フリーランス、個人事業主は経済特区の福岡で合同会社を作った方がいい

新卒フリーランスのみなさんに伝え忘れたことがある。あとふつうに個人事業主にも。

ぼくらは今後いろんな事業をしていったり、いろんなところと取引したりするはずだ。たぶん。BtoCでもBtoBでもいいんだけど。そのときに「合同会社」を作った方がいいんだよね。今日はその理由をまとめておく。

ちなみに今回の記事は会社にした方が信用が高まる…とかそういう話ではない。とあるお金のプロ、いわゆる自己破産防止系の方が教えてくれた話だ。

個人事業主やフリーランスはすべての責任が個人にくる

これは地味にでかい。万が一のときの話だけれど。

フリーランス、いわゆる個人事業主はいざというときの責任が全部個人にくる。税金も個人にくる。要は資産と業務責任の住み分けができないのだ。個人事業主は、いわば会社=自分となるわけだ。

契約するときも、契約名義は個人名または屋号になる。屋号だとしてもそれは個人だ。個人であるということはすべて個人に降りかかってくる。

法人を持っていると会社と個人を切り離せる

法人は法人であって個人とはべつの存在だ。その証拠に「法人住民税」なるものが年7万円ほど存在するだけでかかる。法人も、住民なのだ。国からしたら。

その代わり、法人で事業を運営していれば、事業責任は法人にある。代表の個人ではない。厳密にいうと。もちろん資産も分けられるので、会社が倒産したとしても個人の資産は基本的に守られる。これが個人事業主だと会社=個人なので、できない。

いわゆる計画倒産というものがあるが、法人が計画倒産する理由はほぼ事業責任や債務整理のためだ。よく会社が破産して…ということがあるが、会社が破産したからといって代表個人が破産してるわけではないのだ。

つまり、ゲスな言い方をすれば会社を盾にすることができるわけ。

スポンサーリンク


株式会社は費用が高いから合同会社がおすすめ

株式会社も合同会社も資本金は1円からでつくれる。が、登記するためにかかる費用が違う。株式会社はざっくり30万円くらいはかかる。でも合同会社は15万円あればつくれる。

この点、スタートアップの事業主にはうれしい。幸い今は合同会社も比較的定着してきたので特段デメリットはない。会社で勝負するわけではないなら合同会社で十分だ。法人相手が多い場合、株式会社の方が印象はいいというのはあるみたいだけど。

そこはもはや好みだけど、ヒキコモリズム的には合同会社をおすすめする。

ある程度年商があるなら、合同会社を作った方が節税になる

年商200万程度ならあまり変わらないが、年商1000万円近くになるならば合同会社にしよう。その方が税率は安くなる。それに給与という形で個人へ報酬をだせばもちろんのこと個人の税金も安くなるはずだ。

家賃などは法人名で借りれば経費にできる。車もだ。

合同会社で登記するなら経済特区の福岡がおすすめ

法人で登記をするなら福岡がおすすめだそうだ。今福岡は経済特区で、法人税もどうやら約15%ほどで済みそうな勢いで減税が進んでいる。これもうなってるのかな?

参照:福岡市の特区、法人所得20%控除で最終調整 創業に追い風 – 産経ニュース

今後はアジアが盛り上がるわけだけど、福岡はものすごいアジアに近い。地図見ればわかるけど。で、福岡に先日行ってきたが、もうすごい勢いで中国人がいる。そんだけ日本の入り口としていいんだろう。福岡空港まで距離も近いし、東京ほど人も多くない。けど東京並みの便利さがある。

福岡にはスタートアップカフェなどの起業設備がある

TSUTAYAとスタバの上にスタートアップカフェという起業相談できるカフェがある。そしてそに上には雇用相談所もある。見てきたけど、活気がある。深夜でもなんかやってる人がいた。TSUTAYA連結だから本も読める。

さらに投資ファンドの相談員が相談にのってくれるそうだ。これは右も左もわからない人間にはうれしいものだ。ぼくがいったのは深夜だったからその人いなかったけどね。

福岡市長の高岡氏の動きがすてき

そして福岡の高岡市長がなにより若く、いろんなことに挑戦してるから活気がある。そこらへんのおっさん政治家がグダグダやってるわけではないので、今後さらに盛り上がるはずだ。

若い(とはいってもぼくの2倍は生きてる)市長が牽引しているのでスピード感とダイナミック感がある。なんだろう、税金うまく使われてるといいますか。なんか、いいんですよ。よくわかんない政策ではなく、ちゃんと機能してる印象。うん。

本気で福岡を経済的に盛り上げて、シンガポールやああいう系の都市にしようとしてるんだなあ…と感じる。もしぼくがまた都心に住むとしたら、おそらく福岡になる。都内と同じレベルの便利さに加えて、家賃も安い。物価も安い。タワマン1LDKに10万円程度で住めるといえば安く感じるはずだ。

東京より、ある意味で伸びる気がする。

「守り」を固めて「攻める」ために合同会社を作ろう

いい攻めはいい守りから生まれる。

ビジネス世界において、攻めることに集中する人は多いけど「守り」に集中する人はすくない。この守りがあるから大胆に攻められるのだけど。そしていい会社はだいたい守りが強い。

守りがザルだといつかとばっちりがきている印象。

ぼくの前にいた不動産会社は攻めはすごかったが、守りをおろそかにしてたから倒産したんだと思う。守りや裏のオペレーションをしっかりしていたら、きっと倒産せず今頃もっと大きい会社になっていたと感じる。

徹底的なディフェンスがあるから、安心して攻められるのだ。

ということで新卒フリーランス、個人事業主のみなさん。合同会社、作ったら?もし作るならLINE@から連絡をしてくれ。いいアドバイザーを紹介しよう。税理士含めてね。

LINE@で無料コラム配信中!QRコードを読み込んでね!