会社をやめたいなら在宅で稼ぐスキルを身につけよう!

引きこもりたい…と思ってる人って意外と多いんじゃないかな。けっこうそんな声をききます。会社に通勤するのがしんどい。人と関わりたくない。いちいちメイクして出かけるのがめんどう…などなど。

家でゴロゴロくつろいでるのがやっぱり一番快適ですよね。外だとどうにも気を使うし、自分じゃない自分を演じないといけないことも多々あるし。そんなこんなで「ひきこもってたい…なんて考えてるひとは絶対に!!そう絶対!多いんです!(ズバッ)

じゃあ引きこもりたいあなたはどーすりゃええのん?っていうことをつらつら書いていこうかなっと。

引きこもりたいならまず外出しないといけない要素をなくそう

文字通り、引きこもりたいならまず引きこもれる環境を作ることです。

お勤めの方はお勤めやめちゃうのもありです。もうね、だらだらやる気なく働くならお勤めしてもしゃーないですよ。会社にとっても無駄金だし、自分にとっても無駄時間です。人生の浪費です。時間は稼げないんです。

将来性を感じないなら、後生大事にせずさくっと捨てる!これ大事ですよ。金がないなら実家から再スタートすればいい。毎日必ず外に駆り出されるものさえ捨てれば、あなたは明日から引きこもれます。これが最低限のスタートライン。

引きこもりたいなら引きこもり続けるスキルを得よう

引きこもってなにもしないままグータラしてると、生活がしんどくなります。親に金銭的に頼り続けているのはプロ引きこもりじゃあない。それはパラサイトシングルと呼ぶ。10代ならいいんだけど、もう20歳超えたら引きこもりだろうと自活した方が生きやすいです。

親に寄生する形だと、せっかく会社という煩わしい空間を捨てることができたのに、今度は親があーだこーだ言ってきます。そうすると快適な引きこもりライフを送ることができません。

プロの引きこもりは「誰にも邪魔されず、邪魔させず、自宅にいる人のこと」をいいます。働け!とか家に金入れろ!とか家族などに言われてるうちはあかんです。

引きこもり的おすすめは、一人暮らしをし自活した引きこもりになることです。自由すぎて鼻水でますよ。そのための戦略をしっかり練ろうぜ。なのでここからはより快適な引きこもり生活を続けるための戦略を書いていこうかなと

引きこもり戦略① 実家に居続けるために親に「居てくれ」と言わせる

これは自分でなにか頑張りたくもないし、一人暮らしもしたくないねん!という引きこもりをお望みのあなたにとってほしい。

金も稼がん。かといって勤めるのも嫌!そんなあなたはなにもしなかったら「親のすねかじり」であって、すぐに「でていけ!働け!」とか言われ出すでしょう。じゃあどうするか?なんですけどこれはもう「親に金銭的負担を強いる代わりに、自分は労働力を売る」ですよ。

家賃、食費や光熱費を負担いただく代わりに、あなたが料理や掃除、洗濯などの家事をこなすんです。なにかしらの価値を家族に提供することで「居てもらった方が助かるわ〜」って状態を作る。

親にメリットあれば別になんも言わんでしょ。よくあるのがなにもしないのに「うっせババア!」とかね。あれはよろしゅうない。親にメリットなんもない。だからでてけー!ってなる。だから「自分がそこにいることのメリット」を家族に見せましょう。これは親じゃなくても友達の家に居候するときにもつかえます。宮森はやとさんなんかそうやってますよね。今。でもぼくはこれは結局誰かに依存する形なので好みません。

引きこもり戦略② 移住する

生活コストのすんごい低いところに移住します。これは貯金のある人向き。例えば都内だったら家賃だけで相当コストかさみますが、地方だと欲張らなければ普通に1〜2万円の家もあります。

野菜なんかも直売所いけばだいぶやすいです。温泉街に住めば風呂はただで入ることもできますしね。田舎のコミュニティにうまく馴染めば農家の方から野菜とかいただけちゃうかも。

そうすると親元離れても生活コスト落ちるので延命措置ができます。でもこれはやっぱり延命措置なので貯金がつきたら終了パターン。あんまりおすすめしません。もし移住するなら、地域おこし協力隊に参加しながら…ってのがおすすめ。生活費でますしね!

スポンサーリンク


引きこもり戦略③  在宅で仕事する(稼ぐ)スキルを身につける

ぼくがおすすめするのはこれです。最近はもういろいろ便利すぎるので、家で仕事が十分にできる環境があります。

いやいや、自分には大したスキルないから…

と考える人は多いんだけど、自分の少し普通よりできることってあるでしょ?それって武器なんだよね。それがうまくできない人だったり、それができる人を求めてる企業なんかけっこうあるんだよね。

例えばエクセルがめっちゃ得意!って人がいるとするでしょ?そのスキルって、エクセルが苦手な人にとってはやってほしいことだし、教えて欲しいことじゃん。(ぼくのことです)  じゃあそういう人向けに代行サービスとかリリースすればいいのよ。それをBASEココナラで販売してみるといいです。もちろん上には上がいるけど、下には下もいるわけで。商圏はあるのですよ。

引きこもりたいならネットからお客さんがとれ!

じゃあどうやってそのお客さんを見つけるか?ってところで例えばブログだったりSNSをうまく使うのさ。そこから集客したり、自分の存在を知ってもらえばサービスが売れる可能性なんて全然ある。これほんとに。

そうやって見込み客を集めて、ネット上で売れて、ネット上でサービス提供さえできれば引きこもりながらも仕事はできるしお金も作れるわけさ。で、現実こんなこと普通にできちゃう世の中なんですよね〜今って。

要は「サービスの作り方」と「ネット上での集客販売」の仕方がわからんから想像できないだけで。実際はこんなこといろんな人がやってるのですよ。

引きこもたいなら自宅でネット使って仕事しよう!

これができれば、誰からも文句言われず、どこにも行くこともなくお金を稼ぐことができます。そうすれば実家だろうと、一人暮らしだろうと、移住だろうとなんでもござれ!フリーダムな引きこもりですよ。ぼくはこの③が一番おすすめです。これさえできればなんでもOKだしね。

「いやいや!俺はなんもしたくないんや!誰か養え!」って人のことは知りませんww

今どき、引きこもりやニートでも趣味の延長でお金は作れたりするんだから。自分の自由な生活をしたいなら、その環境を自分で作れよってぼくは思うなあ。それがプロ引きこもりでしょ?ぼくはまだまだだけどたたき台としてそういう環境を作ったので、今は誰にも指図されません。自由です。どこかに行かないといけないこともありません。

この「強制されない」ってマジで幸せですよ。

引きこもりたいならまずは自分でサービスを作って売ってみよう!

もしスキルがあるならランサーズでクライアントを探すのが一番手っ取り早いです。意外と仕事って転がってるんですよねこれが。もちろん自分でブログを作ってサービスを販売することもできます!

そのあたりはヒキコモリズムの在宅で稼ぎちらかすサロンしてますので興味ある方はどうぞ!

LINE@で無料コラム配信中!QRコードを読み込んでね!