人に30万円払ってわかった!お金のリテラシーは稼ぎ方よりも使い方にでるってこと。

ウェブ界隈をうろついてるといろんな情報を目にする。そしてお金の話はどこでも見当たる。ただ、その情報のほとんどがお金をどんだけ稼いだか?>お金をどう使ったか?だ。

もちろん稼ぐことは重要で、稼ぐにこしたことはないよね。でもぼくはそれよりも「どう使ったのか?」が重要で、マネーリテラシーはそこに出るよなと考えている。今回はそういうお話。よーく考えよーお金は大事だよー。

使い方が下手な人は「豊か」ではない

例えば100万円稼いでも、98万円使ってたら残らない。かつそれが消費や浪費になってたら、それこそそれは豊かとはかけ離れてる。月収100万円!といえばかっこいいけど、使ってるのが酒タバコ女…だったらそれってかっこよくもなんともない。ある意味たくましいけど。海賊みたい。

でも逆に月収30万円でも、人にお金を使ってたり、どこかに寄付してたり投資価値のあるものにお金を投げている場合、非常にスマート。もちろん、収支のバランスをかんがえて。

そのお金は生きたお金か?

例えばただの消費や浪費にお金を使ったとしても、それは死に金になることの方が多い。そのお金でものを買うことで終わってしまうからだ。そのあとのリターンは続かない。生きたお金は、そのお金を払うことでその先にもつながっていく使い方だ。

人にお金を使う

ベーシックインカムなどは好きじゃないけど、応援したい人に明確に報酬を払って、仕事をしてもらう。それも単価としては少し高めに払う。

そうすることで、そのお金はその人の生活の糧となり、多めに払うことで余裕ができるためそのお金で時間を作ることもできる。そしたらその時間でさらにお金を増やすこともできる。そして応援してる人が食っていけるようになったら、それは生きたお金になる。

搾取するためのお金ではなくって、応援するためのお金にするわけだ。

ベーシックインカムはなんか違う

その点、ベーシックインカムはぼくは苦手だ。ぼくは性悪説を信じてるから、なにもなしにお金だけ渡してもそれを生きたお金にできる人は限られてる。うまく活用して活躍する人もいるだろうけれど、怠けていわゆるメシウマ状態になることが見えてる

それは完全死んだ金だし、その人のためにならない。あくまで多めに支払うけど、対価を作る意識をもたせた方が人はお金を有効活用する。

人に月30万円報酬を出してみた

ぼくは今、いろんな人の力を借りている。そして総額で月に30万円ほどのお金を人に投げている。もちろんお仕事してもらってるけどそんなゴリゴリとやってもらってはいない。たぶん。

おそらく多めに渡してる計算だ。そして、それを渡してる人たちは漏れなくどんどん腕を上げていってる。収入もどんどん上がってるんじゃないかな。多く渡してる分カットできる仕事もあるだろうし。たぶん。

2ヶ月の生活費が1ヶ月でなくなるから、マネーリテラシー高めざるを得ない

そして30万円/月ってことは、当たり前だけどぼくの生活費の1ヶ月分使ってることとなる。自分の分含めると、ぼくは2ヶ月分を1ヶ月で使うこととなる。つまり、これを継続するためには

  • しっかり自分が稼ぐこと
  • そして使い方を調整すること
  • 間違った人にお金を投げないこと

という財務意識がめっちゃ大事になる。売り上げと経費と利益の計算。つまり適切にお金を使うには収入が絶対的に必要なんだけど、逆も然りってこと。適切な使い方をするからこそ、稼げる

貯金はいいことか?それとも悪いことか?

ここで貯金の話にも触れておこう。貯金は日本ではいいこととされているけど、実際どうなんだろうか?

もちろん、なにかあったときに対応できる貯金があるのはいいことだ。預金残高0円はよくない。だけど、預金残高がものすごい多くてもそれは不健康だ。なぜなら、お金っていうのは使うから価値が生まれるものだから。

預金残高が1000万円あっても、そこにプールしてる1000万円は1000万円の価値をうんでない。まさに宝のもちぐされ。貯金というのは、宝を眠らせて塩漬けにしておくことをいう。塩漬けにするということは、熟成してる間ヘリもしないけど、増えもしない

つまりプラマイがないわけだ。これはもったいない。

貯金をどれくらいして、どれくらい使うのか?

これも使い方を考える指標だ。個人的には、個人の生活費=消費は30万円あれば事足りると考えている。残りは、その人のリテラシーがそれを左右する。余った金で買った瞬間に価値が落ちるものを買いあさるのか?それとも買ったあとに価値を生み続けるものに投げるのか?

ぼくは貯金はある程度しかしないようにしてる。

消費と貯金の分を引いた残りはすべて投資に回す。運用だったり、人の応援につかったり、経験を買ったりする。その結果お金が減ったりすることがあっても、それもそれで経験を買うことができてるのだ。たとえばFXで数万円単位のお金をうしなっても、それは数万円を失う投資経験をしたことになるから、生きたお金だ。

塩漬けしてたら経験できないことだ。その失敗から、次の投資戦略を練ることができる。人につかっても同じ。失敗したらそういう人にはお金を使わないように目利き力がつく。

マネーリスクの管理能力こそが、マネーリテラシー

個人でお金を稼ぐのは現代日本であればそんなにむずかしくない。これは高卒でスペックの低いぼくがいうから間違いない。3年くらい腰据えてできればけっこう普通にいける。センスあれば1年でいける。

でも、稼いだ後の使い方は非常にセンスが必要だ。あるあるなのは稼いだ分だけ生活コストも上げてしまうこと。無駄につかってしまうこと。お金の管理があまくなること。収入が上がるたびに家賃を上げていくひとなんてまさにそう。

お金はひとを選ぶ。適切な使い方ができるひとのところに流れてくるもの。お金の主人になれるひとが、長い目でみてお金を得ていくんだよね。そういう人間になれるようなマネーリテラシーをぼくも身につけないとな。

ちなみに、それを意識してから明らかに収入が伸びてる。うーん、お金の世界は深い。

>>お金の賢い使い方「マネーマネジメント」を学ぼう

LINE@で無料コラム配信中!QRコードを読み込んでね!