「生産性上がったすげえだろw」とドヤ顔する人は子育てしてからどうぞ

若き老害と指名手配されてるプロ引きこもり(@luckyman0302)だ。どもども。

最近、あっちこっちで「俺の生産性すごいだろ?ドヤドヤ」と言う発信が目立つんだよね。しかも全員、若い衆で。独り身で。そんなウェイウェイやってる若造どもを若き老害(推定25歳)のぼくが切ろうと思う。

生産性でドヤりたいなら、育児やりながら同じレベルの生産性を担保できてからどうぞ

育児してる奴がえらい!!

と、言いたいわけではないよ。ただ、ひとり身だったら生産性なんて高くて当たり前でしょ?ってぼくは思うの。だってひとりじゃん。マイペースでできるじゃん。予想外の出来事ないじゃん。

それで生産性が上がった!とか言われても「そらそうだべなww」としか思えないって言う。

独り身で生産性低いって、どんだけウンコやねん

なんども言うけど24時間365日が自分のためにあり、自分でコントロールできるなら、生産性高くって当たり前なのよ。低い人はどんだけウンコなの?と思っちゃう。その世界の中で生産性上がったよ!とか言ってても、それって頭悪い学校で

井の中の蛙君
俺、成績400人中1位なんだぜww

とか言ってるのと同じ。そもそもレベル低い中で突出してるだけで、全然普通だからね?と。

当たり前だけど、偏差値30の学校で一位取ってても、偏差値70の学校のビリ以下なわけじゃん。そんな感じ。

子育てを経て初めてマジの生産性が問われる

子育て。これはとっても大変。ぼくは在宅で仕事してるから身をもって体験してるけれど、これを経験すると「生産性とはなんたるか?」を実感するよ。独り身で生産性上がったぜプギャーってやってる人は子供ができたら辟易すると思う。

かと言って、育児は家事のように「気軽に外注できない」のだよ。

育児の大変さと奇想天外さ

上記のツイートにもあるけど

  1. やりたいことに集中して取り掛かれない
  2. 取り掛かったとしても、運が悪いと途中で中断
  3. コップの水を机にぶちまけるなど、非生産的なタスクが突然舞い降りる
  4. 基本的に孤独
  5. 育児自体は1円にもならない
これ、ほんとなのよね。まず、やりたいことには本気で集中して取りかかれない。子供にこっちの都合は関係ないから。

ひきこ
今から1時間ハイパー執筆タイムするからね!!

…10分後、部屋の外で

愛しきベイベー
オンぎゃー!!!(遊べこのやろー!!)

ってなることはしょっちゅうやでしかし。ぼくは集中力が切れると戻れない体質なのでいつも苦戦。こうやって数十分おきで中断…ってのが日常茶飯事。まだ相方が手が空いてる時は助かってるけど、そうでない時は地獄。

コップの水を机にぶちまけるなど、非生産的なタスクが突然舞い降りる

これもよくある。

ものを壊したり、ベランダからおもちゃ捨てたり、飲み物こぼしたりうんちしたり。「なぜ今!!」と言うタイミングでそれがやってくる。それ自体はいいんだけど、ハイパー集中タイムに来た時の愕然とするあの感じ。

  • かと言って「おいこらお前邪魔してんじゃねーぞクルァ!!」なんて言えない。
  • かと言って「はい来たーでも生産性高くするためにシカトー」なんてできない。
  • じゃあ、保育園幼稚園預けますか?と言えば待機児童問題ヤッホイ。

わかるだろうか?

育児は予想外の連続だから、本当の意味で生産性が問われる

もし育児が「全てどのタイミングで何が起きるか?」が決まってるものなら、生産性は高められる。けど、そうじゃなくって、地震かよ?ってくらいいきなり問題発生するんだよね。だから必然的に「スキマ時間」でいかにやるか?の勝負になるのよ。

独り身の自称「生産性高い勘違い君」は、おそらく同じことはできない

  1. 全て自分でコントロールできる独り身
  2. 自分じゃない誰かの予想外の問題が起こる育児してる人

立ってるフィールドの差がすんごいのよね。おそらく大多数の①が②になった時、同じようにはできないだなこれが。「いやいやそんなことないから」って言う人は実際やってみたらいいよ。たぶん、無理だから。

よほど家事育児ができるか、または完全に全て任せることのできるスーパーマンが相方さんだったらともかくね。

生産性を語りたいなら、まずはひとりじゃない状態でやってからにしたら?

  • 一対一の戦いなら、当たり前だけど条件は同じだからパフォーマンスをフルに発揮できる
  • でも乱戦の場合はたくさんの流れ弾がくるから、パフォーマンスは落ちる

後者の方でいかに高いパフォーマンスが発揮できるのか?の方が大事だってこと。そこで初めて本当の意味での生産性が語れるよ。一人でやってるうちは、ただの青二才。できた気になってるだけ

そんな井の中の蛙共多すぎワロタと言うことで、老害からの一言でした。

合わせて読みたい関連記事