島原温泉「上の湯」は癒しを求めるひとり旅の聖地だ

島原には島原温泉という温泉が湧いてる。そう、島原は山、海、温泉そして湧水とすべて揃ってるいい感じスポットだ。今回はその島原温泉の中でも、地元民御用達の温泉を紹介する。

ちょっとアクセスは悪いけど、だからこそ観光客もそんなにこない隠れ温泉だ。

島原温泉「上の湯」は自然豊かな癒しスポット

先日ぼくも初めていったんだけど、ここはいい。人もほとんどいないし、平日昼間は空いてる。車通りもない。無音で温泉を楽しんだあとに広間でくつろげる。そしてまた温泉に入る…なんてことができる場所だ。

なにも考えたくないひとり旅などする場合、おすすめだ。

f:id:luckyman0302:20160507180739j:plain

▲入り口からしてかなりレトロ。もう人の声すらしない。素敵空間だ。こういうのいいよね。

f:id:luckyman0302:20160507180822j:plain

▲このたぬきがお出迎え。たぬきなのかは不明だけど。

f:id:luckyman0302:20160507180854j:plain

▲こんな感じの庭園がある。ここをのんびり散歩してもいい。車がいないから、空気も気持ちきれいなように感じる。いや、本当に気持ちがいい。たそがれよう。

スポンサーリンク


島原温泉「上の湯」は鉄分豊富な中性温泉

草津温泉は超強烈な酸性温泉。これはこれでよかったんだけど、島原温泉はかなりソフトだ。中性だから、刺激が一切ない。ふわっとしてる。皮膚病や敏感肌な人やアトピーの人には本当におすすめ。

ぼくも、息子もしみることなくはいれた。

f:id:luckyman0302:20160507181235j:plain

▲岩風呂でいい感じだ。真ん中からボコボコいってる。温度感もほどよい。そしてこのこぢんまりした感じがとてもいいのだ。逆に落ち着く。

f:id:luckyman0302:20160507175835j:plain

▲更衣室は全部ウッド調。かなり気持ちがいい。草津温泉の家にそっくりだけど…。誰もいない更衣室で素っ裸になるこの解放感は最高だ。

f:id:luckyman0302:20160507181923p:plain

▲料金はこんな感じだ。日帰りの場合。かなーりやすい。地元価格というか。観光名所だとこの倍はする。宿泊も1泊食事付きで8,500円程度だ。

f:id:luckyman0302:20160507182035p:plain

▲入浴後はこんなスペースでダラ〜っとできる。ノマドなあなたはここでPC作業して、疲れたらまた入浴…って感じで1日すごしてもよさそうだ。ぼくもそうしたい。

f:id:luckyman0302:20160507182453j:plain

▲島原名物かんざらしもある。ひんやりほんのり甘くておいしい。

島原温泉「上の湯」は合宿や遠征にもおすすめ

ここは送迎もしてくれるので、学校の部活の合宿や遠征にもおすすめだ。もちろん、大人の合宿をしてもおもしろいかもしれない。ぼくもブログ合宿でもやろうかな。うん。

f:id:luckyman0302:20160507182401p:plain

▲島原にはでっかい公園がたくさんある。こんなところでスポーツして、帰ったら温泉….なんて最高じゃないだろうか。テニスしたいテニス。誰か!かもん。

田舎の原風景に癒されたいなら島原温泉「上の湯」にいこう

ここの周りはもう田舎の原風景だ。山、川!って感じだ。歩いて散歩すると、なんか落ち着く。田舎のおばあちゃんの家にいった気分になる。

f:id:luckyman0302:20160507182708j:plain

▲雲仙の眉山や普賢岳も一望できる。そして瓦屋根の木造家屋。雑草ぼうぼうの道。畑。いい感じだ。

f:id:luckyman0302:20160507182802j:plain

▲こういう橋っていいよね。自転車で駆け抜けたい感じ。もしきうは友達とのんびりだべりたい感じだ。高校時代の思い出が走馬灯のように駆け巡る。ちなみに水は島原はだいたい透き通ってる。

仕事に疲れたなら、島原温泉に来てみたら?

どうだろうか?

温泉だけでなく、風景などもいちいち癒される。電波も悪いので(笑)、そういうのからも離れられる。現代社会に疲れたあなたは、ここにきてひとりになってみてはどうか。

とてもおすすめだ。普通に温泉も気持ちがいい。ぜひホームページでチェックだ。

島原の奥座敷 新山温泉 上の湯 大会遠征合宿のご案内

>>島原移住日記はこちら

LINE@で無料コラム配信中!QRコードを読み込んでね!