超穴場!紅葉の季節は雲仙温泉の旅館「福田屋」ですごしてみよう

どうも!プロ引きこもりのヒキコモリズム井上(@luckyman0302)だ。

もうそろそろ紅葉の時期。紅葉といえば温泉。温泉から紅葉を眺めつつのんびりする時間が欲しくなるよね。そんなあなたにおすすめの旅館を紹介しよう。長崎県は雲仙温泉の部屋に貸切温泉がついてる旅館だ。部屋から一歩もでることなく、紅葉を眺めては温泉に沈むことができる場所だ。

雲仙温泉のモダンな宿「福田屋」

ここは雲仙温泉の川沿いにある旅館。露天風呂は目下川ビュー&緑ビューだ。立地がとてもいい。スタッフの元気もよく、居心地いい場所だった。外人さんも泊まりに来てた。

▲こんな感じ。出典:http://www.fukudaya.co.jp/facilities/gaikan.html

▲こんな感じ。出典:http://www.fukudaya.co.jp/facilities/gaikan.html

バスがエントランスに着いた途端、スタッフが元気よく挨拶してくれてなんかうれしいけどはずかしい。荷物もサッともってくれる。ただ、声でかいから部活を思い出す。

福田屋のロビーには緑ビューのカフェがある

このカフェで朝はコーヒーが飲める。チェックイン時に20%オフ券ももらえる。イタリアの本格派コーヒーが飲めるとのこと。まあまあおいしかった。

▲奥行きのある空間

▲奥行きのある空間

▲緑!この下は清流が流れてる。

▲緑!この下は清流が流れてる。

雲仙温泉は田舎だし、交通量が本気で少ないので空気が超絶きれいだ。思わず深呼吸したくなる感じ。やっぱ標高高い山の上の空気はいいね。寒いけど。

この時期はそんなに人も多くないから、おすすめ。雲仙温泉は年末年始がすごいらしい。

福田屋で泊まったのは温泉露天がついてるスイートルーム

スイートといっても1泊で4万円くらいだ。いうほど高くはない。ガチのスイートなんざこの何倍もする。ただ、この宿では一番いい部屋なんだと思う。大したお金もないのにこの部屋をチョイスしたのは、部屋風呂があるからだ。

我が家は子育て世代なので、大浴場だとどうしても負担がでかい。だから個室がいいわけだ。お子様のいる家族の方はおすすめ。雲仙温泉は強酸性なのでお肌すべすべになる。水虫とかにもいいらしい。ちょっとしみるかもだけどね。

▲掛け流し温泉が流れてる。独占状態。

▲掛け流し温泉が流れてる。独占状態。

▲夜なんで景色ないw

▲夜なんで景色ないw

▲ベッドはいいもの使ってるっぽい

▲ベッドはいいもの使ってるっぽい

▲公式サイトの部屋説明

▲公式サイトの部屋説明

この部屋は部屋食なので、これまた子連れにはうれしい。他人様といっしょの空間だとどうしても迷惑じゃないか?と気になって落ち着けないからね。

▲部屋食

▲部屋食

アワビが踊ってる。残酷だけど、おいしくいただきます。アワビありがとな。新鮮な海鮮と、お肉の鍋。雲仙は山の上だけど30分したら海に着くから海鮮も新鮮。島原半島はいろいろおいしい。

残念ながら、爆睡しすぎて宿を満喫できなかった問題

さて、すごくいい宿でがっつりレビューしたいんだけど残念なことがひとつ。それがこの宿に泊まった日は移動疲れが溜まってて死ぬほど寝すぎて気づけばチェックアウトだったことだ。2泊すればよかった!!

公式サイトの館内案内を見ると、けっこういろんな露天風呂もあるし、貸切露天もある。バーとかいろいろあった。もうすこしまんべんなく満喫したかったんだけど…

▲いっぱい設備ある

▲いっぱい設備ある

▲明らかにもっと楽しめた

▲明らかにもっと楽しめた

このいろいろある中で我が家が満喫したのは「部屋だけ」だ。なんて日だ!

この記事を読んで行く気になったあなたはぜひ2泊ほどして、宿も満喫してほしい。ちなみに雲仙温泉の街中は半日で制覇できるからそれくらいが本当にちょうどいい。

雲仙温泉で福田屋に泊まった帰りは名物「湯せんぺい」でも食べて

お土産さんには湯せんぺいがおいてある。ほんのり甘いお菓子だ。子供が食べたら喜ぶやつだ。

▲うちの子も大好き

▲うちの子も大好き

雲仙温泉バズターミナルすぐのお土産やさんでは、焼きたてを80円で売ってる。あとは湯せんぺい作りも体験できるみたい。若いカップルが体験していた。

>>湯せんぺい作り体験

▲これが焼きたて

▲これが焼きたて

耳がおいしいんだよね。焦げてるあたり。ぜひぜひ紅葉みにいくがてらどうぞ。

雲仙温泉「福田屋」の詳細

LINE@で無料コラム配信中!QRコードを読み込んでね!