フリーランスは固定のネット回線を引かずに仕事をすると作業効率が上がる3つの理由

ぼくも言うなればフリーランスで、ネットの世界で生きてるんだけど基本的に固定回線を使うことはあまりしない。そしてそうしてからは業務効率が上がって仕方がない。今回はその理由をまとめてようと思う。

この記事は動画クリエイターにはおすすめしません

1. 固定回線を引くと、動画をみすぎてしまう

基本的に固定回線は使い放題だ。動画を1日中流していてもなにかしらの制限を受けることはないし、料金も課金されることは一切ない。どんなに重いデータを視聴しても問題がないし、まさにテレビ見ながらの感覚で作業しても回線が遅くなることは基本的にはない。

だけど、いくらでも動画を見続けられるということはそれだけ誘惑に負けることも増えるということだ。動画は集中力を削いでしまうから、基本的には見ないほうがいい。それならばFebeなどのオーディオブックで耳から情報をいれながらやるか?音楽をiPhoneから流すか?をしたほうがまだいい。

適度の雑音は集中力を高めるけど、動画は単純に集中力を削いでしまうのだ。

集中力をそがれると、作業効率は落ちる

当たり前だけど、そうだよね。ブロガーであれば動画に向かう時間に記事書いたほうがいいわけだし、そうでなくっても動画に向かう時間を作業にあてたほうがいい。すごい細かい時間だけど塵も積もれば山となる…だ。

じわじわとあなたの時間を奪っていくわけだ。

ポケットWiFiなら、強制的にそれができなくなる

基本的にポケットWiFiはなにかしらの速度制限がかかるものが多い。でも実際テキストベースの作業であれば多少遅くても実は全然使えるなんてことは多々ある。

なにが大事かっていうと、速度制限というプレッシャーがあるから無駄に通信しなくなるってことだ。そうなると大事な通信料を動画に使うのがアホくさくなる。そうなると、当たり前だけど重い動画は見なくなる。雑音が必要な場合は音楽を流すなどをして対応できるだろう。音楽を流す方法はネットを使わなくってもいくらでもある。さらにいえばカフェにいけばいいのだ。

つまり、制限があるからこその集中ができるわけだ。さらにいえば、制限があるからこそ効率よくタスク処理もするだろう。もちろん、速度制限が心配なら世の中には速度制限も違約金もないWiFiもあるのだ。固定回線を使わずともどうにでもなる。

2. 固定回線を使わなければ、移動しながら仕事ができる

固定回線は家でしか使えない。そうなると、家でしか仕事ができない…なんてことになる。でも家じゃないところで仕事をしないといけない時も、家でやりたくない時もでてくるはずだ。中には家だと集中できない…なんてこともある。

そのときに固定回線を引いてしまっていると、固定回線を使わないともったいない…けど外出るとWiFiのあるカフェを探さないといけない…なんてことになる。この迷ってる時間って相当無駄なのだ。さらにいえばカフェで借りられるWiFiはだいたい使用時間制限がある。

ポケットWiFiをもってると、気軽に移動できる

それがどうだろう、固定回線ではなくポケットWiFiやスマホのデザリングであれば、迷うことなく外で仕事ができる。家でも、カフェでも公園でもいい。WiFi付きのカフェを探す必要もない。自分の回線を使えばいいから。そして飽きたらすぐに移動だってできる。

この気軽さはとてもうれしいものだ。自由にネットにアクセスできるのが家だけだとどうにも家じゃないところで仕事をしにくくなってしまう。やっぱり外だと他の客足のこともかんがえてしまったりするからね。でも自分専用のポケットWiFiがあれば家からちょっと出た先にある公園とか広場とか、さらにいえば自宅マンションの屋上でもできるわけだ。

それだけでも気分転換になるから、かなり効率があがる。

3. 固定回線がなければスマホを見る時間が減る

フリーランスの仕事効率を一番下げるのは、他でもないスマホだ。このスマホは本気でやばい。視界に入るだけで集中力をそらすし、一度手に取ったら最後。気づいたら1時間とか経ってたりする

そして固定回線があると、スマホもそれでいくらでも使えてしまう。なければ契約において制限をかけることができる。さらにいえば、一番使える通信料を少なくしておけばさらに制限をかけることができる。制限があれば、不用意にスマホで通信をすることはなくなるし、アプリを全削除しておけばもっと防げる。まあ解約すればよくね?って話だけど。笑

さらにいえば、固定回線代やスマホの料金も節約できるからいいことだらけなのだ。

現代はネットに身近すぎるから、ネット断捨離をしよう

今は24時間安価で、かつ使い放題でネットにアクセスできる分物質的な断捨離は進んでもネットの断捨離ができなくなってる人が多い。そしてそのせいで時間というリソースを無駄にしちゃう人は多い。それは基本成果報酬のフリーランスには痛いことだ。時間は資産でしょ。

ミニマリストっていうのは、ものを減らすのではなく不要なものをとことん減らしてスッキリ生きることをいう。そのためには現代はネット断捨離も絶対に必要だ。というか物よりそっちの方が重要だと感じる。

元凶はすべて固定のネット回線のことが多い

冒頭にも書いたけど、固定の回線は自宅にいる限りどんなネットの使い方をしてもサクサク動くから、言い換えればどんな使い方もしてしまうってことだ。そして家でしかできないと、飽きたときに気分転換で動画などにアクセスし、戻ってこれなくなる。

けど固定回線がなければそれはできなくなるし、飽きたら場所を変えたり外に出たりすることで調整が効く。決して動画などに向かわない。だって通信量に制限ができるからだ。

だから、フリーランスのあなたは動画をナリワイにしてないならば固定回線は持たない方がいい。人の自制心はしょぼいからね。環境をそうしてしまった方が早いのだ。

フリーランスにおすすめのポケットWiFiを紹介しよう

こちらの速度制限も違約金も2年縛りもないやばいWiFiがおすすめ!

基本的にガチで速度制限はない。普通に使ってる分には速度制限にはかからない。ぼくも使ってるけど、普通に動画や音声(仕事でたまに使う)を再生したりダウンロードやアップロードしても速度制限にかかったことはない。たぶんぼくは月間50~100GBくらいは使ってる

ただ、このWiFiは速度制限はないけど「明らかに異常な使い方」をしたらさすがに速度制限がかかる。例えばそれは30日間朝から晩までずーっとYouTube流しっぱなしとかそのレベルだ。そのレベルの人でぼくが知る限りひとりだけ速度制限にかかったことはある。ただ、普通はそんな使わないでしょう。ぼくもBGMで音楽流すとかやってるけど、全然速度制限にかからないから、たぶんよほどのレベルじゃないとないと思っていい。

ちなみに速度制限に仮にかかったら、事務局に連絡すれば代替機を無料で貸してもらえる。そうしたら速度制限からも解放されるから、速度制限はない。(というか、このWiFiで速度制限かかる人って動画見すぎじゃ…)

とりあえず普通に音声や動画を扱って、普通にPCで仕事する程度ならば快適だ。コードでがちゃがちゃすることも、自宅に縛られることもないし、速度制限に悩むこともない。さらに2年縛りや違約金のリスクもない。これ以上のものは今の所見つかってない。

一ヶ月単位で契約できるから、まずはお試しを。固定回線があるよりはるかに自由度高いよ!

>>速度制限も違約金も縛りもガチでない最高のWiFiはこちら