDF冊子で配ればよくない?で、そういう本の著者に限ってめっちゃ出版してない?

人生はお金じゃない!といってもお金は必要

人生は金じゃない!なんて言って生きてる人も結局はお金が必要なんですよ。誰かからお金を恵んでもらったりして生きてるわけです。なんせ今はなにするにも金がかかる時代だからね。身内が重病になって手術代金たりなかったら寄付募るでしょ?

結局お金が必要なんだってばよ。

お金がないと心が貧しくなる

これはぼくの個人的経験が入ってるのですごいバイアスかかってる話かもしれないけれど、お金がある人の方がお金に寛容です。

お金がある人は人のためにお金が使える

お金がある人は自分のためにも人のためにも金をたくさん使います。これね、思うんだけど金銭的豊かさって「いくら所有してるか?」じゃなく「いくら使ってるか?」だと思うんです。

人のためにお金を使うって、なかなかできなくない?自分がままならないお金しかないのに、人のためにお金使える?悩まない?このお金で何日食っていけるか…?みたいに皮算用しない?

ぼくは金がないときはそうだったなー。この金で何日生きられるか?って常に考えてた。人のためにお金使うとか考えられなかった。だって金ないんだもん。でも金があれば余裕で使える。そうするとさ、必然的に感謝されるわけですよ。そうすると、すこし心になんか満たされる。

ぼくは今でも金のないときにご馳走してくれた人とか、会社員時代にうまいもの食わせてくれた人に感謝の念が消えません。

スポンサーリンク


金がないと人間性も悪くなる

人は追い詰められるとなにするかわかりませんね。

最近、ぼくが信用してた人に裏切られました。その人は一時期一緒に仕事してた人だったんです。ぼくはその人を友人として好きだったために、ぼくがすごく信用してる人を遠慮なく紹介したりしていました。

そいつが会社立ち上げたばっかりだったから、なにかいいきっかけになれば…とすごく大事な関係者を紹介したんです。で、ぼくは直接関わってないけどなんかいい感じに企画が立ち上がって話が進んでたそうです。しかし、最終的に飛びました。連絡もつかなくなる始末。そして関係者に迷惑をかけただけでなく負債まで作って…と。ぼくの連絡すら反応なしです。

あれ?そんなことする奴だったっけ?

と心底不思議に思ったのですが、いろいろ調べるとどうやら「金銭関係でだらしなくなっていた」ようです。社員への報酬未払い、会社の資金を公私混同して使い切る…。会社の売り上げも持ち逃げする。などなど。

そいつがよく言ってたのが「人生金じゃねーよ」です。金をある程度持っていたときはしっかりしてたのですが、どうやら経営が立ちいかなくなったりして追い詰められていたようです。金じゃねーよだったのに、金で終わりました。

人生はお金じゃない…が口癖の詐欺師社長

今のぼくの相方は実はとある社長の秘書だったんです。しかしいろいろ話を聞いていると、その社長がろくでもないことをしていました。秘書(相方)の貯金数百万円を財布代わりに使ってたんです。

接待のキャバクラ代、飲食代などなど全てを費用を払わせて私腹を肥やしていたみたいな。で、一切返済しないんです。これってどうなん?って思いませんか?で、もろもろ調査した結果、その社長も金に困っていたそうです。

金がなくなると、こういうことを平気でしちゃうみたいですね。金じゃない、金の呪縛から解放…とはよくいうけれど人間どうやら結局金に縛られてるんですよ。本当に金に縛られてない人はそろいもそろって「お金はちゃんと稼ぐ!稼いでなんぼ!」って人。

人生はお金じゃないからこそ稼ぐんだ!

なのでぼく自身、質素な生活はしてますが「金は稼ぐ!世の中金で解決できることがほぼ!」だと考えています。ない不自由より、ある自由の方が大きい。今はね。将来は知りませんよ?でも今は、少なくとも「金がある方がいい時代」なんですよ。

  • 人生は金じゃない
  • 年収200万で生きる喜び
  • ミニマリスト

とかは、金がないことを綺麗にまとめる言い訳にしかぼくは思えないんですよね。ミニマリストとして生きるんじゃなくて、ミニマリストとしてしか生きられないパターンがほぼなんじゃね?と感じてます。年収200万で生きるのが素敵!なんじゃなくって、年収200万円でしか生きられないからそういう概念作ってるだけじゃね?と。

ぼくはそう考えてしまうんですよね〜。世の中金ですよ。今のところはね。金は必要なんですよん。

>>在宅で稼ぎたい人はまずはブログから始めてみましょう