お盆に毎年思うことは「俺、フリーランスでよかったわ」ってこと

スポンサーリンク

お盆はいっつも民族大移動が起こる。都会→田舎。そしてお盆が終わると、逆。なぞにみんな同じうごきをしていくわけだ。そしてそのたびに渋滞に巻込まれては、せっかくの休みなのにイライラしてしまうという。

そんな様子をみて思う。俺、マジでフリーランスでよかった。

多くの人と逆の行動ができる

フリーランスは文字通りフリーなランスのため、基本的に自己裁量だ。どこにいついってもいいし、いてもいい。よって、みんなと同じ時期に行動をする必要性がない。

だからみんなが旅行だとかで移動するときは引きこもり、みんなが頑張ってるときに遊ぶ…という生活がデフォルトでできる。空いてて料金の安いときに、たのしめる優雅さよ。これは筆舌につくしがたい。飛行機なんて隣の席使えちゃうのがふつう。

安い価格で、ふつう以上のメリットがとれるって最高やで。ディズニーランドなんかも空いてるとき狙っていける。でも多くの人は、みんながいくときにしかいけないから、最終的に疲れる。

仮に移動しても、それは経費だ

フリーランスは移動にかかるコストはすべて経費だ。ブロガーだとかウェブ界隈で活動してる場合、現地でもふつうに仕事もできるし。そうなると経費となる。

旅行なんだけど、経費にできるからお得。節税になっちゃう。人より安く、空いてるときに楽しめて、そしてその費用は経費にもなる…なんていうメリットだらけのアレだ。究極言えば、食費だって打ち合わせなどなどに利用したりすれば経費になる可能性もある。

このすべてのコストが経費にできることがあるっていうのもうれしい限り。貯金が減るという認識じゃなくなるのだ。ここらへん、フリーランスのみなさんはぼくがお世話になってるフリーランス専門の税務丸投げサービスのコジサポに相談してみることをおすすめする。

家族との時間も、ゆっくりできる

混むときに行くこともないから、家族との時間もしっかり捻出できる。家族と旅行いくでも、食事するでも、空いてるとき狙っていけるからのんびりと。

これはお盆だけでなく、年末年始だったりも同じ。民族大移動しないときに移動できるメリットはそれだけ大きい。もちろんサラリーマンは休みが自己裁量でとれないから仕方ないのはわかるけど、それってやっぱしんどいよね。早く在宅勤務が一般化していけばいいのにね。

サラリーマンが悪いというか、あのシステムがよくない。

みんな同じときに休んで、みんなで出社するあのシステムはもういらない。結局仕事ができればいいわけだから、早いところ在宅勤務をデフォルトにして自由裁量にすればいいのに。そうしたらサラリーマンの方がある意味いいよね。

ただでさえ残業だとかでしんどいのに、休みの日まで消耗するシステムになってるとかどんだけドSなの世の中はと。だからみんな働く気力が削がれていくんだよね。うん。教育分野と働き方がはやく進化することを願ってる。この2つだけいつまでも昔ながらだからねえ。

フリーランスがいい!ってよりかは正直、サラリーマンのシステムが古すぎってところかな。

早いところフリーで働ける環境を作っておこう

とはいえ今のシステム上だとフリーランスの方が自由度がたかい。だから、今この記事にあるように「俺、フリーランスでよかった」と思うわけだ。おそらく今後数年は、今のままサラリーマンは旧式の働き方を強制されるんだろう。

だから、もっとお盆でもなんでも自己裁量で帰れるようなったほうがいいよね。

おすすめなのはブログとFX

サラリーマンがフリーランスになるためにおすすめなのは、やはりこれだ。ブログはノーリスクで時間はかかるけどしっかり蓄積していけば収益化には成功できる負けなしゲームだし、発信すればまったく違う可能性もある。他の法人からもオファーがきたりもするしね。

在宅でゆるく生きよう。ヒキコモリズムの「在宅で稼ぎ散らかすサロン」を始めるよ!

FXは圧倒的に時間的レバレッジがかかる。スキルさえ身につければ1トレードだけで食っていけるポテンシャルがある。同じ作業でどんどん利益が膨らんでいく可能性があるので、時間がなくってもおすすめだ。

>>FXでおすすめの口座